わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

わんち物語(1)

『わんちさんのプロフィール』   

https://www.instagram.com/p/BiWl0boFqR9/

「暖炉の前でわんちさんのフィドル演奏」 by S

 

プロフィール

 

 1953年 奈良県 吉野郡 下市にて出生。 

 

音楽は中学校3年生の時に流行っていたフォークソングブームでギターを始め、

 

以後、ずっとギターを弾いて歌っている。

 

18歳頃から洋楽にはまり、

 

22歳頃から大阪でアメリカンロックのプロバンドを組み、(アラバマ・ファンキーチキン)

 

各地でライブハウス・イベント・コンサートなど音楽活動を続ける。

 

演奏する楽器は、

 

ギター・バイオリン(フィドル)・パーカッション・マンドリン。

 

当時のバンド仲間達は、

 

日本では非常に有名なバンドやミュージシャンのバックをしているような凄腕の仲間達。

 

 去年までの13年間、

 

世界遺産「金峯山寺蔵王堂」で、

行われるライブに参加。

 

 交友関係も幅広く、

 

多岐にわたる職種の友人がいるが、

 

その中でも特別な存在である、

 

4名のソウルブラザーとシスターがいる。

 

また来世でも一緒にやろう!と

最後に約束した2人の侍。

 

フィドルの巨匠 

平地澄彦(故)

 

神の手を持つ、スーパードクター 

浜田昇(故)浜田由美子。

 

四国最強のゴーストバスター(除霊)

秋武妙光。

 

わんちさんは趣味も幅広く、

 

吉野の山に入り薬草を摘み、

薬草を調合する仙人であり、

 

奥吉野の渓流で、

 

フライフィッシングで、

アマゴを追い求める釣り師でもある。

 

これから、

そんな 不思議なわんちさんの、

不思議なエピソードを、

ほんの少しご紹介していこう。

 

    つづく

 

物語の続きを読むにはをクリックして下さい 

わんち物語(2) - わたしからあなたへ

 

 

  「あなたへ」 

 

さあ、あとしばらくしたら実家を後にします。

 

3日間、非常にいい天気に恵まれました。

 

青い空と青い海に沢山癒されました。

 

子供達は、

 

前日寝る前に、

明日がお別れの日という事で泣きました。

 

そして、今朝の6時から、

 

かくれんぼをしています(笑) 

 

時間を惜しむように、

 

「あと何する?」

 

「なにして遊ぶ?」

 

と話し合っています。

 

私がブログのためにパソコンに向かうと、

 

甥っ子から、

 

呪いをかけられそうな無言のプレッシャーをかけられますので、

 

今日はここまでとします(笑)

 

私はこれから目にする、

 

子供達といとこ達の別れる瞬間を、

 

想うだけで胸が痛みます。

 

「今度いつ会えるの? 」

 

「あと何回寝たら?」

 

という言葉がまた生まれますね。

 

子供には、

 

まだ自分で行動できる力がありません。

 

親の都合によって我慢するしかないのです。

 

しかし、私達大人は違います。

 

本当に望めば、

 

いつだって行動出来るのです。

 

本当は大人の方が、

 

ずっとずっと自由なのです。

 

よく大人は不自由だなんて耳にしますが、

 

それはウソだと思います。

 

大人の心が不自由なだけ。

 

行動できる力も時間もお金も、

 

本当は与えられているのですから。

 

さあ、お別れですね。

 

お別れが悲しいのは、

 

それほどの喜びがあったから。

 

どうか、その本質に気づける様に、

 

生きて欲しいと思います。

 

良い1日を過ごしましょう!!

 

     に参加しています。

↑ ↓バナーでも押せます。)

大きな励みになります。

是非のバナーをクリックして頂けると嬉しいです!!