わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

流れは天に向かって⑨(天河までの流れ⑦)

 しんちゃんとなっちゃんの不思議な物語①

 

https://www.instagram.com/p/BgTnyyrBNdZ/

 「空に向かって/白モクレン」by S

 

 阿部敏郎さんから、

 

『今回の接心で起こった出来事を

 

ブログに書いてもいいですか?』

 

という連絡を頂いた。

 

阿部さんがブログを書こうと思った

真意は以下の通りだ。

 

先日の方向寺の接心で

 

しんちゃんの1年間に起きた

 

不思議な偶然の一致を知り

 

天河に続いていく不思議な流れを、

 

ブログに紹介したいと想いが生まれた。

 

そして何よりその流れを作った、

 

ひたむきに生きた一人の女性の存在を

 

知って欲しいと思った事。

 

その存在を伝える事で、

 

多くの人の心に生き続けられる事を

 

表現をしたい事。

 

また、その彼女の生きてきた背景を描く事で、

 

障がいを持った方達や

 

サポートする方達への社会的理解と、

 

医療体制などへの関心を寄せる

 

機会の一助になりたい。

 

そんな想いが阿部さんの根底にはあった。

 

阿部さんは影響力のある方だ。

 

阿部さんのブログは1日数万人がアクセスするそうだ。

 

ブログによって、福祉や医療に関心が寄せられる可能性は充分にある。

 

それが何か新しい流れを生むかもしれない。

 

私は 

小さな世界で生きていた彼女が、

 

阿部さんのブログによって、

 

この広い世界に解き放たれ、

 

人々の胸の内に生きる事は、

 

喜びに近い感情が生まれる事を自覚していた。

 

しかし同時に、 

ご家族はどんな想いになるだろうか? 

 

それを想うと胸が痛かった。

  

接心の事はもちろん私は構わなかった。

 

しかし、

なっちゃんに関する事は、

 

ご家族にも

 

職場の社長にも

 

しっかりと承諾を得る事が必要だ。

 

どうだろうか?

 

難しいかもしれない。

 

しかし、私が決める事ではない。

 

天にとって必要であれば、

 

そのように物事は運ばれるだろう。

 

俺は俺がやるべき事をただ誠実にやるだけだ。

 

私は仕事が終わった足で、

 

阿部敏郎さんの著書

 

『かんながら』を持って、

 

なっちゃんのご自宅に訪問した。

 

お母様、お父様が在宅だったので

 

私は全て包み隠さず、

 

知ってる限りの情報を伝えた。

 

リスクも、阿部さんの真意も、

 

私が感じる想いも。

 

ご家族は沢山悩まれた。

 

それは当然だ。

 

断って当たり前だ。

 

しかし、最終的には

 

なっちゃんと同じように苦しんでいる方が、

 

この世界には多くいるという事が広く認知される事。

 

そして

 

同じ様な苦しみを持つ方に対して、

 

何かの助けに繋がればという想いで

 

ブログ掲載の承諾をして下さった。

 

それを決断した、並々ならぬご家族の想い。

 

私は決して無駄には出来ない。

 

私はお母様に

 『この本を読んでもらえば、

阿部さんという人物がどんな方なのか

分かってもらえる様な気がします。』

 

かんながらの本をお母様に渡し家を辞した。

 

さあ、後は社長だ。

 

翌日、

私は朝一番に職場の社長に話をしに行った。

 

阿部さんのブログの件を全て正直に伝えた。

 

社長は、

 

匿名形式である事。

 

ご家族が承諾した事。

 

多くの人が関心を寄せる事で、

 

障がい福祉に寄与するのであれば、

 

『やってみたらいい』

 

という事で承諾してくれた。

 

ふーこれで準備は整った。

 

天の流れは、それを良しとしたのだな。

 

私はご家族と職場に承諾を得るための調整作業に、

 

かなり神経をすり減らし疲労した。

 

私は阿部さんにブログ掲載の承諾を

 

得られた旨を連絡し、

 

1週間にわたる

私と阿部さんの情報交換が始まった。

           

        つづく

物語の続きを読むにはをクリックして下さい。

流れは天に向かって⑩(天河までの流れ⑦) - わたしからあなたへ

 

 1つ前の物語を読むには↓をクリックして下さい。

流れは天に向かって⑧(天河までの流れ⑦) - わたしからあなたへ

 

『あなたへ』

 

この前の接心も行く前は

 

億劫な気持ちになりました。

 

行った後は『行って良かった』

 

と心から思います。

 

行動する前って、

 

何故か不安な事が思考に溢れる事が

 

私には多いようです。

 

でも、私の得難い出会いや経験は

 

全ては行動から生まれている。

 

そんな事充分理解しているのに・・・。

 

世界を完全に信頼出来る日が私には来るのでしょうか?

 

なんて、すぐに思考に生きる私でした。

 

今日も良い日になりますように!!

  

   に参加しています。

↑ ↓バナーでも押せます。)

大きな励みになります。

是非のバナーをクリックして頂けると嬉しいです!!

 

 

   始めから物語を読む方はここをクリックして下さい

連載:わたしとなっちゃんの不思議な物語 カテゴリーの記事一覧 - わたしからあなた

 インド編を始めから読む方は下をクリックして下さい

インド編(番外編・天河までの背景①) カテゴリーの記事一覧 - わたしからあなたへ

 

 未知なる世界編読む方はここをクリックして下さい

未知なる世界編(番外編・天河までの背景③) カテゴリーの記事一覧 - わたしからあなたへ

 

1つの端末から1日1票カウントされます。同じ端末機から1日何度押しても1票のカウントになります。クリックするとランキングサイトに飛びますが、また私のブログを見つけて、クリックすれば戻ってこれます。