わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

閑話休題

日々の想い

10月の夕暮れ

「あなたへ」 「夕暮れの帰り道」by S 10月!! くくくく、9月!! なにも 書いていませんでした!! 病気でもありません!! 特別な苦境に立っていた訳でもありません!! 社会生活に、人間生活に、未知の世界に、 ヒーハーしながら 通常通り(必死で)…

風が空間を満たす時

「あなたへ」 「夢」 by S 8月も半ばを過ぎました。 朝、夕はすっかり秋の風が吹いていますね。 季節が変わる前、 まずはその先にある季節の風が、 気づかれないように、そっと吹くような気がします。 静かに、やがて、確かなものに。 その先の季節の風が…

すがたかたち

「あなたへ」 「かき氷」 by S 初めて会う人。 パッと目に入った瞬間。 「いいなぁ、好きだなぁ、なんか」 と感じたりします。 もちろん、逆の場合も然りです。 年齢、性別、関係なく、 直感的にそう感じる。 これは、非常に不思議な事であります。 実際の…

曇り時々晴れ

「あなたへ」 「夏の川」 by S いきなりですが、 私は、 生きるって結構大変 って感じてます! 今日は希望がない話だぜ。 自分では結構、 シンプル(単純)な脳みそで、 さっぱり(執着ない)とした性格で、 グダグダ言ってねーで、 生きるだけだ! なんて…

平成30年7月19日

「あなたへ」 「天河神社」 by S 2018年7月19日。 天河神社 御遷宮30周年記念大祭に行ってきました。 空は青く。 白く大きな雲。 ラジオからは猛暑になるので、 熱中症への注意の呼びかけが繰り返されていました。 私は早朝4時過ぎに自宅を出発しました。 …

揺り戻し

「あなたへ」 「青緑」 by S 夏、真っ盛り。 全然更新してない!! が、 なんとか、生きておりますよ。 全く更新のないこのブログを、 覗いて頂く方も見える様で、 ほんとうに申し訳なーい!! 本当にありがとうございます。 さて、 今年の夏は災害や、熱…

もう泣くな

「あなたへ」 「山下公園」 by S あなたが、 まだ本当に小さい頃。 心は柔らかく、 世界を厚く信頼していた頃。 なんにも、 知りもしない大人が、 心無い言葉であなたの心を、 深く傷つけた。 ちいさなあなたは、 泣きながら帰り道を、 一人帰った。 あん…

白い雲

「あなたへ」 「夏の雲」 by S セミが鳴いています。 空は青く。 雲は真っ白で、もくもくと大きい。 太陽の日差しは強く 肌は汗ばんでいます。 木々は濃い緑で、 虫も地中から出て、 命を燃やす。 命が漲る、 私が一番好きな季節です。 きっと、 幼い頃の…

復活

「あなたへ」 「天のサイン」 by S おひさしぶりでございます(笑) 気付けば、2018年の7月!! え? 10日もサボって何やってたって?? グダグダ野郎だっただけです。 ※グダグダ野郎とは? 完全に無気力になったオジサン。 何もせず、隙あれば眠ろうとす…

一瞬の風

「夕暮れ」 by S ちょっとした隙間に、 一瞬の風が吹いた時、 築いてきた形は、 あっという間に崩れていく。 あんなにも力強く存在していた形は、 どこに在ったというのだ? 崩れ去った空間には、 また新しい何かが築かれる事は、 間違いない。 それは虚無…

交換

「たいこばし」 by S 人は引力の様に、人と惹かれあう。 突然目の前に現れて、 私達は出会う訳ではありません。 わたしの人生という河。 あなたとという人生の河。 その2つの河が何かのご縁で、 交差する。 その出会いの中で、 私達は、 何かを交換し合っ…

紫陽花

「紫陽花」 by S 梅雨の季節。 この季節、 街を歩きながら、 紫陽花を見るのがとても楽しみです。 紫陽花はとても好きな花です。 なんといってもあの色! 「私の色を見て!」 と言っているかの様です。 花の色にしては、 珍しいはっきりとした青。 可憐な…

はずむ命

「ひらく」 by K・O 小さな子供を見ていると、 常に楽しんでいるって思います。 そして、 子供は意図的に、 楽しもうとしているのではなくて、 基本、楽しい状態なので、 やる事、為す事全てが、 ケラケラと楽しい様です。 特別なイベントなどなくとも、 …

まようこころ

「空と街と鳥の雲」 by S 神様。 私は正しい選択を出来ていますか? 間違ってはいませんか? 続けた方が良いですか? 諦めた方が良いですか? そこに行くべきですか? 行く必要などありませんか? 面倒くさいけど、 行った方がいい気もするし、 無理してい…

いま、この時。

「ハート」 by M 沢山の場所を旅すると、 その場所特有の時の流れを、 思い出す事が出来ます。 それは豊かな事だと思います。 旅というのは、経験という意味です。 以前働いていた職場。 小学生時代過ごした場所。 初めて一人暮らしをした時。 長期滞在し…

しぬのがこわい

「日が落ちる」 byM・F 昨日寝る前に、 突然、子供が 「しぬのがこわいよー」 と泣き出しました。 病気な訳ではありません。 健康に恵まれています。 ここ最近、 「死」という概念を知り、 そして考える様になったのでしょう。 一人が泣き出すと、お姉ちゃ…

ほたる

「ほたるの光」 byY・O 梅雨に入る時期になりますと、 私に1本の連絡が入ります。 「蛍がそろそろ飛び交いますよ」と。 実は3年ほど前、 思いつきで蛍を子供に見せたいと思い、 日が暮れた頃、 山道を走り、 蛍が見れるという場所に行きました。 目的地に…

オレオレ

『なりすまし』 「よあそび」 byM・F さぁ今日も、 らしくないテーマに思いを馳せてみましょう。 思いを馳せシリーズ第3弾、 テーマはコレ!! 「なりすまし(笑)」 すみません。 笑うところではないですよね。 つい、 あまりに自分とはかけ離れたテーマ…

ほのおとみず

『いらないものがあったのか?』 「炎」 byS 今日のテーマ。 炎と水。 さあ、 今日も想いを馳せてみましょう。 「いまここ」から遠く離れちゃいます!! さて! 炎と水。 私がその言葉を聞いて、 湧き出すイメージを書いてみましょう。 炎と水。 赤と青。 …

地球は何故青いのか?

『ふたつの青』 「溶け合う青」 by M&S(1) 科学的な話は出来ませぬ! ただの思いつきの話だよ。 さて、 地球は何故青いのだろうか? 考えた事もないテーマに、 想いを馳せましょう(笑) 私は青色はとても好きな色です。 特別に好きな青は、 空の青。 …

その後

『あなたへ』 「多肉植物」 byM・F 半年。 ブログを書いて約半年が経過しました。 「書くしかない!」と 突き動かされる様に書いた「物語」を終え、 生活のリズムもようやく戻ってきました。 私はとにかく、 「睡眠」を異常に欲するタイプで、 最低8時間は…

神様決めていませんか?

『あなたへ』 by Sige 6月になりました。 後一月、過ごしたら、 2018年も半分終わる。 早過ぎる・・・ 今年は 「行動の年にするべし」という、 占い(笑)の結果に基づき、 なるべく面倒くさがらず 自ら行動する。 というテーマを掲げました。 たしかに、 …

喜怒哀楽の「怒」(3)

『あなたへ』 「高所恐怖症」 by Sige 「怒り」は消し去るべき 感情(存在)なのだろうか? うーん。 私にはどうしても納得出来ない! と思っていた頃、 「禅」に出会いました。 禅の物語を読むと、 なんと、 禅のマスター達は、 怒りまくってるではないで…

喜怒哀楽の「怒」(2)

『あなたへ』 「渓流」 by Sige 怒り。 私は精神世界を探求するにあたり、 怒りとは弱さ 怒りは乗り越えるもの 怒りは落としていくもの 怒りとは不要なもの という認識を深めていきました。 しかし、 何処かで、 その考え方のバランスの悪さ。 不完全さを…

喜怒哀楽の「怒」(1)

『あなたへ』 「渓流」 by Sige 喜怒哀楽。 その4つの感情の中で、 自分を表わすとしたら? どの感情になりますか? 私は迷う事なく 『怒』です! 実は最近それを認める様になりました。 しかし、 他者が私を見た時に受け取る印象は、 『喜』じゃないでし…

小さなひつひとつ。

『あなたへ』 「さつき」 by S 日々、 過ぎ去っていきます。 いや、 始まっていくという言葉が正しいのでしょうか。 変りばえの無い様な日々の中で、 目には見えない、 小さな変化は生まれ続けています。 成長してくのか、 枯れていくのか、 太くなってい…

好きにさせてくれ

『あなたへ』 「山下公園」 by S 昨日の救いのない渇き - わたしからあなたへ という詩の様なもの。 あの言葉は、 自分自身に対する戒めでもあります。 誤解無き様に伝えておきたいのですが、 私はこのブログを通して、 誰かを救うために、 メッセージを伝…

救いのない渇き

『あなたへ』 「ガンガー」 by S 誰かのためじゃない。 自分のためだ。 ただ自分が幸せになるためだ。 喉の乾きで、もがいている あなたから、 水を受け取る気にはならないよ。 水を与えるふりして、 自分が水を飲んでいる事に 気がつきもしない。 いつか…

追憶(1)

『あなたへ』 「阿蘇 草千里」 by sige 幼い頃から、 自分の独自のペースと世界観があり、 一人で過ごす事が好きでした。 幼稚園の時の1人で砂場、 昆虫の幼虫を探すのに夢中で、 ひたすら、 スコップで穴を堀り続けていました。 私が5歳の時、初めての友…

いでよ本性!!

『あなたへ』 「アマリリス」 by S 前回の夢の話。 私は普段は、 夢をほとんど覚えていないタイプです。 しかし、 あれは実際に見た印象的な夢です。 化け物を驚かせようと出した、 自分の大声で目を覚ましました。 目を覚まし、 「ああ夢だったのか!」 …