わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

好きにさせてくれ

 『あなたへ』   

https://www.instagram.com/p/BjAAMXFliOe/

「山下公園」 by S

 

昨日の救いのない渇き - わたしからあなたへ

 

という詩の様なもの。

 

あの言葉は、

 

自分自身に対する戒めでもあります。

 

誤解無き様に伝えておきたいのですが、

 

私はこのブログを通して、

 

誰かを救うために、

 

メッセージを伝えているのではありません。

 

その様なメッセンジャーという存在は、

 

すでに素晴らしい才能を持った方々で、

 

世界に充分過ぎる程溢れています。

 

私はただ、

 

「ブログかけ」という言葉をきっかけに、

 

物語を書き始めたに過ぎません。

 

すると思いがけず、

 

自分自身に対して、

 

良い作用が生まれた事もあり、

 

こうして続けているのです。

 

それは、

 

精神的エネルギーの放出する機会。

 

日々の張り合い。

 

思い出の記録。

 

このブログによる新しい出会い等。

 

私にとって文章を書く事は、

 

人生がより豊かなものになると感じているからです。

 

ですから、完全なる自己満足です。

 

私に対して、

 

何か「期待」「幻想」があれば、

 

その様なものは捨てて頂けたら幸いです。

 

私は何かに縛られる事無く、

 

たとえ、

 

それが間違っていたとしても、

 

好きなように生きていきたい。

 

泣いたり、笑ったり、

 

喜んだり、悲しんだり、

 

それで人生は充分。

 

その様な事を正直に表現をする中で、

 

「ああ、バカだなぁ。」

 

と笑ってくれる方が、

 

一人でもいれば幸いです。

 

上手な計算をしながら、

 

誰かの力を利用して、

 

自分の為したい事を為す。

 

そんな世界は終わりにしたい。

 

社会に役に立つ。

 

人類に役に立つ。

 

何かの役に立つ必要などない。 

 

好きに生きたらいい。

 

間違える自由も

 

不幸になる自由も 

 

私達にはあるのだから。

 

今日も堂々と

 

正しくも

 

間違っていようとも、

 

自分が本当に好きな事を

 

やればいいよ。

     に参加しています。

↑ ↓バナーでも押せます。)

大きな励みになります。

是非のバナーをクリックして頂けると嬉しいです!!