わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

みえない力④(天河までの流れ②)

『罪と罰』

 f:id:sintamsc:20171206072520j:plain

 ※「私の心に映る世界」byM

 

その日から私はこの世界に存在している事だけで精一杯だった

 

食事?

仕事?

家族?

生きる?

何故だっけ?

理由は?

 

覚悟なんて、何一つ出来ていなかったのだ。

 

『俺が原因だ』

『罰を受けなければならない』

 

という思考を自然に受け取った。

 

私は社長に、彼女の状況を報告した後、

 

『今回の事は、すべて俺の責任ですので、

 

どのような罰を受ければいいのでしょうか?

 

教えてください。』

 

と真剣に聞いた。

 

社長は少し、困ったような顔をして

 

『何を言ってるんだ。

 

罰なんてある訳ないだろう。

 

お前は精一杯やったのだから』

 

 と伝えてくれた。

 

私はその言葉の意味をうまく飲み込めず

ぼんやりとした頭で『何でだろう?』と思った。

 

彼女の家族は、誰一人私を責めない。

職場の仲間も、誰一人私を責めない。

自分の家族も、私を責めない。

 

なんでだろ?

俺のせいなのに。

罪が重すぎて、何も言えないのだろうか?

 

それとも、心に思っても口に出さないだけなのか?

そうか、みんな本当のことは言わないんだな。

 

俺が殺したも同然なのに、

その俺が、図々しく生きていて良い訳ないだろ?。

 

ちゃんと罰を与えてくれよ。

罪があるんだから。

罰がないと苦しいんだよ。

罰がないと罪を償えないだろ?

俺を楽にしてくれよ。

 

私は誰に言われた訳でもなく、自ら罪悪感を背負った。

 

この世界に存在している事が、

ただ ただ、苦しかった。

 

                          続く

 

 物語の続きを読むにはをクリックして下さい。

みえない力⑤(天河までの流れ②) - わたしからあなたへ

 

 1つ前の物語を読むには↓をクリックして下さい。

みえない力③(天河までの流れ②) - わたしからあなたへ

 

 読み続けてくれている「あなたへ」

大好き。

暗い話ばっかで、この先に希望はあるのでしょうか??

でも、まあ暗いトーンが、まだまだ続きます(汗)

明るくなるのか?

どうかな?希望があるのか?俺もわかりません・・・。

 

さて、昨日は、ベストセラー作家の「さとうみつろう」さんの忘年会に参加させて頂きました。

声をかけてくれた名古屋誘致リーダーの「ひめさん」本当にありがとう。

集団活動苦手なため、参加する事を足踏みをしていましたが「ひめさん」のおかげで、かけがえのない沢山の出会いがありました。

いやー本当。びっくりしました。

俺の事も知ってる方もいて・・・・

天河神事スッタフ以来の「未織さん」「聖介さん」にもお会い出来て嬉しかった、いつも素晴らしい写真をありがとう。

今回、この様な場に参加出来た事は、私の中では「革命」です。

集団苦手!

知らない人苦手!

コミュニケーション苦手(知らない人ね)!

の私が自然に20人以上とハグしまくった!!

しかも、楽しかった!!

いやー俺もなんか変化してる様です。

そいうの大の苦手だったから・・

今回、みつろうさんのイベントに参加して思ったのは、みつろうさんは自分を「ダシ」にして、人と人を繋げる場を提供してるんだと感じました。

※と思ってたら、みつろうさんのブログにその意図がはっきり書いてありました!!

さとうみつろうオフィシャルブログ「笑えるスピリチュアル」Powered by Ameba

温かい空気で、会場は満ち満ちていました。

 

f:id:sintamsc:20171207172813j:plain

ちゃんと伝わってます。

写真を載せるのも、俺の「革命」です!!《いい男(右)がみつろうさん》

オープンにせよ!!とのお声が・・。

みつろうさん、またお会いできましたね。ありがとう!!

 

あ、社長!!ブログ写真の提供ありがとうございます!!読んでくれてる・・。