わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

ほのおとみず

『いらないものがあったのか?』   

https://www.instagram.com/p/Bj7Jj4tFxO6/

 

「炎」 byS

 

 今日のテーマ。

 

炎と水。

 

さあ、

 

今日も想いを馳せてみましょう。

 

「いまここ」から遠く離れちゃいます!!

 

さて!

 

炎と水。

 

私がその言葉を聞いて、

 

湧き出すイメージを書いてみましょう。

 

炎と水。

 

赤と青。

 

熱さと冷たさ。

 

気体と液体。

 

怒りと優しさ。

 

死と生。

 

太陽と地球。

 

破壊と再生。

 

火の神と水の神。

 

どうやら、

 

対になる言葉の様です。

 

命があるところには、

 

水が必ず寄り添っている様なイメージ。

 

死や破壊があるところには、

 

燃やし尽くす炎が、

 

拡がっているようなイメージ。

 

水は優しい表情で、

 

炎は怒りの表情。

 

言葉を並べてみると、

 

人間社会では、

 

炎は悪で、

 

水は善みたいな

 

価値を置かれる様な気がします。

 

なわけねーだろ!!

 

と私は言いたい。

 

炎がなければ、世界は凍りついてしまう。

 

命さえ凍ってしまう。

 

実際に、

 

1億5千万キロ離れた、

 

燃えに燃えて爆発しまくってる

 

遥かなる太陽が、

 

地球を暖めて、命を育んでいる。

 

それを思い出せ!!

 

どちらか一方の極を排除する事は危険な事。

 

両極の存在があるからこそ、

 

世界のバランスを取っている可能性がある事。

 

つまり、私が伝えたいのは、

 

人間の小さな価値観で、

 

あれには価値あり、

 

これには価値がない。

 

と「何か」を排除する事は、

 

私達自身の命を損なっている可能性が、

 

充分にあるという事です!!

 

バカ代表が言わせてもらいますが、

 

人間なんて、

 

どう考えてもバカなんだから、

 

正しく判断なんか出来ない事を自覚するべし!

 

つまり、

 

命を脅かす存在と捉えていたものに、

 

実は命を守られていた!!

 

という可能性も十分にあるという事。

 

どうしようもない嫌いな何かが、

 

実はどうしようもない、

 

幸福に繋がっていた可能性も。

 

だから、

 

馬鹿な人間に出来る事は、

 

私達は途方もなく無知である事の理解。

 

絶対的な価値などある訳なく、

 

価値はあくまで、

 

その時代に最も都合が良いものである事。

 

そのため時間の流れで、

 

簡単に反転するものである事。

 

それらを充分に分かった上で、

 

受け止めていく事が大切だと思うのです。

 

私の心の中には、

 

炎と水の心が共存しています。

 

本当の事言うと、

 

炎がやや有利(笑)

 

すぐに感情的な炎になってしまう、

 

我が心を情けなく想う時も、

 

しょっちゅうあります!!

 

しかしですね、

 

あなたが捨てようとしてきた、

 

弱さ

 

悲しさ

 

迷い

 

怒り

 

苦しみも

 

実はとんでもなく

 

大切な「何か」である可能性があります。

 

神様はその心を、

何より愛しく思っているかもしれない。

 

その心があるからこそ、

豊かな喜びを感じられるのかもしれない。

 

実は世界(宇宙)の傷を癒している可能性もある。

 

その痛みが、

これからの命を支える力になるかもしれない。

 

あれ?

 

何の話だっけ?

 

炎と水?

 

全然関係ない話になってしまった(笑)

 

まあ、これが私の実力です!

 

さあ、こんな適当な奴でも、

 

今日を生きていけるのです。

 

大丈夫。

 

すべてはきっと無駄にはならないよ。

 

いい1日を過ごしましょう。

  

      に参加しています。

↑ ↓バナーでも押せます。)

大きな励みになります。

是非のバナーをクリックして頂けると嬉しいです!!