わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

己の事はよくわからん!!(2)

 『あなたへ』   

https://www.instagram.com/p/Bg_LVP3gLad/

「マザーテレサ」 byS

 

さて、続きです。

 

どうして人は自分の事は、

 

素直に認める事が出来ないのしょうか?

 

一生懸命生きている事。

 

頑張っている事。

 

人に優しくした事。

 

求められる役割に応えた事。

 

こうやって、

 

自分を他者として捉える事が出来れば、

 

素直に自分を認める事は出来ます。

 

そうだ、そうだ。頑張ってる。

 

私も自己は、

 

限りなく近い他者だという考えに、

 

賛同していますが、

 

実際はすぐに、

 

他者として思えず自己と同一化してしまい、

 

すぐに自分が他者である事を忘れてしまいます。

 

自己を他者として捉えた時、

 

自己が大嫌いな人、

 

自己が大好きな人、

 

好きも嫌いもない人、

 

自己どなどいない人、

 

様々な捉え方があります。

 

もし、私が

 

どちらの方と、関わりを持ちたいですか?

 

と問われたら?

 

これは趣味なの問題ですが、

 

私は自分が大好き大好き!

 

という方より、

 

自分が嫌い!

 

という方の方に魅かれます。

 

何故か?

 

多分

自分が大好き大好きな方に対しては、

 

すでに完結され、

 

私が触れるスペースを感じないからだと思います。

 

つまり、

 

その方に対して自分の存在意義を、

 

感じ取れないからでしょうかね。

  

本当は羨ましいのでしょうか?

 

うーん、あんまり羨ましくもない・・・。

 

分からん、どうなんだ?

 

まあ、いいや。

 

完全に趣味の話です。

 

良い悪いではありません。

 

多分私は、

 

自分を好きになる人と

(心ひかれること。気に入ること。)

 

自分を認める人との

(目にする。見てその物の存在を確認する。)

 

区別を明確にしているのだと思います。

 

私は幻想や思い込みよりも、

 

淡々と事実を認めるのが趣味です。

 

さて、何の話だっけ?

 

そうそう。

 

どうして、

 

自分を認めてあげれないか?って話しです。

 

例えば、

私はブログを初めてから、

 

読者から

 

『文章書くのが上手ですね」』

 

お言葉を頂く事がありました。 

 

私はもちろん、

 

とても嬉しいので、

 

『ありがとうござまいます!!』

 

とお礼を伝えますし、

 

その言葉を大切にします。

 

しかし、

 

私の言葉の意味の受け取り方は、

 

・頑張っているので応援してくれる。

・コミュニケーションの一つ(社交辞令)。

 

つまり、

 

本来の「文章が上手」という意味を、

 

そのまま受け取れていません。

 

何故ならば、自分の中で

 

幼稚な文章表現をしているのだろうな・・・。

 

と思いながら書いているからです。

 

私はかなりその様な事が多いのです。

 

他者が私に伝えてくれる印象が、

 

とても素晴らしい言葉であった場合。

 

私はとても嬉しく、

 

心地の良い気持ちになります。

 

しかしどうやら、

 

他者が伝えてくれる意味を素直に、

 

受け取っていない事が、

 

非常に多い事に気づきました。

 

私はその言葉を受け取る事よりも、

 

伝えてくれる方の優しさに、

 

感謝してしまいます。

 

うーん何故受け取れないんだろ?

 

素直に。

 

その言葉の意味丸ごと。

 

私の中で、

 

自信を持つ事を何故か、

 

許していないような気もします。

 

また、

自分に自信持って行動したため、

 

失敗した時に傷つく事を恐れている気もします。

 

何か己の中で、

恐れがあるのだという事は分かっています。

 

私は臆病ですから

(そうは見えない様ですが・・・)。

 

さて、

 

私は自分とまるで同じようなものを持つ、

 

他者に出会った事があります。

 

大袈裟に言えば、自分と同じ魂です。

 

性格や行動は明確に異なるのです。

 

とても素晴らしい方なので、

 

自分と同じ魂など言うのも正直、

 

恐れ多いのですが。

 

しかし、驚くほど似ているのです。

 

というか同じ?

 

・感受性

 

・感受性からの思考

 

・持っているエネルギー

 

・この世界に対する愛情

 

・この世界の受け取り方

 

 1つの事象に対しての、

 

捉え方や発想がほとんど一致する。

 

そんな人も存在する。

 

そもそも私は魂があるのか?

 

魂とはなんぞ?

 

という事をしっかり考えた事はなく、

 

知識も浅いものです。

 

ですから直感的に魂という言葉を使っています。

 

私は、

 

その方を見ていると、

 

人間って素晴らしいなと思う事が出来ます。

 

為す事などなく、存在している事が完成なんだ。

 

と思えます。

 

 勘違いかもしれませんが、

 

私もその方と同じものを持つなら、

 

相当素晴らしい(笑)

 

はずです・・・。

 

が、

 

なかなか思えません(笑)

 

さて、そろそろ終わりましょう。

 

私達は、

今日も他者が感じとった印象を、

伝えられるでしょう。

 

 綺麗な形と色の花を見て、

 

「美しいね」と。

 

動物園でしなやかで大きな虎を見て、

 

「強そうだね」と。

  

 夢中で遊ぶ子供を見て、

 

「無邪気だね」と。

 

優しい言動をする人を見て、

 

「優しい人だね」と。

 

 受け入れる大きな心を持っている人を見て、

 

「大きな器の人だね」と。

 

そんな風に、

 

私とあなたが、

 

他者から伝えられた言葉が、

 

喜ばしいものであれば、

 

その意味、そのままで

 

今日1日、

 

その言葉を素直に受け取る事が出来ますように。

 

世間はゴールデンウイークですね。

 

私は、もちろん仕事です!!

 

素晴らしい1日をお過ごしください。

 

     に参加しています。

↑ ↓バナーでも押せます。)

大きな励みになります。

是非のバナーをクリックして頂けると嬉しいです!!