わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

ようこそ、待ってたよ③

「うち、来るかい?③」

f:id:sintamsc:20190714230500j:plain

「出会い頭」byS

 

sintamsc.hatenablog.com

 

 

とあるNPO団体が殺処分寸前の犬をレスキューして、

 

毎月数回、

 

譲渡会を開いているという情報を入手しました。

 

譲渡会とは、保護された犬の様子を直接見て

 

里親に迎えるか判断することが出来る場です。

 

市外でしたが、車で40分走れば着く距離でした。

 

これは!

 

是非行かなければと。

 

 

週末・・・

 

譲渡会が始まる直前に現地に到着しましたが、

 

駐車場はすでに満車でした。

 

会場に入ると想像以上に多くの里親希望者で一杯でした。

 

「おお!こんなに里親希望者はいるのか・・・」

 

と私は驚きました。

 

この人数の多さに、私の心が萎縮・・・。

 

 子供達も会場の雰囲気に圧倒されていました。

 

 

多くのスタッフさんも在駐され、

 

忙しそうに走り回って見えました。

 

恐らくボランティアなのでしょう。

 

譲渡先が決まるまで、自宅で育てているようです。

 

本当に頭が下がります。

 

 

希望者は所定の用紙に情報を記入して見学スタートです。

 

室内に置かれた6つ程のゲージの中には、

 

様々な犬がおり、

 

多くが雑種だと思われました。

 

 

まだ生まれたばかりの子犬。

 

そして奥のスペースには虐待されていたであろう成犬。

 

 

人間が近づくと目を伏せ、不安そうな顔でこちらを見上げます。

 

震え続けている犬もいました。

 

ああ・・・

 

私は感じるものが沢山ありました。

 

 

私は複雑な気持ちのまま、

 

どの子を迎え入ればいいのだろう?

 

とぼんやりと考えていました。

 

ゲージ周辺には、

 

その犬の特徴などが書かれていました。

 

うーむ・・・

 

わからん・・・

 

 

 

私はどうしても、

 

天真爛漫で無邪気な犬よりも、

 

控えめで思慮深そうな犬に惹かれてしまいます。

 

 

子供達は生まれたばかりの子犬に興味津々。

 

もう形から動きまでかわいいものな。

 

 

うちの坊主は匂いに敏感です。

 

犬がうんちをしているのを目撃し、

 

坊主

「う・・・くさい・・・」

 

と発言しました。

 

わたし

「動物を飼うとは、

 

 うんこもオシッコも手につくし、

 

 全部の世話をしなければいけないんだぞ。」

 

と伝えました。

 

坊主は楽しいだけの幻想から目が覚めたようで、

 

初めて飼う事に対して怯んだ様子でした。

 

これでこそ、

 

実際に連れてきた甲斐がありました。

 

 

スッタフにもいろいろ相談してみました。

 

平日は家を空ける時間も多いので、

 

あまりに幼い犬は避けるべきだという事が分かりました。

 

私は何頭かの犬を抱かせてもらいましたが、

 

「・・・」

 

前回と同様に心は冷えていくようでした。

 

こりゃ、私はダメだ・・・。

 

家族がどうしても連れて行きたい!!

 

という犬で決めるしかない。

 

 

子供達は

 

 いろん犬を観察していた様ですが、

 

「絶対この子がいい!」

 

という程の執着はない様子でした。

 

下の子供達はすでに飽きて、

 

犬をほったらかして、

 

走り周って遊んでいる始末・・・。

 

 

妻はどの犬を見ても可愛いようで、

 

連れて行きたそうでした・・・・。

 

 

周りの里親希望者達を見ると、

 

あっという間に、

 

犬を決めていきます。

 

みんなどうやって、

 

決めてるんだ・・・・

 

私は唖然としながらも今回の結論を下しました。

 

わたし

「今回は見送る!!」

 

という宣言しました。

 

子供達

「えー!!」

 

という声を黙殺しました。

 

私はもう、

 

『鳥をかうしかねーか・・・』

 

と心の片隅で思いました。

 

 

また日常が戻りました。

 

 

犬を飼う費用も調べていくと、

 

子犬のへや・PNGバナー大

犬を飼うのに必要な費用はいくら?~1ヶ月、1年間、1生涯にかかる出費の一覧リスト | 子犬のへや

 

犬の飼い始めに必要な費用一覧

犬を飼い始めた時、真っ先に必要となる出費の一覧リストです

 

 

小型犬の年間飼育費用

小型犬を飼い始めてから毎年コンスタントにかかる費用の一覧リストです。

 

 

うーむ・・・

 

スゲーお金がかかるんだな・・・

 

こりゃお金を稼がんといかんぜよ・・・

 

私の犬を飼うモチベーションは冷えていくばかり・・・

 

 

子供達はそれでも、

 

犬を飼うためにポイントを溜め続け、

 

長女のブロウちゃんが必死で頑張りました。

 

そして、

 

総合点100ポイントに到達。

 

ハムスターが飼える状況になりましたが、

 

子供達(主にブロウちゃん)は、

 

犬を飼う事をあきらめませんでした。

 

残り900ポイント!!

 

しかし、

 

あまりにゴールまで途方もない事を見かねた私は、

 

ポイントを、

 

前借り(借金)できる

 

システムを提案しました(笑)

 

 

そして、

 

令和元年の7月に入りました。

 

この7月に突入した直後、

 

私にとって魂を揺さぶられる出来事が起きたりと、

 

私を含めた周囲の流れは、

 

大きく変化を迎えているようでした。

 

つづく