わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

考えるな!感じるんだ!

『幸せになりたいなら』

f:id:sintamsc:20190713205141j:image

『水を感じる』by s

 

幸せになるために、考えてばかりのあなたへ。

 

不安の正体は思考。

 

思考は未来に走る。

 

そして、過去にも走る。

 

 

それは、思考の習性だ。

 

 

こんな事になったら?

 

耐えられない。

 

あんな風になったら?

 

どうすれば?

 

あの時、こんな事があったせいだ!

 

もう、あんな想いは二度とごめん!!

 

 

 

あれを手に入れないと、安心は出来ない。

 

未来で傷つかない様に、今は喜ぶのをやめなければ。

 

だから、

 

今は我慢して、あの準備をして、その時に備えて。

 

幸せになるために。

 

今、喜ぶのはまだ早い。

 

あの対策も考えておこう。

 

いや、あの時は間違っていたから、

 

いまは、こうなったのだ。

 

 

おちつけーい!

 

幸せになりたいんだよな?

 

 

幸せは、考えじゃない。

 

幸せは感じる事だ。

 

感じる事なんだ。

 

 

ブルースリーだろ?

 

こんな時は。

 

 

考えるな!

 

感じるんだ! 

 

 

でも、本当にそうなんだよ。

 

 

考えは多くの場合、正しく考えられていない。

 

もし、

 

不安や恐れのベースではなく、

 

物事を正しく考える事が出来れば、

 

恐れも不安も起こらないはずだ。

 

しかし、

 

多くの人は不安をベースに思考しているから、

 

考えは、考えれば、考える程に、

 

心配は、不安は、恐れは、大きくなる。

 

思考には終わりがないから巨大化する。

 

それは自然の理だ。

 

 

さて、

 

感じるという事。

 

感じる事は今以外には実行出来ない。

 

幸せという考えが、幸せにするのではない。

 

だからと言って、

 

今を感じる事が、全て幸せに感じる訳ではない。

 

嫌な事も、

 

痛い事も、

 

悲しい事も、

 

感じるだろう。

 

しかし、

 

その中に幸せな瞬間は、

 

間違いなく入っているのだ。

 

ああ、美味しい。

 

ああ、美しい。

 

ああ、気持ちいい。

 

ああ、楽しい。

 

ああ、嬉しい。

 

それは幸せを感じている瞬間に違いない。

 

しかし、それは、瞬く間に通り過ぎてゆく。

 

幸せを考えているうちに、

 

手のひらから溢れ落ちてゆくのだ。

 

どっちにしろ溢れ落ちてゆくものだが。

 

 

幸せになりたいなら、

 

まずは「今」を感じる事だ。

 

 

未来を、過去を、

 

思考はひたすら捕まえようとするだろう。

 

そして、思考に結びつけてゆくだろう。

 

 

しかし、心配するな。

 

真実はいつだって圧倒的だ。

 

思考と、今(真実)なんて勝負にもならないさ。

 

ほら、目の前には真実が溢れてる。

 

真実とはこの目の前に映る全て。

 

この心に感じる全て。

 

この音が。

 

この視界が。

 

この匂いが。

 

この感情が。

 

いつだって、あなたに真実を呼びかけている。

 

いつだって、

 

紛れもなく確実に展開されている、

 

真実に満たされた、

 

この圧倒的にな世界。

 

あなたを必死で幸せから遠ざけようとする、

 

思考なんぞ、

 

本当は相手にもなりはしない。

 

 

「今」を感じるという事。

 

 

風の音。

 

歩く音。

 

海の匂い。

 

土の匂い。

 

歩く足の感覚。

 

となりで笑う顔。

 

 

どうやら、

 

当たり前のそんな目の前に、

 

私たちが探し回ってる「幸せ」というのが、

 

あるみたいですよ。

 

大丈夫。

 

幸せを感じる事に、

 

遅い事なんてありゃしないよ。