わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

お悩みカイケツ!!case1

『自信がありません』

f:id:sintamsc:20190619205947j:image

『人の目』by s

 

 

しんちゃん(以下:しん)
みなさん、こんばんわ。

 

やって参りました不定期名物の

 

【しんちゃんとトリニティが、

 ズバリ!お悩み、

 怪決しちゃいます!】

 

のコーナー。

 

トリニティ(以下:トリ)

 ヒュー、ぱふぱふ〜


このコーナーは、

 

皆様からのありとあらゆるお悩みに、

 

奇人しんちゃんと、

 

変人トリニティで、

 

知識人も真っ青なる切り口で、

 

サックサックとお答えし、

 

皆様の毎日を軽快で明るいものに変えて行こう!という、

 

意欲・気持ちだけはマンマン!

 

なわたし達でお送りいたしまーす。


しん

おーい!

 

トリニティ、毎回、ハードル上げすぎだから‥

 

相談聴く俺達がすでに、

 

人生に深く悩んでるんだから(笑)

 

すでにスタートから

 

どうしようもない感、満載だぞ!

 

 

トリ

 いや、だから

 

《意欲・気持ちだけはマンマン!な》

 

て、ゆってるやん?そこは逃げ道として。

 

しかも、

 

解決じゃなく、怪決よ!

 

しん

コラコラコラ!!

 

裏事情を言わないの、ここで。

 

さあ、

 

ブログの読者から早速相談が来てます。

 

 ブログネーム【三重人格】です。

 

 

ブログネームは【三重人格】さんですね。

 

「三重人格」さん!!

 

おもろい、名前だね?

 

俺も人格沢山あるから親近感だよ。

 

えー相談内容は・・・

 

何でしょう?

 

 ブログネーム【三重人格】です。

 

いつも、適当な事を書いてくれてるんで、

 

なんだか安心します。

 

私には悩みあります。

 

それは自分に自信がない事です。

 

人前に立つとすぐに緊張してしまいます。

 

どうしたら自分に自信を持つ事が出来ますか?

 

緊張しないようになりますか?

 

しん:

おう!

 

それは俺には

 

答える資格があるね!!

 

トリ:

ありますか!

 

しん:

だって何を隠そう!

 

俺も自分に

 

自信なんかねーからな!

 

俺は三重人格さんの気持ちがよく分かるよ。

 

 

トリ:

でもあなた、

 

いっつもなんだかんだ

 

色んなトコで矢面に立たされてはるやないの。

 

(それに、そもそも「自信ない」って‥‥

 わたしへの数々の暴言は‥‥ボソ)

 

 

しん:

ん?

 

そうなんだよ。

 

これは俺の大変な事の一つなんだが、

 

人前では緊張するし、

 

大して自信もないのに、

 

何故だか、

 

外側からは全然緊張してるように見えず、

 

自信満々に見えてしまうらしいんだよ。

 

 

トリ:

(イヤ‥だから、その暴君、王様気質‥‥)

 

しん:

ん?なんか言ったか?

 

だからさ、

 

プライベートでも仕事でも、

 

人前で話す事とか、

 

「大丈夫な奴」だと思われ、

 

気付くと何故か人前に立たされてるんだよ。

 

周囲に緊張してると表現出来ないと、

 

ある意味地獄が拡がってゆくんだ(笑)

 

しかし、そのおかげで、鍛えられたけど。

 

でも、まあ,

 

今でも人前に立つ時は、

 

気が重いのは変わりない。

 

いつだって逃げたい!

 

トリ:

ほう。そうですか。


そしたら、どうしたらヨカとですか?

 

しん:

答えは簡単だ。

 

自信がないまま、

 

事にあたるって事だよ。

 

緊張したまま、やるって事。

 

心も身体も震えながら、

 

やるって事。

 

それだけ!

 

トリ:

(いや、だから‥‥
 三重人格さんは、

    自信の持ち方を訊いてはるんですけど‥‥?
 もー、ワンマンやん。ワンマン。

  人の話全然聞いてへんやん)

 

しん:

でもね、それを繰り返す事で、

 

そのうち自信がない事に慣れるんだ。

 

緊張する事に慣れるんだ。

 

自信のないまま、

 

オロオロしたままでいくしかない!

 

と腹をくくる。

 

震えて情けない自分を受け入れる。

 

すると、

 

不思議なもので、

 

緊張は結果的に弱くなる。

 

そして、それを繰り返すと

 

あら不思議!

 

前より多少平気になってる!!

  

 

トリ:

 

多少、って・・・。

 

慣れる、って‥・。

 

(これ、相談した意味ある?? ある??)

 

 

しん:

だいたい自信満々な奴なんて、

 

見てて疲れるし、

 

気落ち悪いじゃん。

 

緊張しながら、

 

頑張ってる奴の方が、

 

断然かっこいい!

 

俺は好きだ!

 

 

トリ:

それは、そう!!

(やっと、大きい声出せた♡)

 

しん:

という事で、

 

「三重人格」さん!

 

相談内容の答えは

 

あなたは、

 

そのままでゆけばいい!!

 

俺も同じだよ。

 

まあ、一緒に頑張ろうぜ!

 

 

トリ:

 

はひ?

 

え、、あ、、、はいっ。

 

これにて、一件落着!!!

 

 

 『T先生の総括』

 

 みなさん、

 

ズコーーッ、してくれました?

 

ズコーーッ。

 

吉本新喜劇ばりに、

 

ズコーーッ!! て。

 

しんちゃん。

 

自分だーけ、気持ちよーーく、


持論をぶちかまし、ご披露くださいまして、

 

ホンット、

 

どこが解決?!

 

て、座布団投げられますよね、コレ。

 

ほんでコレ、


昨日の、トリ◯ティさんの

 

〝相談コーナー〟とまーったく同じで、

 

相談者さんの求める回答、

 

ひとっつもしてはりませんよね。

 

いやーーー、マイッタ。

 

のっけからーー、マイッタ。


そやけんどね、皆さん

 

よーーく、よーーく、


こころで反芻されてみてください〜〜

 

あ〜〜ら、フシギっ☆


しんちゃんの解決策は、


おそらく、

 

最高の解決策。

 

に、見えて来ませんかぁ?

 
自信があることが優れているわけではない

 

自信がないことが劣っているわけではない

 

どちらにも優劣も、正誤も、上下も、ないのです。

 

どちらも

 

《等しいひとつの体験、表れ》

 

に過ぎませんと。とわたし達は思います。

 

それでも、


自信を持ちたいのなら

 

ひたすら、その道を歩み行き、


その道の景色に慣れて行くことでしょう。

 

と、しんちゃんは伝えたかったんでしょうね。

 

 

しん:

T先生!

ナイスフォロー!!