わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

おわりのはじまり①(天河までの流れ⑧)

『第1日目』~到着https://www.instagram.com/p/BggM-3FghRT/

「天河神社」by 為定 聖介・未織 

 PHOTO PHIVE(フォト ファイブ) - ホーム | Facebook

 

 2017年11月18日土曜日

 

夜明け前。

 

風はとても冷たい。

 

外はまだ真っ暗。

 

天河神社を目指し

 

私達家族は車で出発した。

 

11月18日(土)~19日(日)

 

神事が終わったら家に帰る予定だ。

 

ただ

20日(月)は、多分疲労しているだろう思い、

 

会社から休みをもらっていた。

 

天川村に向う途中、

 

阿部さんが神事で使う「白い靴下」が必要という連絡が入った。

 

サービスエリアで探したが、なかなか見つからず、

 

結局、天川村の手前の商店街の、

 

「ふくもり」という

昔ながらのお店で無事購入できた。

 

車を運転しながら、

 

様々な思考が浮かんでは消えた。

 

まさか、

 

こんな形で天河神社にもう一度来れるとは、

 

1年前は想像もしていなかったな。

 

しかも、

 

あの時に生きるエネルギーをもらった

「禊殿」

 

いつか、お返ししたいと思っていた場所。

 

「何か俺に出来る事があれば使って下さい。」

 

と思っていたら、

 

本当に、こんな形で関わる事になるとは・・・。

 

なんてドラマチックだ。

 

しかし阿部さんのアシスタントとして、

 

実際に何か手助け出来る事があるのだろうか?

 

正直、

神事がどんな流れで進むのかさっぱり分からない。

 

とにかく、

この2日間は何としても無事に、

 

神事が終われるように全力でサポートしよう。

 

数時間後。

 

1年前に見た風景を再び目に映した。

 

そうだ、こんな景色だ。

 

このトンネルを越えるとガラッと空気が変わったよな。

 

もうじき着くぞ。

 

私達家族は、

 

天河神社に隣接している

 

「民宿 今西」に到着した。

 

時間はAM10時前。

 

宿には、ぱらぱらとスタッフと

 

思われる方達も到着していた。

 

私はLINEで情報のやり取りをしており、

 

スタッフの名前は知っていても、

 

Taccoさん以外は名前と顔が一致しなかった。

 

天河特別神事 

2日間の神事のスケジュール

はおおよそ以下の通りだ。

 

 11月18日(土)昼 180名

①禊殿 11:30~12:00 神事と奉納演奏

②拝殿 13:00~14:00 ご祈祷と奉納演奏

 

11月18日(土)夜 180名

①拝殿 19:00~20:10 ご祈祷と奉納演奏

              精麻奉納

②参集殿20:20~21:20 瞑想会 

 

11月19日(日)昼 300名

①禊殿 11:00~12:00 神事と奉納演奏

②参集殿13:00~15:00 LIVE・柿坂宮司と阿部さん講和 

 

Taccoさんは、

今回の特別神事の神社側とのやり取りを

 

一手に引き受け、統括している存在だった。

 

私達家族が、

 

宿に荷物を運び入れている時に、

Taccoさんから連絡が入った。

 

Taccoさん

『参列者が受付に集まり始めています、受付の対応をお願いします。』

 

私は、

急ぎ足で天河神社の拝殿(本殿)に向かい

目を閉じ手を合わせた。

 

『1年ぶりです。

 本当に私を呼んでくださいましたね。

 あの日の借りを返せる事を

 心より感謝します。

 どうか遠慮なくこの2日間私を、

 あなたの手足の如く存分にお使いくだい。』

       

      つづく

 

物語の続きを読むにはをクリックして下さい

おわりのはじまり②(天河までの流れ⑧) - わたしからあなたへ

 

 1つ前の物語を読むには↓をクリックして下さい。

流れは天に向かって⑬完(天河までの流れ⑦) - わたしからあなたへ

 

 『あなたへ』

 

最近は、物語ばかり連投しています。

 

理由は4月5日くらいまでには、

 

一区切りつけたいからです。

 

もう一つは、

物語を書く事の苦痛がなくなったからです。

 

つい最近まで

なんだかうまく気持ちが乗らなくて。

 

最終章は記憶が新しい事。

 

映像や他の方が書いたブログなど

資料が多いので、

 

助かります。

 

しかし、「神事」という未知な世界に

 

どう向き合い、どう表現するか、

 

いろいろ悩みました。

 

せっかくです、自分なりに調べながら

 

納得しながら書く事にしました。

 

そして、これからも正直に書こうと思います。

 

いつもありがとう。

 

私一人では、

こんなに書き続ける事は出来ませんでした。

 

「あなた」に感謝しています。

 

  に参加しています。

↑ ↓バナーでも押せます。)

大きな励みになります。

是非のバナーをクリックして頂けると嬉しいです!!

 

 

   始めから物語を読む方はここをクリックして下さい

連載:わたしとなっちゃんの不思議な物語 カテゴリーの記事一覧 - わたしからあなた

 インド編を始めから読む方は下をクリックして下さい

インド編(番外編・天河までの背景①) カテゴリーの記事一覧 - わたしからあなたへ

 

 未知なる世界編読む方はここをクリックして下さい

未知なる世界編(番外編・天河までの背景③) カテゴリーの記事一覧 - わたしからあなたへ

 

1つの端末から1日1票カウントされます。同じ端末機から1日何度押しても1票のカウントになります。クリックするとランキングサイトに飛びますが、また私のブログを見つけて、クリックすれば戻ってこれます。