わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

風が空間を満たす時

「あなたへ」

https://www.instagram.com/p/BmFOrUklrEN/

「夢」 by S

 

8月も半ばを過ぎました。

 

朝、夕はすっかり秋の風が吹いていますね。

 

季節が変わる前、

 

まずはその先にある季節の風が、

 

気づかれないように、そっと吹くような気がします。

 

静かに、やがて、確かなものに。

 

その先の季節の風が、その空間に満たされた時、

 

その季節そのものになる様に感じます。

 

私達は今日も無事生きてきました。

 

目の前にある現実と言われる存在は、

 

瞬く間に変化して、過ぎ去ります。

 

こんなに苦しい想いもした。

 

こんなに安らかな想いもした。

 

ふと、今から見つめてみれば、

 

それはもう夢の様です。

 

 

そして、今。

 

秋の虫が鳴いている。

 

どんな未来が待っているのでしょうか?

 

その先の風は、もう静かに吹いている事でしょう。

 

幸せな気持ちでいろよ、この野郎(己の事です)。

 

この夢の様な現実も、

 

いつか終わりが来るのでしょう。

 

生きる価値がなくとも、

 

生きる意味がなくとも、

 

存在している事すら苦しくとも。

 

バタバタしながら、

 

すがったり、

 

泣きわめいたり、

 

無様なままで、

 

私は生きていく事にしています。

 

 私達にとって、

 

素晴らしい1日でありますように。

 

 

 いつもバナーを押して応援をして下さる方、

本当にいつもありがとう。感謝しています。

      に参加しています。

↑ ↓バナーでも押せます。)

大きな励みになります。

是非のバナーをクリックして頂けると嬉しいです!!