わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

自分が好きですか?(対談2)

『黒 

 

https://www.instagram.com/p/BkH_WhDF4mp/

 

「瞳」 by F

 

 【あなた】


 ひゅう〜〜〜〜☆

 

 出た!


 わたしがよく知る、

 

 黒しんちゃんの真髄!


 いや、しんちゃん


 あなた、

 

 優しい人達相手には、

 

 黒しんちゃん出しませんから。

 

※1 黒しんちゃんとは?

とても人様にお見せ出来ない、

悪が大量に詰まった魔人。本来のしんちゃんです。

 

※2 白しんちゃんとは?

人様に見せるならうってつけ。

人に気遣い、善と優しさ豊富。

ただし非常に繊細で疲れやすい(笑)

 

 【わたし】

 

  そうなんです。


  なんか、壊しちゃいそうで。

 

  【あなた】


 ですよね?

 

 だからですよ

 

 ここで、あなたが、この


 白しんちゃんで

 

    あるが所以は。

 

 【わたし】

 

 自分が、強いと思ってる奴だと、

 

    挑みたくなるんです。

 

 強いと思い込んでいる奴が、

 

    泣く姿がみたいの(笑)

 

 そういう気性がある事に気づいてます(汗)

 

 【あなた】 

 

 フフフ

 

 知ってますよ?

 

 例えば、あの人とか、あの人とか、

 

    あの人とか、、、笑

 

 【わたし】

 

 やめてー

 

 【あなた】

  

 ははは

 

 でも、まだまだ黒しん、

 

    可愛こぶってますよ(笑)

 

 【わたし】

 

 バレてます (笑)?

 

【あなた】  

 

 ほんとーの黒しんちゃんは、

 

 そーんな、

 

 大岡越前やらネズミ小僧みたいな

 

 勧善懲悪ではないですから

 

勧善懲悪(かんぜんちょうあく)

は、「を勧め、を懲しめる」ことを主題とする物語の類型の一つ。

 

   バレてますー


 ただ、ひたすらに、黒!

 

  ただひたすらに、残虐!

 

   【わたし】


 イメージがあ!

 

 やめてー!

 

 【あなた】  

 あ。


 100円(賄賂)もろたんやった。

 

 【わたし】


    ほら、1000円にしとくから!

 

 【あなた】     

 

 お。1000円♡

 

 1000円もろたから、

 

 ゆーわけではないですがー

 

 今はそこは、どーでもええんどす。


 そんな白しん、黒しん、

 

 混合した自分を、

 

 好きと思えてますか?

 

 て事でしたよね。


 好きですか?( ◠‿◠ )

 

 【わたし】


 うーん。


 うーん。


 好きなのか?


 嫌いなのか?


 分からない。


 わからなーい!

  

 【あなた】 

 

 素晴らしい!!

 

 【わたし】

 

 え?


 素晴らしい?

 

 怒らないのか?

 

 この優柔不断さに。

  

【あなた】


 怒るかいな〜〜

 

 怒るとしたら、


 その可愛いこぶりに、やわ!

 

 【わたし】


 すんません (笑)

 

 【あなた】   


 そうなんよね、

 

 わからない、てことは

 

 即答で、嫌い!じゃない、


 て事だもんね

 

     それ、正直だし、

 

     ホントそーなんだと思うのよ。

 

     そして、


  それ、ってすごい事やと思うん。

 

 

 【わたし】


 ん?


 何故すごい?

 

 【あなた】

 

 スゴイと思うのには2つあって、


 まずひとつ目は、


 自分を嫌いじゃない、

 

 てスゴイと思うんよ、わたしなんかは。


 オマケに、それが、


 黒い方に対してでしょ?


 フツー、ないもの。それ(笑)

 

 それにね、もう一つは、

 

    多分ね

 

 わかんないけどね

 

 普通の人間ならね

 

 そんな【相反する2つの自分】に対し、

 

 悩むと思うんだ。

 

 わたしは一体、どっちなの?


 わたしは一体、何がしたいの?

 

 て。


 哲学だよね(笑)


 そこからは、もう。

 

 【わたし】


 そうなのか?


 俺はいつも、半分。


 好きだし嫌い。

 

  【あなた】 

 

 あら。

 

 半分。


 フツーじゃねぇかよ(笑)!

 

 つまり

 

 しんちゃんは、


 哲学、素通り出来ちゃってるんだよ(笑)

 

 【わたし】

 

 そんな高尚なもんではなくて、

 

 もうしょうがねーって感じ。

 

 自分を諦めている。

 

 どうしようもないと。

 

 これで行くしかないと。

 

 仕方ねーと。

 

 【あなた】


 そだね

 

 しょうがねー、よね。


 でもね

 

 やっぱなかなか

 

 しょうがねー

 

 をハラの底から思える事、て難しい。


 だってね

 

 アンタと違ってね


 ほとんどの人は、


 キレイで優しくて美しい心を持つ

 

 自分になりたいものなんだから!!


   「黒、上等!!👍」


    なんかフツーに思えるテメェは、

 

    珍しいんだよっっ!


   フツーは、

 

   黒い自分は消滅させたいんだよ、

 

    善良な市民は!

 

 【わたし】


   やべー!


   なんか、

 

 おっかねーぞ 笑

 

    誰なんすか?あんた!マジで?

 

   てめーが本気なら、俺も本気出してやる!

 

   俺は綺麗で、美しくなんかなりたくねー!

 

   なんで、そんなもんなりたいんだ?

 

   気持ち悪いわ。

 

【あなた】   

 

 黒い自分は一般的には、

 

 フツーの人なら消滅させたい。

 

 消滅し切れないとして、

 

 せめて、封印。


 表に出させない。


 鍵閉めて、カチャ。見ないフリ 

 

 それがフツーの反応。


 キミは、

 

 生粋の変態だ。

 

 【わたし】

 

 変態言うな( 笑)

 

 俺は、俺は、


 悪魔人間(デビルマン)のまま、

 

 社会人を送るのが理想だ!

 

 めんどくせー全てをとっぱらいたい!

 

 【あなた】  


 不動明!※

 (ふどうあきら)

 

※永井豪の漫画「デビルマン」の主人公、

不動明のことである。

 

 【わたし】


 笑

 

 あなたに、時代を感じるよう・・・。

 

 俺は、悪魔人間のまま時々、

 

 おばあちゃんの手を引いたり。


 何か破壊しながら、

 

 優しいブログを書いたり( 笑)

 

【あなた】  


 そう。

 

 それが、しんちゃんの本当の姿だわ

 

 わたしはね、

 

 もう一度言うけれど、


 この事について

 

「しんちゃんてすごいなー」と

 

 思ってるのはね、

 

 白しんちゃんで認識されていて、

 

 良い人だと思われている現象を、

 

 わざわざ壊そうとしている所なんだよね。

 

 逆ならわかる。


 図らずも黒しんちゃんとして

 

 認識されてしまった。苦しい。

 

 俺はもっといいヤツなのに‥‥

 

 それ、

 

 わかってもらいたいーーーて言うならね、

 

 そりゃーそーだよねー、てなる。

 

 なのに、あなたは


 よく思われてる事を、

 

 わざわざ悪い(と世間ではされる)方に

 

 持って行きたい、と言う。

 

 こりゃー、相当なバカ・・

 

 まことの変態。

 

 いえいえ、

 

 相当に心のきれいな人だと

 

 言わざるを得ないんですよねー。

 

 ウン。

 

 1000円貰ったから言ってるんではなく(笑)

 

 【わたし】


 またせたなぁ!

 

 真の俺を解放させちまって、

 

 どうなっても、知らんぞ、ぼうず。

 

【あなた】 


 待ってましたー!

 

 【わたし】

 

 かなり、殻が硬くってな。

 

 相当強い力で封じ込めてたからなぁ。

 

 【あなた】    


 ひゅーひゅー


 ほんま、なー


 硬かったなぁー


 わたしほどでは、ないがな(笑)

 

 【わたし】

 

  (え?あんた硬いの?)


 あんたの方が、

 

 よっぽど恐ろしい方と、

 

 お見受けしますが。

 

【あなた】   


 フフフ

 

 敵に回した日にゃあ


 阿修羅がやって来るぜ!

 

                つづく

続きを読むには↓

自分が好きですか?(対談3) - わたしからあなたへ

 

前回を読むには↓

自分が好きですか?(対談1) - わたしからあなたへ

 

 「あなたへ」 

 

この対談!!

 

一体どこに向かうのでしょうか??

 

さあ、1週間が始まります。

 

月曜日・・・。

 

うーん。

 

いろいろとまあ、

 

あるとは思うけど、

 

やっていきましょうか。

 

      に参加しています。

↑ ↓バナーでも押せます。)

大きな励みになります。

是非のバナーをクリックして頂けると嬉しいです!!