わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

流れは天に向かって⑤(天河までの流れ⑦)

『流れは一つに』 

f:id:sintamsc:20180308234546j:plain

 

 「禊殿」by 為定 聖介・未織 

https://www.facebook.com/PHOTOPHIVE/

 

Taccoさんは、沖縄に強烈に心が魅かれる神社が、

 

実はあるそうだ。今なお、心惹かれている場所が。

 

しかし、Taccoさんを導く流れは、

 

天河に向って流れて行く。

 

前述の通り

『天河神社』に友人と一緒に

 

初めて参拝に行ったが、

 

特別な印象を持った訳ではなかったという。

 

ただ

天河神社には『辨財天(べんざいてん)

 

が祀られている事を知り、

 

辨財天』とは何だろう?

 

と疑問が残った。

 

そして

帰宅後、天河神社の事もあり、

 

近所にある弁財天に参拝しに行った。

 

ちょうどその時、

その場で出会ったのが、

 

「天河神社」に精通する、

神業者とも呼ばれる方達であった。

 

そのご縁を機に、

Taccoさんは年に数回もその方達に連れられ、

 

天河神社の神事や行事に参列するような

機会を得る事になったそうだ。

 

そのような不思議な出会いによって

 

Taccoさんと天河神社のご縁は結ばれた。

 

その天河との関わりの中で、

Taccoさんは、

天河神社の柿坂宮司がたった一人で

「禊殿」を守っているのを見つめ続けていた。

 

天河神社の本殿では、

多くの神事が執り行われていても、

 少し離れた禊殿で神事が行われる事はほとんどなかった。

 

Taccoさんは

いつか宮司の力になりたい

という想いを抱くようになっていた。

 

そして2017年8月頃、ふと、

高倉山、禊殿に祈りを向けたいと思ったそうだ。

 

不思議な事に同時期に、

 

阿部敏郎さんも、天河神社が気になり始めていた。

 

その経緯は阿部さんの以下のブログに詳しい。

 

阿部敏郎さん 「かんながら」

2017年11月27日のブログから引用

http://abetoshiro.ti-da.net/e10114373.html

 

さて4カ月ほど前に急に天河に行きたくなって、

 

いつかさとうみつろう君を連れていきたいと思っていたので、

 

彼の都合を聞いてみたら空いていたのが11月19日でした。

 

どうせ行くなら天河でライブしようという話で盛り上がったのですが、

 

数年前に天河に大きな水害が発生した折に、

 

禊殿から古文書が発見されて、

 

ご神体の高倉山に国常立尊が祀られていたことが判明し、

 

それ以来、宮司さんが毎日一人でそこでお祈りしている話を聞いて、

 

だったら禊殿に多くの人に集まってもらって

 

神事しようなんて考えたわけです。

 

その話を宮司さんにお伝えして実現したのですが、

 

後になって分かったのは、

 

民間からの要請でこのような神事が執り行われた例はないとのこと。

 

ご祈祷や奉納は頻繁に行われても、

 

神事というのはまったく別物だということ。

 

実はそんなことも知らずに、気軽に申し出たのです。

 

Taccoさんは、

さとうみつろうさんと、もともと親交があり、

阿部敏郎さんとも繋がりがあったそうだ。

 

そんな、繋がりもあり神事について

具体的な話はあっという間に、

まとまり始めた。

 

神事についての神社側とのやり取りは、

今までの経験をかわれた

Taccoさんに全て一任された。

 

神事の件を柿坂宮司に相談したところ、

 

柿坂宮司

「御造営、正遷宮をして来年30年を迎えます。

 

そして5月に大祭をします。

 

実は平成29年の間に禊殿に節目の神事をしたいと思っていましたが、

 

なかなかできず、その様なお話を持ってきて頂いた事は、とてもありがたい。

 

規模として5月の大祭も同じようなことをするので、

 

全力で対応させていただきます」


というお返事だった。

 

まるで、それぞれの川の流れが

 

一つの大きな流れに繋がっていくように、

 

天河特別神事が執り行われる事が決まった。

 

        つづく 

物語の続きを読むにはをクリックして下さい。

流れは天に向かって⑥(天河までの流れ⑦) - わたしからあなたへ

 

1つ前の物語を読むには↓をクリックして下さい。

流れは天に向かって④(天河までの流れ⑦) - わたしからあなたへ

 

  『あなたへ』

 

今日から方広寺の接心に参加します。

 

思えば9月の接心に参加をして、

 

天河神社への具体的な流れが始まりました。

 

今回の接心には、

物語に出てくる人物とも会える事でしょう。

 

なんか、とんでもなく不思議な気持ちです。

 

今度は、

私が少しでもお役に立てればいいですが。

 

あなたにとって

素晴らしい1日になりますように。

いつも応援ありがとう!!

 

   に参加しています。

↑ ↓バナーでも押せます。)

大きな励みになります。

是非のバナーをクリックして頂けると嬉しいです!!

 

 

   始めから物語を読む方はここをクリックして下さい

連載:わたしとなっちゃんの不思議な物語 カテゴリーの記事一覧 - わたしからあなた

 インド編を始めから読む方は下をクリックして下さい

インド編(番外編・天河までの背景①) カテゴリーの記事一覧 - わたしからあなたへ

 

 未知なる世界編読む方はここをクリックして下さい

未知なる世界編(番外編・天河までの背景③) カテゴリーの記事一覧 - わたしからあなたへ

 

1つの端末から1日1票カウントされます。同じ端末機から1日何度押しても1票のカウントになります。クリックするとランキングサイトに飛びますが、また私のブログを見つけて、クリックすれば戻ってこれます。