わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

しんちゃんとなっちゃんの不思議な物語

f:id:sintamsc:20171125111617j:plain 

 

一つの花を咲かせる事が出来たので、天河神事スタッフとの一区切りの別れがありました。

またそれぞれが、次の花を咲かせるために別々の道を歩きます。

私が早く扉を開けて出て行ったのは、本当は寂しさに負けないようにするためでした。

また必ず会いましょう。 

 

今日は師匠に会える日です。

私の師匠は向令孝(むかい れいこう)和尚です。

心から嬉しいんです。この世界に師匠がいるという事が。

共に学ぶ兄弟弟子がいる事が。

月に一回、静岡県浜松にある祥光寺に「参禅」に行く日です。

20時頃到着をめざし、座禅・参禅をします。

※和尚より先ほどお電話があり、今日の参禅は中止になったようです残念!!

 明日の座禅会はあるようです。

 

 さて、本題に入ります。

昨日、阿部敏郎さんとお電話をしてブログを始める事を報告しました。

ブログを書くに至った経緯は非常に怪しい内容ですが、

阿部さんは「うん、うん、へー」と普通に聞いてくれました。

 

気になっていたのは、私がブログを始める以上、なっちゃんの物語を避けて通る事は出来ないという事です。

 

私は私の視点で書く必要があると感じたのです。

 

しかし、私が書いてしまう事で

『しんちゃんとなっちゃんの不思議な物語』が、未完成のまま終わってしまうのではないか?という事を恐れたのです。

 

何故って?

阿部敏郎さんが書く物語だからこそ、多くの人の心に届くからです。

阿部敏郎さんが伝えるからこそ、救われる命があるからです。

 

私は自分を卑下する訳ではありませんが、身の丈を知っています。

ですから、私は阿部さんに伝えました。

 

「もし、影響するようでしたら、私は書くことを控えます」と。

 

阿部さんは言いました。

 

『気にする事なんてない、思うようにやりたい様に、しんちゃんは書けばいい』と。

 

さすが、かんながらの男!!

そんな事を止める様な人ではありませんでした。

 

そして『物語の続きは、いつか必ず書くから』と伝えてくれました。

 

あー安心した。

これで、心置きなく取り組める。

 

ちょっと待って!

 

阿部敏郎さんを知らない人がいる?

 

なんと!知らない??

そんな方もお見えになる?

 

阿部敏郎とは何者か?

 

天才的な剃刀の様な頭脳を持ち

冴えわたる直感で、かんながらの生き方を体現し

「ほんとうの事」を根気よく私たちに伝えている方です。

度量が大きすぎて何でも受け入れちゃう、もう何だかよく分からない人です(笑)

 

続きは、また今度の機会に。

 

今年は阿部さんと、とても近しく関わる機会を頂いたので沢山観察しております。

 またブログで、どんなに素晴らしい方かをお伝えしたいです。

 

阿部敏郎さんを感じるなら、まずこのブログ『かんながら』です。

 

※『しんちゃんとなっちゃんの不思議な物語』は2017年9月18日~シリーズものとして始まりました。が・・現在筆は止まっています。

ちなみにタイトルの『しんちゃん』は私がモデルとなっています。

 

私も一読者として、阿部敏郎さんの手によってどの様に物語が紡がれていくのか、とても楽しみにしております。

 

今日も読んでくれた『あなた』へ。

思ったようにいかず、何度も頑張ってるのに、うまくいかない事あるよな。

 

俺なんて、昨日からこの記事書くのに、ネットが5回も切れたんだ。

何度も何度も記事が消えて半泣きしたよ。

 

だから、心配するな  一人じゃない(笑)

 

そんな事よりも、何か温かくて美味しものでも食べに行こうか。