わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

そのままで

「あなたへ」

https://www.instagram.com/p/Bqg0B7Ngigs/

「出雲大社 参道」byS

 

さて、さて。

 

前回の記事。

ごうんじょうく① - わたしからあなたへ

 

「五蘊盛苦 」

 

なんぞ、難しいテーマに挑んでしまい。

 

一応は書いたのですが、

 

お目汚しではすまない内容になりましたので、

 

記事をUPするのは保留となりました。

 

どうもダメですなー。

 

さあ、さて。

 

2019年1月も早くも半ばを過ぎましたね。

 

本当に時間の流れが早く感じます。

 

正月明けに、社会生活に再び臨む際、

 

私の心は非常に臆病な心持でした。

 

どうして、

 

自分はこんなにも弱いのだろうか?

 

と唖然としながら、1月の空を見上げました。

 

1月の冷たい風。

 

高く昇って行く太陽。

 

臆病な心を抱えたまま、

 

歩き出しました。

 

『10年経っても変わらんな』

 

と相変わらずの己に失笑です。

 

『沢山の景色を、沢山の感情を、

 

これでも乗り越えて来たんだ。』

 

と自分を励まし、職場に向かいました。

 

 

 

『強くなりたい』

 

とい想いは消える事はありません。

 

 

 

あんなに臆病な心も、

 

2週間経つとまた変化しています。

 

いろんな「わたし」が、

 

この体を出たり入ったりしている様です。

 

勇気のある自分。

 

世界を恐れない自分。

 

余裕のある自分。

 

そんな自分を私は好きですが、

 

そんな自分はめったに出会えず。

 

恐れる自分。

 

不安な自分。

 

そんな自分に出会ってばかり(笑)。

 

その心は、

 

私以外に知る事はないのです。

 

誰にも見る事は出来ません。

 

きっと、

淡々と生きている様に見えるでしょう。

 

 

今日、太陽が雲で覆われた、

 

灰色に光った空を見上げました。

 

そして、

道を歩きなが想いました。

 

この「自分」というもの。

 

わたしには止めようがない。

 

どんな自分が出てくるか、

 

コントロールも出来やしない。

 

そうで、あるなら。

 

今、背筋を伸ばし。

 

胸を張る。

 

呼吸を深くして、

 

堂々と歩く形をしました。

 

心は臆病なままである事を、

 

そのままにして、

 

いまの私に出来る精一杯の、

 

強い在り方を表現しました。

 

自分に出来るせめての抵抗です。

 

その時、

 

強さとは、

 

そのような事を指すのではないか。

 

と思いました。

 

また数十分後には、

 

猫背の自分に戻ってましたが(笑)

 

 

朝、太陽が昇るのは、

 

とても勇気づけられる様な気がします。

 

さあ、あなたも元気で在ります事を。