わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

おわりのはじまり⑥(天河までの流れ⑧)

 『第1日目』~リーラ

 f:id:sintamsc:20180324142846j:plain

 「阿部敏郎」by 為定 聖介・未織 

PHOTO PHIVE(フォト ファイブ) - ページ情報 | Facebook

 

阿部さんはギターを見つめ、

 

集中力を高めている様に見えた。

 

ピックを絃に合わせ、

 

奉納演奏である、

 

大祓詞『リーラ』の演奏が始まった。

 

 

阿部さんの 速弾きのギター音が

 

あたりにこだまして、

 

ヒロトさんのパーカッションから、

 

原始的なリズムが生み出された。

 

阿部敏郎さん かんながら ブログ

2017年10月16日より引用

あなたが「それ」:かんながら

 

奉納させていただく大祓詞(祝詞)を

 

奏上する楽曲「リーラ」は、

次の歌詞から始まります。


私は地球です

 

 いつもあなたの中にいるのです

 

一人が悲しくなったら

 

どうぞ私を思い出して


神様たちは歌い続ける

 

終わりはいつも始まりだから 

 

「私は地球です」

このフレーズは、地球意識、宇宙意識と

呼ばれるものを、そのまま表しました。

いま思えば、

まさに国常立尊(くにとこたちのみこと)であり、

この神事の歌のような気がしてきました。

この歌を作ったのは昭和63年ですが、

初めてドンピシャの気持ちで歌えそうです。

 

そんな、

地球の意識が優しく

私達に呼びかける様な言葉で始まり、

 

大祓詞(おおはらえ)が続く。

 

この祝詞はとても長く、

 

神々の名前やその物語の文字は、

 

素人ではとても読めない。

 

私が読んだら、

100%噛んでしまう事間違いなしだ。

 

その祝詞を、

阿部さんはギターの速弾きのリズムに合わせて、

 

かなりの早口で歌う。

 

これが出来るという事は、

 

その言葉達が

身体に染みこむほどの修練があったのだろうか。

 

阿部さんの歌声は周囲の山々に響き渡った。

 

普段は、

ニコニコと穏やかな阿部さんだったが、

 

演奏が終盤に向うにつれ、

 

阿部さんの表情から鬼気迫るものを感じた。

 

そして私は阿部さんの周辺から、

 

見えない振動の様なものを感じた。

 

私はその迫力に圧倒され、

 

全身鳥肌が立つ程だった。

 

神事前は雨が降っていたが、

 

終わった後はすっかり雨が止んだ。

 

第1回目の神事は無事終了した様だ。

 

さてこの神事によって

 

見えない神様に『何が』届いたのだろうか?

 

見えない神様は『何を』受け取ったのだろうか?

 

それとも人間の自己満足なのだろうか?

 

神様、どうだったの?

 

私は本当のところを知りたい。

 

おっと、

物思いにふけっている時間はない。

 

私はすぐに行動にとりかかれる準備をした。

 

気温は低いため、風邪をひかない様に

 

すぐに阿部さんやヒロトさんに、

預かっていた服を渡した。

 

一息する間もなく、

 

13:00からご祈祷と奉納演奏が拝殿(本殿)で神事があるので、

 

必要な機材などを、

 

みつろうさんが運転する車に積み込み、

 

本殿に移動した。

 

私は阿部さんのギターを宿泊する部屋に届けたり、

 

次の奉納演奏をする拝殿(本殿)の能舞台に

 

機材を運んだり、設置を手伝ったりした。

 

その時、

 

黙々と機材を設置している、

 

音響を担当している年配の男性が目に入った。

 

先ほどの奉納演奏の際に、音響の機器などを調節していた方だ。

 

独特の雰囲気を持っている方だったので、

 

妙に気になっていた。

 

俗世間から離れている様な飄々とした雰囲気と、

 

人を包むような味わいのある風貌に魅かれた。

 

私は手が止まってる事に気づき、  

 

準備にとりかかった。

 

そうこうする内に、 

 

拝殿(本殿)に参列者が続々と集まり出した。

       

        つづく 

 

物語の続きを読むにはをクリックして下さい

おわりのはじまり⑦(天河までの流れ⑧) - わたしからあなたへ

 

1つ前の物語を読むには↓をクリックして下さい。

おわりのはじまり⑤(天河までの流れ⑧) - わたしからあなたへ

 

『あなたへ』

 

私の自由時間の過ごし方の多くは、

 

何かをひたすら知ろうとする。

(本を読んだり、ネットで調べたり)

 

ひたすら眠るか。

 

何かの趣味に没頭するか。

 

そんな3つのどれかを一つ、

3ヶ月くらいひたすら続けるようです。

そして、終わったら、次に進む。

それを繰り返しているようです。

 

今はブログに没頭していますね。

 

本当に中庸がなく、

 

偏ってしまうんです。

 

しかも

 

いつも衝動に突き動かされるので、

 

衝動が終わると、ぱったりとやめてしまう。

 

なんか、プログラムされてますかね。

 

まあ、私はいつもこんな感じですが、

 

あなたは、 

 

どんなサイクルで過ごしていますか?

 

あ、そうだ。

私は今日は『癒し旅』のメンバーと久しぶりに出掛けます。

 

兼ねてからメンバーで『行きたい』と声が多かった

 

『伊勢神宮』を旅してきます。

 

私は式年遷宮以来です。

 

楽しみ。

 

素晴らしい一日になりますように。

 

   に参加しています。

↑ ↓バナーでも押せます。)

大きな励みになります。

是非のバナーをクリックして頂けると嬉しいです!!

 

 

   始めから物語を読む方はここをクリックして下さい

連載:わたしとなっちゃんの不思議な物語 カテゴリーの記事一覧 - わたしからあなた

 インド編を始めから読む方は下をクリックして下さい

インド編(番外編・天河までの背景①) カテゴリーの記事一覧 - わたしからあなたへ

 

 未知なる世界編読む方はここをクリックして下さい

未知なる世界編(番外編・天河までの背景③) カテゴリーの記事一覧 - わたしからあなたへ

 

1つの端末から1日1票カウントされます。同じ端末機から1日何度押しても1票のカウントになります。クリックするとランキングサイトに飛びますが、また私のブログを見つけて、クリックすれば戻ってこれます。