わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

節を分けて、立春へ

f:id:sintamsc:20200204204036j:image

 

一生に一度の本厄。

 

それにふさわしい状況。

 

しかし、

 

災いなんかではないと感じてる。

 

これは再誕だ。

 

役年。

 

躍年。

 

去年の始まりを思い出す。

 

それは想像を越えてるじゃないか。

 

 

どんなに過酷に想えても、

 

本当は護られ、

 

与えられっぱなし。

 

優しさをありがとうございます。

 

沢山、返したい想いがあります。

 

心より感謝します。

 

 ありがとう。

 

f:id:sintamsc:20200204222859j:image