わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

人を動かす事の出来る人(1)

f:id:sintamsc:20190729220753j:image

 「旅」byM

 

 本田宗一郎

一日一話 PHP文庫

 

人を動かすことのできる人は、

 

他人の気持ちになれる人である。

 

そのかわり、

 

他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。

 

自分が悩んだことのない人は、

 

まず人を動かすことはできない。

 

私はそう思っている。


また他人を動かすには、

 

自分が「恰好(かっこう)よくなりたい」

 

と思うことも必要である。

 

恰好よくというのは、

 

他人によく思われ、

 

よくいわれたい、という意味である。

 

うすっぺらなようだが、

 

これはひとつの真理である。


この恰好というのはデザインみたいなもので、

 

自動車だっていいデザインでなければ

 

売れないのと同じである。

 

恰好いい、ということは、

 

他人に好かれることの基本のひとつなのだ。