わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

自分の座標を知るために(1)

「君に紡ぎし言の葉の出ずる」

f:id:sintamsc:20190422220405j:image
「信念」byS

おのれの瞳を


おのれの瞳で見ることは


出来ぬ、かなわぬ

 

おのれの姿


おのれの望みを湛えたその瞳を


直接見るには

 

他者の瞳に、おのれを映すこと

 

他者の瞳を通じ


その他者の内側から


おのれの瞳を


見るしか


それよりほかには


手立ては、ない

 

おのれの内側


おのれの望み


それを湛えた


おのれの姿(顕れ)を


見たいと求めること

 

そして、


それをただしく

 

映してくれる他者の存在

 

このふたつが


奇跡的に合わさって

 

おのれは


おのれを


みつめることが出来る

 

 

その他者とは


おのれへの愛なくしては


その役には就き得ぬ存在であり、


また、おのれの側にも


その者への愛なくしては、

 

その内側には

 

入りえぬ存在で在り合う

                                        

  byトリニティ