わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

タオルを投げてくれ

「あなたへ」

https://www.instagram.com/p/BwKBZ2sH8r3/「八坂神社」byS

 

タオルを投げる

ボクシングで、敗色濃厚で選手がこれ以上戦えないと判断して、その選手のセコンドがリング内にタオルを投げ入れ、試合の放棄を表明すること。 転じて、意欲を喪失して中途でやめるたとえ。

 

 今週おわったー!!

 

週の始まりから激務。

 

木曜日の時点で、

 

まだ明日も仕事だと思い出した時、

 

失神KO寸前。

 

セコンドは不在。

 

誰か、

 

タオルを投げてくれ。

 

一人ぼやきながら、  

 

ふらつく足でコーナーに帰りました。

 

 

最終ラウンドの今朝、

 

ささいな事で、

 

くわッ!!と、

 

f:id:sintamsc:20190412205624p:image

 

不動明王の様な表情になってしまいました。

 

自分の感情の沸点が、

 

異常に低い事を確認しました。

 

これは・・・、いかん。

 

これは、

 

人と適切な距離感をとらなければならぬ。

 

私はフラつく足取りで、

 

最終ラウンドに向かいました。

 

カーン

 

さあ、

 

朝っぱらから、

 

提出期限が差し迫った重要な申請業務。

 

責任が重い・・・・。

 

うおー

 

とやってると、

 

電話が鳴る、鳴る。

 

ピクピクっ!

 

普段こんなに、

 

鳴らないだろが!

 

フーハーフーハー。

 

明王になってはならぬ。

 

俺の中の菩薩よ、

 

出ってこーい!

 

落ち着け。

 

と、励まし頑張る。

 

なんとか完成し、

 

実力者おGさんに、

 

書類を確認してもらう。

 

おGさん

 

「ここの数字違うと思うぞ。」

 

「なぬ!」

 

ピクピクッ!

 

誰かタオル投げてくれ・・・。

 

 

気付くと12時!!

 

はっ!

 

13時からは訪問して打ち合わせだ。

 

 

今日は、

 

昼寝も出来ねーじゃねーか!!

 

 ピクピクッ!!

 

明王の表情のまま、

 

私は車を飛ばした。

 

そして、

 

訪問先に到着。

 

 

初めてお会いする方達。

 

失礼があってはならぬ。

 

 

明王の表情から、

 

爽やかオジサンに切り替えて、

 

3時間の話し合い。

 

終了!!

 

ぐはー!

 

ゼェゼェ・・・

 

もうダメだ・・・。

 

私の小さな脳みそが、

 

完全にオーバーヒート。

 

脳みそがはみ出してしまっている・・・。

 

16時!!

 

また職場に戻るんか!!

 

 

くわッ!!

 

もう試合を止めていいぞ!

 

誰か!タオルを投げてくれ。

 

私は脳みそを抑えながら、

 

車を運転し帰社。

 

グロッキー状態で、

 

報告を完了。

 

そして、

 

ようやく、

 

待ちに待った、

 

試合終了のゴング!!

 

カンカンカン!!

 

疲れ果てたオジサンは、

 

帰り道、

 

f:id:sintamsc:20190320202927j:image

 

 

を買って、帰路に着いたそうな・・・。

 

 


 

以上でございます。