わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

東京出張とあとがき

『あなたへ』

f:id:sintamsc:20190517193846j:image

 

今日は仕事で東京に出張!!

 

目的地は、国会議事堂駅、

 

参議院議員会館。

 

f:id:sintamsc:20190517194129j:image

 

場所だけ聞くと、

 

何か特別な事をしてそうですが、

 

大した事はしておらん!!

 

東京の空は青く、

 

ビルと空のコントラストも、

 

意外にも美しいものでした。

 

仕事の内容については特に触れません(笑)

 

さて、話は昨日に戻ります。

 

久しぶりに書いた物語でした。

 

なかなか仕事との両立は大変な事でしたが、

 

夢中になって、

 

自分でも笑いながら書いてました。

 

多分一番自分が楽しんでいます。

 

そして、

 

物語を進めていくうちに、

 

読んでる方も徐々に増えて行くのが、

 

張り合いになり、

 

尚更モチベーションが上がりましたね。

 

本当にありがとう。

 

しかし、

 

神様は試練をお与えになる!

 

昨日は翌日、

 

東京に出張するので、

 

早く寝なければならない!!

 

と気合を入れ集中して書いていました。

 

さあ!最後の言葉を書き終える!って

 

ところで、

 

インターネットが切れて後半の文章が、

 

消えた時はマジで、

 

気が狂いそうになりました(笑)

 

しかーし、

 

最近その様な経験を何度も味わっているので、

 

免疫はある!

 

けれども、本当に泣きたかった。

 

が!投げ出さずやり切った!

 

こんな俺にも、

 

少しずつ忍耐力もついて来たようです。

 

でも、

 

試練って嫌だよなあ。

 

書き直す以上、

 

さっきよりも、

 

良いものを書いてやる!

 

という闘志で踏ん張りました。

 

さてさて、

 

今回の旅は、

 

おじいちゃんが夢に出てきたのが、

 

きっかけで始まりました。

 

物語の始めにも少し触れましたが、

 

おじいちゃんが夢に出てきたのは、2回目。

 

1回目は、

 

確かおじいちゃんが他界した直後だった思います。

 

夢の中の状況は、

 

アルプス山脈のような山小屋。

 

空は青く、

 

山には薄っすらと雪が残っています。

 

私の実家の家族と、

 

おじいちゃんのお別れの場面でした。

 

その場面は、

 

もう会えないという深刻さはなく、

 

帰省してお別れをするような感じでした。

 

私もおじいちゃんに、

 

さよならを伝えるのですが、

 

おじいちゃんは、

 

私の肩をがっちり組み、

 

私を見送る側の一員の様に、

 

帰してくれないのです。

 

「おじいちゃん、俺も行かなきゃ。

 

 俺も帰るんだよ」

 

夢の中の私は困っていました。

 

それがおじいちゃんが出てきた最初の夢です。

 

母方の祖父と私との関係性は、

 

特別強いものだった自覚はありません。 

 

中学生くらいまでは、

 

長期休みには、

 

母の実家である長野県に、

 

帰省する事も多く、

 

私は鼻血が出る程楽しみにしてました。

 

理由は大好きないとこが居た事。

 

と、

 

カブトムシが取れたからです(笑)

 

が、 

 

高校生以降は帰省する回数も大幅に減りました。

 

また私は特別おじいちゃんっ子という訳でもなく、

 

特別な愛着がお互いあるとは思っていませんでした。

 

ですから、何故夢に出てくるのか?

 

不思議な気持ちがしました。

 

今回旅するきっかけになった夢を見た時、

 

私は母親に尋ねました。

 

「おじいちゃんが、

 

 要所で夢に出てくるのはどういう訳だろう?」

 

 

はっきりした事は分かりませんでしたが、 

 

私の存在を少し気にかけている節があったようです。

 

たまたま偶然の夢かもしれませんが、

 

とにかく、

 

おじいちゃんが夢に出て来てくれたおかげで、

 

私はおばあちゃんに会うきっかけを頂きました。

 

そして、

 

戸隠神社の素晴らしい旅も出来ました。

 

また、

 

こうして物語を書く事が出来ました。

 

 

あらゆる出来事は、

 

どの様にも受け取る事が出来る自由が、

 

私達に与えられています。

 

どのように解釈をしても、

 

良い自由です。

 

それはよく考えると、

 

とんでもなく重要な、

 

事柄だと思います。

 

それが生きる全てだと言っても、

 

大袈裟ではないような気がします。

 

私達には、

 

起きた現象に対して、

 

どんな解釈をしても、

 

良い自由が与えられ、

 

そして、

 

他者はそれを奪う事は、

 

決して出来ない。

 

それはつまり、

 

幸福も不幸も、

 

私達の身の内という事。

 

神様は.

 

人間になんと大きな可能性を、

 

与えて下さっているのか。

 

今日はここまでにします。

 

明日はチビ達の運動会ですから。

 

 あ!

 

応援クッリクをありがとう!!

 

とても、嬉しかったです!

 

ボタンはいつでも置いてあるからね(笑)

 

押してくれると、いつだって嬉しい!!