わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

おわりのはじまり⑫(天河までの流れ⑧)

 『第1日目』~ゆるませる人f:id:sintamsc:20180330223717j:plain

「歌うさとうみつろうさん」by 為定 聖介・未織 

 PHOTO PHIVE(フォト ファイブ) - ホーム | Facebook

 

奉納演奏は無事終わった。 

 

しかし、まだ最後のイベントが残っている。

 

阿部さんとヒロトさんの体力大丈夫か・・・。 

 

次は10分後に参集殿という大広間で、

 

みつろうさん・阿部さん・ヒロトさんによる

 

演奏会と瞑想会だ。

 

私は終わりと同時に、

 

次の準備に取り掛かかり、

 

ギターを運んだり、機材の設置を手伝ったりした。

 

瞑想会というと怪しい感じがするだろうか?

 

瞑想に馴染みのない人は、

 

何か怪しい。

 

と思うのも自然かもしれない。

 

しかし瞑想という言葉を

 

今の流行の言葉で言えば、マインドフルネスだ。

 

こう言葉を置き変えれば安心だろうか。

 

 マインドフルネスは

 

グーグル社・インテル・ナイキなどの研修でも採用されている程、

 

有益な効果を認められ、注目もされている。

 

阿部敏郎さんご夫婦は

 

NIKE瞑想を普及している。

 

さとうみつろうさんは

 

ピアノを使った『カノン瞑想』

 

を講演会などで実施している。

 

その様な瞑想に縁のある2人がいるため、

 

演奏と瞑想会も設定されたのだろう。

 

しかも今夜は11月18日はさそり座の新月。

 

更に、

ラッキースターの木星が入っているとのことで、

 

吉兆。

 

しかも、空に雲がなければ、

 

しし座流星群がピークを迎える。

 

このような巡りあわせは大変珍しいという事。

 

阿部さん曰く

 

この日のキーワードは

 

「新生」という事だ。

 

瞑想を深めるには、

 

これ以上ふさわしい日はないのかもしれない。

 

さて、ようやく

 

さとうみつろうさんの登場だ。

 

さとうみつろうさんは、

 

本来は奉納演奏にも参加する予定だったそうだが、

 

今回の神事の内容を知るにあたり、

 

表舞台には出ずに、

 

神事を、阿部さんを、

 

裏で支える事を選ばれたそうだ。

 

しかし今回の参列者の中には、

 

みつろうさんファンも大勢見えているはずだ。

 

みつろうさんのファンは

 

この時間をとても楽しみにしていたろう。

 

参集殿の大きな広間は、

 

あっという間に人で満たされた。

 

阿部さん・みつろうさん・ヒロトさんは、

 

正面の舞台に並び、

 

ギターを抱えてスタンバイした。

 

みつろうさん

『今日、朝からずっと喋りたくって!!

    こんな事本当になくて!!

 こんなに喋らないツアーは初めて!

 僕はもう!ずっと溜まってたんで!』

 

みつろうさんが

 

喋る度に周囲から笑い声が起きる。

 

ギター三重奏によるカノン演奏で、

 

3人によって、

 

『スターライダー』

『なごり雪』

『愛を込めて花束を』

 

など様々な歌が歌われた。

 

みつろうさんは、

 

みんなを盛り上げ、

 

巻き込んでいくのが天才的に上手い。

 

あきらかに周囲のテンションが、

 

盛り上がっていくのが分かる。

 

気づくと会場は、

一体的で温かな雰囲気に包まれていた。

 

これが、

みつろうさんの「力」なんだな。

 

私は感心して見つめていた。

 

私ですら、熱くなるものがある。

 

こうして、

 

この場は、みつろうさんの

 

ほぼ独壇場で終了した。

 

みんな、

 

本当に楽しそうな顔をしていた。

 

それがとても心に残った。

 

みつろうさんを横で見つめる阿部さんは、

 

とっても優しい眼差しをされていた。

  

みつろうさんは、

 

神事の厳粛な雰囲気で、

 

緊張していた参列者の心身を

 

この短い時間で

 

見事に温め弛ませてしまった。

 

そして、充分リラックスした状態で、

 

瞑想が行われた。

 

そして会場は沈黙に包まれた。

 

こうして、

 

18日の全てのイベントが無事終了した。

 

参列者もそれぞれの宿に帰っていた。

 

もう、22時になる。

 

しかし、阿部さん。

 

今日ほとんど休む暇なんて無かったろう。

 

こりゃ相当疲れ果てているだろう。

 

早く宿に帰って休んでもらわないと。

 

いやー俺も疲れた!

 

1日よく働いた。

 

さあ、宿に帰ろう。

 

私は

阿部さん、雲黒斎さんと一緒に、

 

阿部さん達が宿泊するホテルまで

 

ギターを抱えてお供した。

 

その帰り道、黒斎さんが

 

『あの午前の禊殿の神事の時。

 

 僕は後ろで見ていたんだけど、  

   

    実は参列者の体から、

 

 透明な炭酸みたいな光が、

 

    シュワシュワーって天にあがっていくのが

 

 見えてしまったんです。

 

 あれ、何だったんでしょう?』

 

と話していた。

 

私はそれを聞いて、

 

あの場で私も、

 

何か振動の様なものを感じていた事を思い出した。

 

あの事だろうか?

 

阿部さんは

 『不思議だねー。何だろうか?』

と感心していた。

 

歩きながら、

阿部さんは私を見つめこう言った。

『しんちゃん、お酒飲みたいね。

   お酒あるかな?飲もうよ。』

 

え?? 

 

やすみなく今日1日中演奏していたのに・・・・

 

そんな元気あるんですか?

 

スゲー、

さすが持ってるエネルギーが違う・・・。

 

私は

阿部さんのそのスタミナとエネルギーに

驚愕した。

 

       つづく 

  物語の続きを読むにはをクリックして下さい

おわりのはじまり⑬(天河までの流れ⑧) - わたしからあなたへ

 

1つ前の物語を読むには↓をクリックして下さい。

おわりのはじまり⑪(天河までの流れ⑧) - わたしからあなたへ

 

『あなたへ』

 

私は結構すぐに疲れるタイプで、

 

すぐ布団に駆け込みたくなります。

 

しかし

私の周囲には

 

超人的な体力と行動力を持つ人が結構います。

 

身近な存在だと父と姉です。

 

姉はパン屋を経営しているので、

 

睡眠時間は4時間程度で、

 

15時間くらい多分働いている・・・。

 

同じ人間とは思えません。

 

しかし、時々思います。

 

私の様な衝動的な人間に体力まであったら、

 

世界の果てまで行ってしまいそうです。

 

実は、

うまくバランスをとっているのかもしれませんね。

 

さあ!ようやく週末です

やったー!

今日も私達にとって素晴らしい1日でありますように。

   に参加しています。

↑ ↓バナーでも押せます。)

大きな励みになります。

是非のバナーをクリックして頂けると嬉しいです!!

 

 

   始めから物語を読む方はここをクリックして下さい

連載:わたしとなっちゃんの不思議な物語 カテゴリーの記事一覧 - わたしからあなた

 インド編を始めから読む方は下をクリックして下さい

インド編(番外編・天河までの背景①) カテゴリーの記事一覧 - わたしからあなたへ

 

 未知なる世界編読む方はここをクリックして下さい

未知なる世界編(番外編・天河までの背景③) カテゴリーの記事一覧 - わたしからあなたへ

 

1つの端末から1日1票カウントされます。同じ端末機から1日何度押しても1票のカウントになります。クリックするとランキングサイトに飛びますが、また私のブログを見つけて、クリックすれば戻ってこれます。