わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

自分が好きですか?(対談3)

『まるごと見つめて 

https://www.instagram.com/p/Bg_MBSVgZ67/

「祓戸大神」 by S

 

  【わたし】

 

    あんたの方が、

 

 よっぽど恐ろしい方と、

 

 お見受けしますが。

 

【あなた】   


 フフフ

 

 敵に回した日にゃあ


 阿修羅がやって来るぜ!

 

  【わたし】

 

 あんたぁ、

 

  不動とか阿修羅とか、

 

  仏像関係多くないか?

 

【あなた】  

 

 仏像が、ぶつぞう (笑)!


 いやいや、ホント

 

 読者の皆さんには


 もっと沢山のしんちゃんを


 見て頂きたいんです、わたし


 この人の愛は、


 もーーっと、奥深い!


 もーーっと、捻れてる!


 【わたし】

  

 はーう。 

 

 イメージがあ!

 

 半年かけて作ったイメージがあ!

  

 【あなた】  

 いやいや、しんちゃん。

 

 アンタ、作ってへんでしょ?


 んなイメージなんて。

 

 勝手に出来上がっちゃっただけでしょ?


 可愛こぶって来てたから〜(笑)


 ほんで、


 バラして欲しかったくせにぃー

 

 【わたし】

 

 そうだね、そういや、正直に書いたと思うよ。

 

 別にいいイメージを持って欲しいなんて、

 

 一ミリも考えてなかった。

 

 むしろあるがままに表現したつもりだ。

 

 そうそう、本性をバラして、

 

 楽になりたかったな。

 

 【あなた】     

  うん。


 あの時、あの期間は


 本当に、優しいしんちゃんが台頭してたんだよね。

 

 ウン。

 

 わかってるから、そこはちゃーんと。


 でも


 時は流れ


 時節は移り

 黒しんちゃんが、 


 むくむくして来た


 今度はこっちに


 陽の目を見させろ、と

 

 【わたし】

 

 そうなんだよ。


 ぶち壊したくなるんだよ。


 イメージとか、


 幻想とか、


 重たい服みたいで。

 

 邪魔だ!


 期待とか、裏切りたい!

 

  【あなた】

 

 コラコラコラコラ〜!


 チョイチョイチョイチョーイ

 

 せっかく1000円もらって、

 

 これでも発言控えてるのに、

 

 アンタそんなハッキリゆうて、

 

 ええんかいなー


 「裏切りたい!」

 

 て!!

 

 でもまあ、そうだよね。


 どちらも出せて、やっと


 バランスが取れるんだもの

 

 【わたし】

 

 何を今更、ガタガタ言ってんだよ!

 

 おめーが、

 

 俺の本性を引き出したんだろうが!
 

 【あなた】   


 やりましょう。

 

 裏切りましょう。


 でもね、


 それ、

 裏切りじゃあないですから

 

 【わたし】

 

 え?


 そうなの?

 

 【あなた】

 

 Newしんちゃん、な訳で


 読者さんにしたら


 もう一皿、

 

 メインディッシュありました!!

 

 みたいな、お得感♡


 一粒で二度美味しい♡

  

 【わたし】

 

 ほんとかよ( 笑)


 すんずられねーずら、おら。

 

 【あなた】  

 

 善極まれば悪となり、


 悪極まれば善となる。


 すんずなさい (笑)

 

 このわたくすを。

 

 【わたす】


    おめーさ、


 すんずたい、おら。

 

   【あなた】   

 

   この、究極の善と悪は


   無限ループです

 

  すんずろー、オラを〜

 

 【わたし】

 

  この黒しんちゃんを、

 

 地球で解放してもよろしいんですかあ?

 

 【あなた】  

 

 許す!


 出せ


 放出ぢゃ

 

   おまんの悪には絶対愛が底にある

 

 愛極まっての悪だと

 

 わしは知っておる

 

 (誰やねん(笑))

 

 【わたし】

 

 あんたぁ!


 誰なんですかぁ!?

 

  そうなんですか!

 

 ただの

 

 風変わりな悪人だと思ってたんです。


 変態的悪人。

 

  【あなた】  

 

 否!

 

 ただの悪人には非らず!

 

 変態は、そう(笑)

 

 否定せぬ。

 

 【わたし】

 

  否定しろ(笑)

 

 あんた!


 誰なんすか?


 マジで!


 いろいろあんたの方がすごいぞ。

 

 

 【あなた】 

 

 え?


 ワシ?


 ワシは、わたしのあなた、

 

    じゃ言うとろうが!


 わたしのあなた、ぢゃわ。


 ・・・と、いうわけで


(どういうわけだったのだろう)

  

 しんちゃんには、

 

 白しんちゃんと、

 

   相当な黒しんちゃんとがおります。


 この黒しんちゃん。


 実は相当、陽の目を見たがってます。


 暴言吐きますよぉ〜?

 

 冷たいですよぉ〜?

 

 驚きの塩対応!ですよぉ〜?

 

 な、クセに、

 

 ナヨナヨしたりも、しますんですよぉ〜?

 

 そーいう事で

 

 これから、

 

 どんな形で黒しんちゃんが

 

     顔を出すかはわかりませんが、

 

 白しん、黒しんが揃う事に


 わたしは大きな意味があると捉えています。


(おわ?真面目!)

 

 白しん、黒しん、


 どちらも、しんちゃん。

 

 【わたし】

 

 そうなんですかぁ!

 

 両者居ても、よろしいのですか?

 

 しかも、黒の封印を解いても。

 

   【あなた】

    
 はい! そう思ってオリマス!

 

 【わたし】


 ところで、今回のテーマはなんだっけ?

 

 【あなた】   

 

 自分が好きですか?

 

 です。

 

 【わたし】


 そうか!

 

 すっかり忘れてた。


 なら、自分の事。


 好きでも嫌いでもない。


 が答えだ。


 でも、

 

 黒しんちゃんが出せたら、

 

 もう少し好きになれるかも。

 

【あなた】   


 もー、最高な回答です!!

 

 アンタ、

 

 ムカつく程にしあわせなヤツやなぁっ!

 

 【わたし】


 え?


 褒められるとは?

 

  【あなた】  

 

 これ、褒めへん人、おる??


 『あの〜、、しんちゃん?

 

 今度わたしに、


 自分を好きになる秘訣・・・

 
 教えて?? (^_^;)』って言ったら、

 

 「知るかボケー!

 

 てめえでやりやがれー!」

 

 て、ゆーんですよ?みなさん。

 

 この人絶対!

 

 これが黒しんちゃん、ですよ!

 

 愛に溢れておりますねぇー!

 

 【わたし】

 

 別に無理してまで、


 好きにならなくていいんだよ、

 

 自分を大大好きの方が、

 

 なんか気持ち悪いわ。

 

 しかし、それが何故、

 

 愛に溢れているんだ?

 

 【あなた】  

 

 ・・・・・

 自分で考えてください

 

 たまには・・・。

 

【わたし】


 ひひー。


 この人なんか怖いわ ー

 

【あなた】 


 ヒーッヒッヒッヒッ (笑)

 

【わたし】

 

 おい!

 

 そろそろ終わりにしないと。

 

 一体この話の、


 オチはどうなるのだ?

 

【あなた】    


 オチはー、、、

 自分を好きだろうが


 嫌いだろうが〜
 
 バランスが取れてようが


 取れてなかろうが〜

 

 整合性が取れてようが


 取れてなかろうが〜

 
 全部、

 

 包み隠さず出してくれる目の前の人を


 愛する事こそが〜

 

 この世をめーーっちゃハッピーにする〜♡


 んじゃない、っすかねー

 

 て、ワシ、思うんすよー。


 ホラ、こーやって、

 

 ワシがしんちゃんのすべてを愛してるようにー・・

 

 イーヒッヒッヒッヒッヒッ (笑)

 

 【わたし】


 あなた、だれ?

 

 あなた、だれなんですかー?

 

 すでに、

 

 かなり大物感漂ってますけどー!

 

 あんたはだれなんだぁー!

 

 【あなた】   


 まるっ、と


 愛することがー、、ね!

 

 だからぁ

 

 わたしのあなた、

 

 ですよぉ🎵

 

自分が好きですか?対談 完

 

前回分を読むには↓

自分が好きですか?(対談2) - わたしからあなたへ

 

「あなたへ」 

 

誰なんでしょう、いったい。

 

おもろい人でした。

 

さて、

 

私の場合。

 

自分の事をありのままに、

 

見つめる事が出来ていると、

 

他者に対して寛容になれる気がします。

 

私のいい加減さ。

 

弱さ。

 

悪意。

 

ずるさ。

 

それを他者に見た時、

 

他者の中に自分を見るのです。

 

まあ、俺も変わらんなぁって

 

そう想う事があります。

 

自分の在り方を変えるのは、

 

とても難しい事ですが、

 

他者をありのままに見つめる事は、

 

それよりずっと簡単です。

 

それが出来るだけで世界はずっと、

 

より良く優しくなるそうです。

 

ただし、

 

俺はそれが出来ている訳ではありません。

 

自分は良くても、 

 

他人はダメ!なんて

 

想う心は沢山あります(笑)

 

まあ、なんであれ。

 

今日を生きていきましょう。

 

素晴らしい1日になりますように。

       に参加しています。

↑ ↓バナーでも押せます。)

大きな励みになります。

是非のバナーをクリックして頂けると嬉しいです!!