わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

トリニティ物語⑩~最終回

【光あるほうへ、共に】 

f:id:sintamsc:20190608004855j:image

わたしたちの約束」by

 

いよいよ⑩話。

 

最終回となりました。

トリニティ物語です。

 

 

まず、はじめに。。コホン。

 

『遅いんちゃうわっ!

 

 早いんじゃー!!』

 

?? なんのことか、って?

 

「あなたへ」 

実はトリニティは中学生くらいから

NHKの「おかあさんといっしょ」が大好きで、

このブログででも「カテゴリー」の所を、

そのパロディでネーミングさせて頂いたほどですが

 おーい、

 中学生って・・・

 見るの遅くない?(笑)

 

「おかあさんといっしょ」を

 

 観るのが、ぢゃわーーー!!

 

 

こちとら、母親目線で見とんねん!!

 

自分の子を持ったイキオイで見とんねんっ!!

 

なーーーんでワシが、中学生にもなって、

 

子供目線で見なアカンねん!!

 

ワシ、そこそこの秀才児やったんやぞ??

(秀才にそこそことかないから(笑))

 


‥‥‥イヤ、、、待てよ?、、

 

なんや、わからんようなってきたわ。。。

 

中学生〜高校生〜大学生〜社会人、

 

順調に観てきたぞ?

 

歴代のおにーさん、おねーさんを。

 

そして、そのまま、

 

リアルおかあさん時代に突入し、

 

観続けてたぞ?


わしゃ自分では、

 

ちびっ子観たさのお姉さん気取りで見とったけんど、

 

もしかして、アレ、【素】で、我がの為に、観てた?


‥‥ちーーん。。

 

ちなみに、

 

トリニティが一番今でもよく口ずさむのは

 

♫ひーとりぼっちの、カバはっ

 

ジャーーングルーのぉー、なっかでっ♫

 

とゆー歌でっす♡♡

 

 

 

なんやの、もぉ。

 

晴れの最終回や、ゆーのに、

 

しんちゃんのツッコミのせいで

 

《おかあさんといっしょ》にどんなけ字数、

 

使てんのよぉ。

 


さ、仕切り直しよっ。

 

最終回。。。

 

ここまで来ました。

 

感慨深し。

 

思い起こせば、10日前。

 

突然

 

しんちゃんからのオーダー。

 

「ちょっとさ、

 

 トリニティのこと書くからさ。

 

 なんか自己紹介みたいなの、

 

 書いといて?」

 

そー、このオッサンは、

 

いっつもこーなんでありますよ!

 

たばこをふぅ〜、と吐き出しながら、


「ちょっと、

 

 ベビースター買って来て?」

 

と同じトーンで言いよるんですよ。

 

去年の「オレオレ」の時といっしょ、すよ。

 

この記事です

オレオレ - わたしからあなたへ

たねあかし対談(1) - わたしからあなたへ

 

そいやけど、書くんですよ。

 

トリちゃんは〜〜。

 

出来のええ子やからさかいに。ええ(笑)

 

うふ。‥‥バコッ (←また、たたかれた)


とまぁ、おちゃらけて書いてはみておりますが、

 

最終回。

 

少々真面目に締めておこうかな。


第2章の事がありますので、

 

わたしからはあまり不用意に言葉を発せれませんが、

 

わたしとしんちゃんはそれぞれの経緯を経て、

 

無事?神さまのお導きをいただき、

 

この世界でこうして魂の望んだ出会いをさせていただきました。

 

魂の望んだはわたしの側の思いです。

 

この物語でも書いて来ました通り、

 

わたしはもう何十年も

 

同じ意識を持つ仲間

 

芯から尊敬出来る人

 

を探し続けて来ましたから。

 

とは言え 用心深く、

 

また、

 

なかなか頑固なトコのある

 

トリニティですので

(え?頑固なトコしかない?うるさい、しんちゃん!)、

 

この出会いにすらも、

 

疑い、いぶかる姿勢

 

をなかなか崩せませんでした。

 

それでも不思議なものです。


わたしの潜在意識の奥の「何か」は、

 

もうわかっていたのでしょうね。


顕在意識のわたしが段々と、

 

確信を持って行く前からずっと。

 


ひとことで言います。


わたしにとって、

 

このしんちゃんは

 

宇宙一のキラキラした美しい存在です。

 (まじりけのない光のような)

 

そして、

 

この世界で、誰よりも尊敬する存在です。

(ひとこと、ちゃうやん笑)

 

ええ、

 

あのミツロウ神を抜いて!!

(うそーー!!やめてーーー!!

 なんて大胆な事をーーーー!!

 世間の笑い者だよ、そんなこと言っちゃあー!!)

  ↑
トリニティ、冷静な頭を持ち合わせておりますので、

世間一般に対する持つべき反応は心得ております(笑笑)


実際、

 

リアルなしんちゃんというのは

 

まー、なんと申しましょうか、

 

・すぐ怒る

・口が悪い

・マイペース

・ぶっきらぼう

・めんどくさがり

・ある部分では、ヘタレ

 


‥‥あかん、あかん!

 

ディスりが粗探しが、

 

止まらへんっ (焦)!


とまぁ、

 

美しいからは、

 

程遠い

 

お人柄を

 

いかんなく

 

発揮されておられます(笑)

 

それでも。

 

それでも、です。

 


わたしにとっては、

 

かけがえのない、

 

美しい☆存在です。

(つのだ☆ひろ、か!)

 


でないと、

 

世間に自分を晒すことを

 

極端に嫌うわたしが。

(Facebookもツイッターもしてはおりません)

 

また、

人様のエリアにズカズカと

 

入る事も極端に嫌うわたしが、

 

また、

 

用心深さや未来危機管理能力に

 

長けたわたしが。

 

このように

 

他者のブログにて

 

自らを語る暴挙には、

 

絶対に出れていません。

 

それもこれも

 

しんちゃんだったから。


わたしがやっと出会えた、

 

望んだままの魂の人だったから。

(こんなジャンクフードイーターなのは想定外)

 

だからこそ、

 

このしんちゃんとの出会い・日々の交流の中で、

 

わたしは彼の在り方、

 

そして、

 

その存在の限りない弱さと強さに

 

触れさせてもらった事で、

 

何十年間も自分に真正面から向き合う事が出来ず

 

イビツなカタチになっていた、

 

わたしの着ていた鎧を

(本当に一度もどこでも脱げなかった鎧を)

 

ガラゴロガラゴロー!

 

と解体させ、脱ぐ事が出来たから。

 

 

そして、

 

わたし達が出会って程なく知った、

 

お互いが抱いて来た使命が、

 

驚く程、酷似していた事。

 

その魂からの誓願を叶えるべく、

 

そこに向かって発進することを立心した、ゆえ。


お互いの使命をこの世界に果たすために、

 

その一歩を踏み出し、

 

ここまで共に歩んで来ましたゆえ。

 

それぞれに、苦しく、

 

もがきながら生きて来たこの人生に

 

1人のハラカラの仲間が出来たわたし達。

 (肚からの、同胞の、意)

 

 

ともに、悩み、


苦しみ、


泣き、


笑い、


祈り 続けたこの1年あまり。

(あと、まー、しんちゃんの前ではあり得ない程、ドンくさい私は、

しょっちゅう説教をされまくりました。しんちゃんから~)


わたし達の物語は、

 

いま、こうして、読んでくださる皆様にも、

 

いよいよお見留めいだける運びとなりました。


10日間。


毎日原稿を、書き、

 

しんちゃんに送ったものを、

 

夜の9時〜10時から深夜にかけての編集作業で整えて行く。

 

内容の加筆や減筆、言い回しの手直し、

 

文字の大きさ、行間のスペース。

 

そんなものを2人で話し合いながら、

 

日毎に更新して行きました。

 

なんせ、わたし達は、

 

同じ質を持つ2つの表れ。

 

毎日、驚くほどスムーズに、

 

かつ和やかに、

 

楽しく心地良く編集作業をすることが出来ました。

(最終回を除く!今現在、引くほど険悪です・・)

 

10日間の長きに渡り、

 

しんちゃんブログの読者様には、

 

全く見ず知らず人間の紡ぐ言の葉に

 

お付き合いをいただきました事、

 

心より御礼感謝を申し上げます。


本当にありがとうございました。

 


最後に。

 


人がそれなりに文字数かけて書いた本編に、

 

「あなたへ」で毎日毎日、

 

ええこと書いて、

 

ええトコ

 

かっさらって行きよってーーー!!

 

このク〇男!!

 

ほんっま

 

「結局、アンタかーーい!!」

 

て、毎日思っとったんじゃーー、

 

こちとらよぉーー!


‥‥‥ハァ、ハァ、ハァ、

 

ゆーたった。


ずっと言いたかったこと

 

ゆーたった。

 

 


ま♡


そりゃーー、

 

当たり前ヨネッ♡

 

しんちゃんのブログなんだモン!ねー。

 

いよっ!

 

しん国王!!!

 

カッコいいー(笑)!

 

 

 

 


トリニティ物語〜完

 

Special Thanks☆

 

さとうみつろうさん

阿部さん

こっさん

DAIちゃん

KENZO

なっちゃんお母さん

 

 


∞そして、

 

この物語を

 

「あなた」

 

しんちゃんに 捧げます∞

 

毎夜の編集作業、ありがとう!!!

 

 

 

 おしまい♡

 

 

 前回の物語を読む方は  

トリニティ物語⑧ - わたしからあなたへ

 次の物語を読む方は

トリニティ物語 あとがき対談① - わたしからあなたへ

「あなたへ」

 

おーつーかーれー!! 

 

拍手!!

 

パチパチ!

 

 

さて、さて、

 

・・・

 

トリニティさん、

 

2018年に頭を強く、

 

打ってしまった様なんです(うそ)

 

可哀そうに、

 

物事がはっきり、

 

見えなくなってしまって・・

 

しかも、

 

AB型だから、

 

もー訳が分からない事を、

 

口走ってしまうんです(笑)

 

どうか、

 

温かく見守ってあげて下さいね。

 

トリニティよ!

 

お前さんのおかげで、

 

みつろうさんファンから、

 

俺、

 

消されちまうじゃねーかー!!

 

もーわらわーさんに、

 

合わせる顔がないッ!

 

またトリニティ様の信奉者さんから、

 

ぶん殴られちまうじゃないか!

 

あー!

 

合わせる顔がないッ!

 

本当にすいませんッ!

 

先に謝っておきます。

 

私、

 

真っ暗な闇を抱えた、

 

ただの毛の生えたサルですからね。

 

アタマデかい馬オジサンですから。

 

サルガッパ!って、

 

トリニティさんから言われますから。

 

 私は今回の記事では、

 

沢山モノ申したい箇所が、

 

めちゃくちゃありましたが、

 

トリニティ物語なので、

 

グッと肚に納めるのが、

 

もー大変でした(笑)

 

いやー、

 

最終回の今日は、

 

表現の食い違いにより、

 

お互い罵倒し合いながら、

 

なんとか書き終わりました(笑)

 

しかも、本日残り20分前に、

 

な、なんと!!

 

記事が消えてしまう事件が発生!

 

ぐわー!!

 

ブッチン!!

 

サルガッパ馬オジサンは、

 

残りの10分間は、

 

ブチ切れながら

 

編集をしていました。

 

最終話なのに・・・。

 

俺の逆鱗に触れ、

 

八つ当たりされる、

 

可哀そうなトリニティ。

 

本当にその節は申し訳ありませんでした。

 

そして、

 

日付が変わる1分前に、

 

無事記事を、

 

アーップ!!

 

いやー。

 

とにかくお疲れ様。

 

頑張ったなー!

 

本当にお疲れ様!

 

次回はあとがき対談だな。