わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

あとがき(1)

 『わたしとなっちゃんの不思議な物語』

https://www.instagram.com/p/BhljnSdFFyl/

 「新生」byM

 

長い物語がようやく終わりました。

 

無事書き終えた事を心から安堵しています。

 

先ほど、最初から物語を全て読んでみました。

 

すると書いていた時の感情を追体験しました。

 

物語の私が泣いたシーン。

 

病院から出て、

お父さんに出会って、

自分の無力感に泣いた時。

 

接心のシェアリングで胸の内を開いた時。

 

私も泣きながら書いたのを思い出します。

 

2017年11月23日~2018年4月8日の137日間。

 

我ながらよく書きました。

 

いやー、よく頑張ったよ、俺。

 

本当。

 

こんなに頑張ったの初めてじゃないかな??

 

もう、あんなに頑張れません(笑)

 

 さて、

『ブログかけ』というお言葉を、

 

11月20日の深夜に頂いてから、

 

私はかなり悩みました。

 

他者に対して自己表現する事を避けてきたし、

 

まして、

顔も知らぬ不特定多数の方に対して、

 

語る言葉を持ち合わせていませんでした。

 

とにかく目立つのが苦手です。

 

そもそも。

 

私が語る言葉は、

 

目の前にいる個人に対してしか生まれません。

 

しかし、

 

神様的(?)な存在に伝えられていたので、

 

『これは書かなければならないぞ・・・』

 

しかし、どうしよう・・・と、 

 

かなり葛藤して過ごしました。

 

幸いにも、

書く内容はすでにありました。

 

2016年から私に起きた不思議な物語。

 

天河神社から自宅に着いた夕方。  

 

 わんちさん妹さん、

 

リリィーララ(※)さんなら、

 

何か分かるかもしれないと

 

私に起きた奇妙な事柄を、

相談する事にしました。

 

※リリィーララさん;目に見えない情報を読み取る力があり、

国家機関に7年間協力をしていた、

いわゆる霊能力を持つ方です。後日紹介致します。

 

リリィーララさんは言いました。

 

『ブログは書くべきよ。

 

 でもそれが最終の目的ではないのよ。

 

 あなたには、与えられた力がある。

 

 その先に大きな使命があるの。

 

 ブログを書く事は、

 

   その使命に繋がる事になるわ。

 

 まずは行動する事が大切。

 

 是非やってみるといいわ。

  

 頑張って!応援してるから』

  

わんちさんリリィーララさんに、

背中を押されて、

 

ブログを書く覚悟が定まりました。

 

そもそも

ブログってどうやって書くんだ??

 

と手さぐりから始めました。

 

しかし、

私のブログを支えてくれる存在は、

 

当初から

すぐ近く配置されていました。

 

しかもですね。

 

天河神社に行く1日前に、

 

自宅にNTTのインターネットケーブル回線の、

 

環境を整えていたのです。

 

理由はTHE禅サンガの動画を見るためです。

 

まさか、

自分がブログを書くなんて思いもしない時です。

 

不思議なものです。

 

今思えば、

すでに決められていたかの様ですね。

 

わずか3日後。

 

私は勇気を振り絞って、

 

2017年11月23日にブログを公開しました。

はじまり はじまり - わたしからあなたへ

 わたしは臆病者ですので、

情報を発信するという事が怖くもありました。

 書くにあたって、わたしを励ましてくれた妻・わんちさん・リリィーララさん・MOMO・なっちゃん母さん・かよちゃんに心より感謝します。

(たぶん仲間に相談したらもっと多くの仲間が励ましてくれる事は知っています。)

 

わたしは触れられるもの・実感できるもの・実証できるもの・現実的なものなどを信頼していましたが、ここ最近はもう「目に見えない力」というものを認めざるを得ない状況です。

 

正直、ずっと「目に見えない力」に導かれているのを感じていましたが「気付いていないフリ」を自分にし続けていました。

 

また、わたしと関わりが深い方や、一度の出会いでも、わたしに対して共通したメッセージを伝えてくれる不思議さを時折感じていました。

 

2017年11月18日~19日に

行われた天河神社の特別神事が全て終わった天河の夜に、

「決定的な経験」をしましたので、

柄にもなくブログを書く次第であります。 

どんな経験だって?

もうちょっと待って下さい(笑)きっと書きますから。

 

さて、今日この日。

わたしにとって2017年11月23日は

大切な始まりの日になるのでしょう。

何故か今日始めるのがとても大切と感じましたので。

 

いままで沢山の出会いによって導かれ、

そして、時に流れに逆らい、もがきながらも、

結局は大きな流れに運ばれていました。

 

恐いけれど、導きを信頼し流れに乗ってみます。

 

この時の気持ち。

 

まるで、

未知の大海に飛び込むような気持ちでした。

 

当初、ブログを書いた事が、

 

怖くて怖くて仕方ありませんでした。

 

私の生活にどんな影響を及ぼすのか。

 

私にとっては、

 

それほど革命的な出来事でした。

 

人生の転機になる事も感じていました。

 

そんな、自分の心配をよそに 数日後、

 

自分の心が温かく満たされ、

 

なんとも喜んでいるのを感じました。

 

ああ、

俺は本当は自分を表現したかったのだ。

 

と知りました。

  

私は高校生の頃から、

 

「白い本」という何も書かれていないノートに、

 

時々、

私からほとばしる言葉を記す習慣がありました。

 

『いつか、この「白い本」は、

   偉大な本になって、人の心を癒すんだ』

 

そんな妄想を抱いてました。

 

誰もがそんな風に思う事が、

あるかもしれませんね。

 

しかし、30歳になったばかりの頃。

 

私は苦しみの内に立ち尽くしていました。

 

そして、

命の様に大切にしていた「白い本」を、

破り捨てました。

 

理由は

 

もう一度ゼロになり、

 

最初から始める必要を感じたからです。

 

私は「今を生きる事」を放棄して、

 

過去と未来ばかり見をつめていましたから。

 

それ以降、 

 

私の心はアウトプットする機会を失い、

 

世界の情報を、

 

あらゆる感情や体験を、

 

ただひたすら、

 

心の内にインプットし続けました。

                 

                           つづく

 

 物語の続きを読むにはをクリックして下さい。

 あとがき(2) - わたしからあなたへ

 

1つ前の物語を読むには↓をクリックして下さい。

 エピローグ②最終回(天河までの流れ完) - わたしからあなたへ

 

  『あなたへ』

 

出会う事は、別れる事。

 

なんて、寂しい事でしょう。

 

そんな悲しい事は嫌です。

 

私は受け入れられません。

 

しかし、

止める事は出来ません。

 

それは、知ってます。

 

私の気持ちなど関係がなく、

 

全ては圧倒的に、

 

ただただ、流れて行くのです。

 

生きる事は、悲しい。

 

神様。

 

私達が離れる事はないのだと、

 

神様どうか、

 

私に分からせてください。

 

恐れる事などないのだと。

 

私は「あなた」に会えた事が、

 

生きる意味になっています。

 

どうか、

 

私が「あなた」から、

 

生きる力を受け取った様に。

 

どうか私の分まで、

 

「あなた」に沢山の祝福が、

 

慈雨の如く降り注ぎますように。

 

   に参加しています。

↑ ↓バナーでも押せます。)

大きな励みになります。

是非のバナーをクリックして頂けると嬉しいです!!

 

 

   始めから物語を読む方はここをクリックして下さい

連載:わたしとなっちゃんの不思議な物語 カテゴリーの記事一覧 - わたしからあなた

 インド編を始めから読む方は下をクリックして下さい

インド編(番外編・天河までの背景①) カテゴリーの記事一覧 - わたしからあなたへ

 

 未知なる世界編読む方はここをクリックして下さい

未知なる世界編(番外編・天河までの背景③) カテゴリーの記事一覧 - わたしからあなたへ

 

1つの端末から1日1票カウントされます。同じ端末機から1日何度押しても1票のカウントになります。クリックするとランキングサイトに飛びますが、また私のブログを見つけて、クリックすれば戻ってこれます。