わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

明朝には喜びの叫びがある

f:id:sintamsc:20190811215014j:image

 

 

旧約聖書 詩篇 30篇

 

まことに御怒りは束の間

 

いのちは恩寵のうちにある。

 

夕暮れには涙が宿っても

 

朝明けには喜びの叫びがある。

 

私は平安のうちに言った。

 

「私は決して揺るがされない」と。

 

 

私は、

 

強い訳ではないのです。

 

誰よりも弱いのです。

 

あらゆる出来事について、

 

心は揺れ、痛みます。

 

私達は、この瞬間の出来事すら

 

どうなるかも分かりません。

 

しかし、

 

神様は、過去、現在、未来の

 

全てを知ってみえる。

 

その出来事の意味は私達人間には分かりませんが、

 

神様はご存じです。

 

どんな事が起ころうとも、

 

すべては、神様のご計画に沿って、

 

全ては動かされているのです。

 

そう信頼出来れば、

 

弱い私も、

 

生きてゆく事が出来るのです。  

 

 

誰もがただ幸せになりたいだけ。

 

一生懸命生きようと、

 

手を伸ばして生きている。

 

 

あらゆる思いや、

 

あらゆる行動は、

 

ただ守ろうとしただけ。

 

自分を。

 

そして、大切な存在を。

 

 

想いと想いは、ぶつかり合って、

 

新しい道を生み出してゆく。

 

 

その中で苦しんだり、

 

思いがけない形で、

 

喜び合ったり。

 

 

それすら、神様の内の中なのか。

 

それにしては、ずいぶんと苦しませてる。

 

それにしては、ずいぶんと美しい時間もある。 

 

 

f:id:sintamsc:20190811224543j:image
f:id:sintamsc:20190811224548j:image
f:id:sintamsc:20190811224551j:image
f:id:sintamsc:20190811224554j:image

 

令和元年の夏を味わいました。

 

 

みんな、ありがとう。