わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

トリニティといっしょ

「おかあさんといっしょ」の世界のように、母なる地球の幼子として共にこの世を彩りましょう。

お悩みカイケツ!!case2(しんちゃん怪決編)

『嫌いになりたくない』 『どれも綺麗』by s しんちゃん(以下:しん) 1日のご無沙汰でしたー本日も来てます! お悩みが! トリニティ(以下:トリ) はい、みなさん、1日のご無沙汰ですー。 昨日は衝撃のブログ初掲載をしました、このコーナー。 果たして…

お悩みカイケツ!!case1

『自信がありません』 『人の目』by s しんちゃん(以下:しん)みなさん、こんばんわ。 やって参りました不定期名物の 【しんちゃんとトリニティが、 ズバリ!お悩み、 怪決しちゃいます!】 のコーナー。 トリニティ(以下:トリ) ヒュー、ぱふぱふ〜 こ…

トリニティのひとりごと(5)

「 【ナイ】の破壊力」 『わたしとママ 』 by s 〜たった1つの【ナイ】は、 100の【アル】より、 威力絶大。のコトワリ。〜 ワールドワイドに、こんばんわ、皆さん。 トリニティで、すー。 今日もやって来ました。 「トリニティに訊け」のコーナー。 今日は…

第2章 ちょっぴり早いプロローグ(5) 結

「歩きながら考えよう」 「1895m」byS 前回の物語↓ sintamsc.hatenablog.com 天河神社 禊殿で言葉を受け取った後も、 私達はさほど数は多くはないものの、 行く必要性を感じる全国の神社を巡った。 その過程において、 やはり不思議としか言いようのない…

第2章 ちょっぴり早いプロローグ(4) 完

「為すために生きる」 「虹に触れた日」byS 前回の物語↓ sintamsc.hatenablog.com 雨の中、 禊殿の前で平伏していたトリニティは、 ゆっくりと立ち上がった。 禊殿への祈りが終わった後、 スコールの様に降り注いだ雨足は弱まっていた。 トリニティは私を…

第2章 ちょっぴり早いプロローグ(3)

「汝、働きを為させよ」 「禊殿」byS 前回の物語↓ sintamsc.hatenablog.com 見上げた空には、 太陽の周りを虹が包む日輪があった。 それは、それは、 大きなしるしが描かれていた。 その偶然にしては、 あまりに出来過ぎている 大きな印と思われるサイン…

第2章 ちょっぴり早いプロローグ(2)

「天のしるし」 「しるし」byS 前回の物語↓ sintamsc.hatenablog.com もう、夏の匂いがする。 夏まで、あと少し。 週間天気予報は、 天気が崩れる事を予想していたが、 当日の天気は予想を覆していた。 雲は多かったが、 その間から顔を覗かせる太陽は力…

流れの中に

「あなたへ」 「弥山川」byT また一つの物語を書き終えました。 トリニティ物語 カテゴリーの記事一覧 - わたしからあなたへ は、あとがき対談を含め14話になります。 2週間毎日続けた事になります。 よく頑張りました。 さて、 今日は一息つきましょう。…

トリニティ物語 あとがき対談④完結!

『シン』 『おうこく』by s 【あとがき対談】⑷ しんちゃん(以下:しん) 自分の中に秘めておきたい事を、 こうして教えてくれてありがとう。 感情の件はよくわかったよ。 他に何かある? 変化を感じる? トリ二ティ(以下:トリ) 他にぃ? うん。あったよ…

トリニティ物語 あとがき対談③

『白黒あって・・・』 『蛇を踏むマリア様』by T 【あとがき対談⑶】 トリニティ (以下:トリ) ものすごい 大きな瓦解だったんですよ。 ゴリゴリにガチガチに、 閉じこもっていた自分の。。。 しんちゃん(以下:しん) へー、 そうなんだ、よかったじゃん。 ト…

トリニティ物語 あとがき対談②

『愛(め)でたき人』 『寿がれし春』by s 【あとがき対談】 しんちゃん(以下:しん) ふーん。 トリニティ (以下:トリ) 出た!ふーんって。 対しんちゃん名物 「言わされ損」。 しん: ところで、 黒しんちゃんを 大暴露してくれて、 ありがとうございます(…

トリニティ物語 あとがき対談①

『そしてつづく導き』 『祈念の印』by s 【あとがき対談】 しんちゃん(以下:しん) 本当にお疲れ様でした、 トリニティさん。 トリニティ (以下:トリ) なんなん、それ、さん付け。 はい、お疲れ様でした。 本当に、しんちゃんも、 自分で書くより大変だった…

トリニティ物語⑩~最終回

【光あるほうへ、共に】 「わたしたちの約束」by いよいよ⑩話。 最終回となりました。 トリニティ物語です。 まず、はじめに。。コホン。 『遅いんちゃうわっ! 早いんじゃー!!』 ?? なんのことか、って? 「あなたへ」 実はトリニティは中学生くらい…

トリニティ物語⑨

【神さまのお導き】 「わたしの使命」by彫り師+D 【トリニティ物語⑨】 残すところあと2話(笑) トリニティです。⑧のつづきです。 天河神社。 この地に導かれる1年と少し前、 2016.8。お盆の始まりのある日、 わたしに突き動かされるような妙な衝動が湧き…

トリニティ物語⑧

【それは天河大弁財天へと】 「孤高の人」」byわらわ~ 【トリニティ物語⑧】 あと3回だそうです(笑) ホント、毎日トリニティで申し訳ありません。 ⑦のつづきです。 おかあさんになりました、トリニティ。 実はトリニティは中学生くらいから NHKの「おかあ…

トリニティ物語⑦

【そして、おかあさんに】 「はじまる」」byT 【トリニティ物語⑦】 おつかれさまです、トリニティです。 ⑥のつづきです。 気付きましたね、トリニティ。 病みましたね、トリニティ。 なんだかボロボロですね、 トリニティ(笑) 本当に。 人前では、 見た目…

トリニティ物語⑥

【闇のほうへ】 「孤独な人」」byT 【トリニティ物語⑥】 恐れ入ります。つづいております、トリニティです。 ⑤のつづきです。 さて、 ②からずっと記して来ました、このわたしの特性、質。 これ、、、 いまなら、ひとことで一喝出来るんですよね。 ひとこ…

トリニティ物語⑤

【確信めいたモノ】 「みんなのおかあさんに」byT 【トリニティ物語⑤】 引き続いております、トリニティです。 ④のつづきです。 そんなトリニティ。 その質の為に社会生活、集団生活というものの中でも、 とても神経を張り詰めて生きておりました。 困る…

トリニティ物語④

【ひとりぼっち】 「たなごころ」bys 引き続きトリニティです。③のつづきです。 ①〜③までお読みいただきありがとうございます。 この④からは、トーンを変えての語りで参ります。 単なる気分と申しましょうか 『そうしたら良い』 という感覚です。感覚。 今…

トリニティ物語③

【わたしの悲しみ】 「きれいな心」byT 引き続きトリニティです。②の続きです。 当時、 トリニティちゃんがこころを痛めていたこと。 どうして◯◯ちゃんは、 ほかのお友だちに滑り台を使わせてくれないんだろう。 どうして「あっち、行って!」て言うんだ…

トリニティ物語②

【マリアさまともに】 「わたしがんばるよ」byT 引き続きトリニティです。①の続きです。 それが、【トリニティちゃんとして】の、 人生のはじめの記憶、感覚でした。 そんな、 トリニティちゃんが通っていたカトリックの聖母幼稚園では、 当たり前ですが…

トリニティ物語①

【はじめまして、トリニティです】 「見守ってくれた存在」byT こんにちわ、トリニティです。 今さら今さらですが、トリニティです。 こちらのブログにて、ロクな説明もないまま、 ぼぉーん!と放り出されましたわたくしトリニティでしたが、 今回は、し…

第2章 ちょっぴり早いプロローグ(1)

「わたしの見解」 「存在」byS 週末に行ってきた、 弥山の旅物語を書こうと思う。 弥山とは、 山の名前であり山頂には、 天河神社の奥宮がある。 弥山 (奈良県) - Wikipedia 弥山(みせん)は、奈良県吉野郡天川村にある大峰山脈の山。標高1895m。 天河神…

トリニティのひとりごと(4)

『広き人よ』 『大和神社 参道 by s』 まだ気付かぬ 広き人よ その広きこころ、 厚きこころが、 ようやく、脈打ち始めたこと 広き人のまなこは みつめてる もの言わず、 だまって、みつめ居る まなこが先に みつけた、その脈動を 広き人のこころは いつ、み…

トリニティのひとりごと(3)

「想像力」 「GT-AIRⅡ」by SHOEI ホントに、すごいな、と思う事。 学校でのクラブ選択。 そこには、いくらかの妥協?も、もしかしたらアルかもしれない。 でもでも、 基本はまんべんなく、いろんなクラブに子供たちは所属して行く。 まずは、ザ…

トリニティのひとりごと(2)

「君に紡ぎし言の葉の出ずる」 「えにし」byT とく来たれ、 その時よ ゆるりと来(こ) その時よ ふたつのこころは いつも世界に在し 世界のゆくえを 分けてゆく あけた世界を見ゆくもの うちがわの 世界にあり続けるもの いのちは等しく 選びゆける のぞ…

トリニティのひとりごと⑴

『変幻自在』 「朝日と雪と海と空」by SIGE ひとは、そもそも、 その1つのいのちの中に、 たくさんの質を湛(たた)えているよ。 やさしい、質 こわい、質 やわらかい、質 かたい、質 気前の良い、質 ケチな、質 ひらいた、質 とじた、質 ‥‥ 読み上げた…

令和元年五月一日

「あなたへ」 「伊雑宮 御朱印」byS 令和元日 五月一日。 行って参りました!! 伊勢!! トリニティとブロウちゃん(娘) ※命名 トリニティ先生 の3人で旅しました。 伊勢神宮内宮ではありません。 伊勢神宮外宮と伊雑宮。 そして、 うまいもん食べまし…

おじいちゃんが呼んでいる②

『始まりの始まり』 『しるし』by s 前回の物語↓ sintamsc.hatenablog.com おばあちゃんの状態を心の片隅に置きながら、 私は毎日を過ごした。 会いに行くまでの2週間は、 私は仕事で重要な局面を迎えており、 その対応に追われていた。 私は眠る前に、 ばあ…

お久しぶりでした。

「拝啓吉野の妖精様」 お久しぶりです。 あれから2度目の春を迎え、 今日はようやく、 おふたりの棲まわれる 山あいの小さな川のほとりにある おうちを訪ねる事が出来ました。 待ちに待ち、 楽しみにしていたこの訪問。 その温かく優しさに満ち満ちたおうち…