わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

なっちゃんの横顔①『ぜんぶうけとめるわ』 (番外編・天河までの背景②)

『キキとかぐや姫』 ~かぐや姫の物語を見ましたか?

https://www.instagram.com/p/Bd2UfAXg81k/

キキ  「ぜんぶ うけとめるわ」byF

 

私の物語を読んでいる友人から、

 

『物語を読み進める以上 もう少し、なっちゃんの事を知りたい。』

 

という言葉をもらっていました。

  

私は、意図してなっちゃんの人物像がぼやけるような書き方をしていました。

 

しかし、友人からの言葉をもらってから、

 

この物語の始まりの人物について

 

思い浮かべられる様な事を、書きたいという気持ちが湧いてきました。

 

そうする事で物語に少し、深みを与える事が出来るかもしれない。

 

そんな事もあり、

なっちゃんの横顔(番外編・天河までの背景②)という短編のシリーズを時折、書いていこうと思います。

 

なっちゃんの雰囲気は、

 

かの有名なスタジオジブリの作品。

 

宮崎駿監督の「魔女の宅急便」

主人公 「キキ」のキャラクターに似ていると職場の同僚がよく言っていました。

 

あの可愛らしい雰囲気

あの真っ直ぐな発声の仕方

あの利発な雰囲気

思いやりがあり

人の痛みが分かって

うまく仲間に溶け込めなかったり

落ち込んだり

嫉妬したり

大忙し。

 

たしかに よく似ています。

 

けれども私にはもっと、なっちゃんのイメージに近いキャラクターがいます。

 

これもジブリの作品です。

 

高畑勲監督の「かぐや姫の物語」の主人公

 

「かぐや姫」のキャラクターです。

  

私は、なっちゃんとお別れした頃、

 

「かぐや姫の物語」を、たまたま見る機会を得ました。

 

かぐや姫の悲しみを湛えた表情、雰囲気、そして声の質など、

 

なっちゃんに見えて見えて仕方ありませんでした。

 

佇まいや、雰囲気がとてもよく似ているのです。

 

あなたはもうご覧になりましたか?

 

かぐや姫は誰もが知っている物語ですが、スタジオジブリが描くと、

こんなにも深くなるんだなと感動しました。

 

「生きるとはどういう事か?

 

というのがテーマです。

 

 

 高畑 勲「かぐや姫の物語」企画書より

 

テーマは「姫が犯した罪と罰」

 

それはとりもなおさず、

地球に生を受けたにもかかわらず、

その生を輝かすことができないでいる

私たち自身の物語でもありうるのではないか。

地球を体験した月の人であるかぐや姫が、

命あふれる地球の豊かさや、

わたしたち人間の愛憎、善良さと愚かさを

照らし出してくれないはずはない。

 

かぐや姫が生きた一瞬一瞬を通して 自らの生を

「力一杯」生きる事の意味を問う、スタジオジブリの最新作 

 

かぐや姫は、優しさ故に、人に求められた人生を生きる事になります。

しかし、すべてを投げ捨て

ほんのひと時、自分を解放します。

 

空に向かって

 

「あめ、つちよ!わたくしを、うけいれて!!」

と叫び

 

世界を信頼して、空を飛翔するシーンが美しく描かれています。

 

そのシーンが、どうしてもなっちゃんと重なってしまいました。

 

なっちゃんも世界に受けとめて欲しかったなぁと感じたものです。

 

最後のシーン

 

かぐや姫を迎えに来た、月の使者達に、

 

かぐや姫は

 

「生きる事は、喜び、悲しみ、それを味わう事」

 

と言うような意味を最後に伝えます。

 

しかし、迎えに来た月の使者(涅槃・悟りに至っていると思われる)達は、

 

そのような感情や想いを「不浄」として、姫の記憶や感情を消します。

 

かぐや姫はすべての想いを消去され、月に帰ります。

 

私たちが求めている事は、月の使者の様に、

 

心の静まり返った、機械の様な『生』でしょうか?

 

心の揺れない生き方をする事でしょうか?

 

苦しむ事のない「生」を生きる事でしょうか?

 

 私は、深く考えさせられました。

 

もしかして、

なっちゃんは誰よりも生きたのかもしれない。

 

そんな思いを

私はこの映画を見て、感じる事が出来ました。

 

映画に流れる、日本的な音楽や歌も胸に響きます。

 

私は、なっちゃんかぐや姫の姿と重なってしまい、

取りつかれたように何度も見てしまいました。

 

とても深い深い物語です。

完全に大人向けですね。

 

もし、まだ見ていないようでしたら、是非ご覧になってください。

 

今日も良い日をお過ごしください。 

             つづく

 

 応援してくれると嬉しいです!!

  に参加しています。

 インド編を始めから読む方は下をクリックして下さい

インド編(番外編・天河までの背景①) カテゴリーの記事一覧 - わたしからあなたへ

 

 始めから物語を読む方はここをクリックして下さい

連載:わたしとなっちゃんの不思議な物語 カテゴリーの記事一覧 - わたしからあなたへ

  ↑ ↓バナーでも押せます。)

大きな励みになります。

是非のバナーをクリックして頂けると嬉しいです!!

 

1つの端末から1日1票カウントされます。同じ端末機から1日何度押しても1票のカウントになります。クリックするとランキングサイトに飛びますが、また私のブログを見つけて、クリックすれば戻ってこれます。