わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

トリニティ物語 あとがき対談①

『そしてつづく導き』

f:id:sintamsc:20190608210218j:image

『祈念の印』by s

 

【あとがき対談】

 

しんちゃん(以下:しん)

本当にお疲れ様でした、

 

トリニティさん。

 

トリニティ (以下:トリ)

なんなん、それ、さん付け。

 

はい、お疲れ様でした。

 

本当に、しんちゃんも、

 

自分で書くより大変だったと思います。

 

ありがとうございました。

 

しん:

 

いえいえ、楽しかったよ。

 

ところで、

 

10日間俺のブログで物語を描いた印象は

 

率直にどうでした?

 

トリ:

はい。いろいろあります。

 

長くなりますよ (笑)?

 

しん:

いや!

 

そこは短くお願いします(笑)

 

まず感情としてはどんな感情なんですか?

 

楽しかった?苦しかった?

 

すっきりした?解放された?とか。

 

トリ:

えーと、

 

不完全燃焼です!

 

しん:

爆笑

 

そらそうだよね(笑)

 

限られた制限の中で、

 

しかも人のブログの中で、

 

また時に鬼軍曹に変貌する男の機嫌を、

 

伺いながらやるのは、

 

さぞ大変だったことでしょう(笑)


ハッ!ちょっと待って?

 

俺のキャラクター知らん間に、

 

めっちゃ崩壊してるじゃん!

 

地が出ちまってるわ!

 

 

トリ:

うふ。

 

念願叶って、

 

黒しんちゃんレギュラー化(笑)

 

お。

 

 

まさか!の労いを、

 

くださいました。

 

しん:

そーゆー言い方やめてくれる?

 

そーゆーのが誤解を生むから。

 

トリ:

だって‥‥

 

「あれを書け、これは書くな、

 

  ここをこうしろ、

 

   あそこは要らない」

 

しん:

爆笑

 

トリ:

(笑)そやけどね。

 

自分の稚ブログでも、

 

ここまでは書いてない内容を、

 

こうして生み出せた事は、

 

とても感慨深いモノがありましたよ。

 

実はこの物語を描くこの流れこそが、

 

それが物語になるほどの、

 

私にとっては不思議な流れでした。


個人的に私のこの半年に起きた、

 

大きな転換を漏らす事なく、

 

しんちゃんは見続けて来てくれていましたよね。


その流れの中で

「安物のドラマでもこんな事ないぞ!」

 

というほどの奇跡や不思議や偶然の連続で

 

生み出されたトリニティ物語だったと思っています。


真面目に語ったわ(笑)

 

 

しん:

 

(え?ブログ書いてんの?トリニティ?ボソッ)

 

そうか。そうだったよな、

 

ご存知のように、

 

俺は未来に計画を立てる事が嫌いで、

 

何でもその時の感覚で、

 

物事を選択をするんだけれど、

 

今回の事も確かに、

 

何かの力に運ばれているような気がしていました。


それと、

 

トリニティも俺と同じで、

 

目立つことが好きではなく、

 

できれば影に隠れて人の見えないところで、

 

ひっそりと生きていく事が性分であります。

 

そこをお忘れなくいただければ幸いです。

 

まぁ、まずこの2人の実情は、

 

そこからかけ離れてはいるんですが‥‥。

 

トリ:

ええ。そうなんです。


私もしんちゃんも裏方が好きな性分なんです。

 

でも気づけばいつも、

 

誰よりも目立つ場所に

 

駆り出されてしまう‥‥。

 

しん:

(俺はトリニティほどではないけどね、ボソ)

 

俺も今回は楽しく編集したり、

 

一読者として物語を読ませてもらいましたが、

 

そこでとても印象深かったのは、

 

他者の文章なのに、

 

自分が書く言葉の温度というか、

 

トーンとかリズム等が、

 

なんだか、

 

すごく自分と、

似てる気がしたんだよな。

 

初めて他者の文章でこういうことを感じたな。

 

 

トリ:

あ、わかる。それなー。


どっちが書いた文章か?

 

分からなくなる時があるもんね。

 

このブログに限らず。

 

だいたいあれやん、

 

『オレオレ』も全然イケとったもんなー。

 

(自画自賛 笑)

 

※無理やり書かされた過去の記事の事↓

オレオレ - わたしからあなたへ

 

しん:

まー。

 

トリニティさんは天才だからね!

 

トリ:

神に言われたくないわ!

 

しん:

そーゆーの、

 

もうやめよ?(笑)

 

ホントに。

 

トリ:

そうやね(笑)。

 

これ、

 

実はディスり合って、

自滅し合ってるもんね。

 

ちゃうんよ。ほんまに元々似てるんよー。

 

で、

似てる事はどう思ってますか?

 

しん:

不思議ですね。

 

トリ:

フツーかよ!

 

しん:

読んでる方もそういう風に感じるのかなあ?

 

トリ:

どうやろうねぇ。

 

しん:

コメントは怖くて聞けません(笑)

 

トリ:

でも、

 

私はいつも、

 

申し訳わけなく思っていたよ。

 

しんちゃんファンの皆さんには。

 

 

しん:

ファンの方?

 

そんな方は見えませんからっ!

 

そうそう、

 

俺がそもそもブログを書き始めたのは、

 

見えない存在から命令されて(笑)、

 

『ブログかけー!』って

 

書いたのが、きっかけだから。

 

自分にとって大切なブログではあるけれど、

 

ある意味、

 

自分のモノと言う感覚が希薄なんだよ。

 

自分の所有という概念がね。

 

だからこそ、

 

今回トリニティーに書いてもらおうと、

 

湧き上がった事は、

 

もしかしたら?

 

天の意かも?

 

と感じるところがあったんだ。

 

俺のブログはもはや、

 

個のモノではなく、『何か』の為に、

 

書かされている気もしているんだ。

(内容はロクでもないのが、ほとんどですが)

 

まさに、

 

今回のトリニティに書いてもらうという事も、

 

そーゆー事に繋がっているかもしれないなぁと、

 

ぼんやり考えていたよ。

 

 

トリ:

そっか。

 

そう言ってもらえると私も気が楽になったよ。

 

ありがとう。


あ、あとね、

 

今回1番感激したのは写真なんだ。

 

しんちゃんも書いてくれてた通り、

 

今回の写真は全て私にとって、

 

とても大切にしているモノたちで、

 

それをこうしてしんちゃんに、

 

美しく使ってもらえて、

 

とても嬉しく思っています。

 

しん:

俺もその気持ちは、

 

とても分かるけれど、

 

何故そんな気持ちになるんだと思う?

 

自分だけの場所を越えて、

 

開かれた場所に放てるから?

 

トリ:

あー、ちがうなぁ。


開かれた場所に置かれた事自体が、

 

嬉しさの原因ではなくて、

 

なんてゆーの?

 

例えば自分の文章が活字になる嬉しさ?

 

紙モノに自分の言葉が活字になった感激。

 

あれの画像バージョン、てゆーのかな。

 

自分の手元にある原本は年を追う毎に、

 

劣化して行くのを、

 

こうしてとても綺麗な姿として留めてもらえた事?

 

それが嬉しかったんよ、

 

とてもとても。


伝わるかな?

 

 

しん:

ふーん。

 

 

つづく

 

 前回の物語を読む方は  

トリニティ物語⑩~最終回 - わたしからあなたへ

 次の物語を読む方は

トリニティ物語 あとがき対談② - わたしからあなたへ

 

 

『あなたへ』

 

今日は土曜日だろ?

 

ちーっとも、休めてない。

 

ひへ、

 

ひへへ。

 

睡眠時間、3時間。

 

しかも、

 

超ハードスケジュール。

 

あと数時間で、日が変わる。

 

寝たい。

 

けれども、

 

今日はとても素晴らしい時間もありました。

 

ありがとう。

 

今日も一日。

 

これだけ体力が持つ事を心から感謝します。

 

こんな日は、

 

昭和の銭湯で癒されましょうか。

 

f:id:sintamsc:20190608224246j:image

 

はぁ〜

 

さいこー!

 

 

本当にありがとう。