わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

鍛へまでの背景(2)

「あなたへ」https://www.instagram.com/p/BuyXguYHb3j/

「大国主大神」byS

 

私が修行を開始したのは、

 

大きな期待が破壊された直後です。

 

修業とは!?

平日仕事が終わった後。

腕立て100回(超適当)

腹筋100回(超適当)

スクワット100回(超適当)

をわずか5分程度で終える、

超適当なトレーニングの事である。

 

未来に希望を持てず、

 

「ああ、これからも生きるのか」

 

と、心底うんざりして、

 

ただ空を見上げてしまうような、

 

心持の時でした。

 

恥ずかしい話ですが、

 

当時の私は、

 

世界が変わる事を本気で期待していたのです。

 

自分が変わる事ではなく、

 

世界から変わっていく事を期待していたのです。

 

 

理由があります。

 

当時の私は生きる事に、

 

相変わらず、もがいていました。

 

その痛みから逃れようと、

 

様々な本を読み、情報を得ていました。

 

その中で多くの情報から、

 

その時期に、

 

人の意識、地球の意識が大きく変化し、

 

世界は新しいステージに移行する。

 

その様な事がまことしやかに、

 

伝えられていたのです。

 

私は表面上ではその様な事柄を、

 

SFの映画を見る様な気持ちで、

 

冗談半分で受け取ってるつもりでした。

 

しかし、そうではなかった事が分かりました。

 

私は心底、

 

その様な世界に変わる事を、

 

心から期待していたのです。

 

 

 

そして、

 

その期日は過ぎました。

 

 

 

世界は変わらないままで、

 

情けない私だけが残されました。

 

 

 

あの時の気持ち。

 

あの時の夕暮れ。

 

今でも覚えています。

 

 

そして、私は、

 

頭では充分に理解していた事を、

 

全身で理解する事となりました。

 

 

世界は変わりはしない。

 

世界を変えるには、

 

自分が変わるしかないのだと。

 

 

そんな事実を味わいました。

 

 

私は怒りに似た感情を抱きました。

 

地に足が着かない、

 

その様な情報にも、

 

何よりも、

 

その様な情報にすがっていた自分に対して。

 

とても恥ずかしい気持ちでした。

 

 

私は情けないままで、

 

自分を変えようとせず、

 

他者や情報に依存していました。

 

 

周囲が変わって行く事を、

 

期待していたのです。

 

 

私はあらゆる事を放棄したくなりました。

 

 

しかし、

 

何故かその時。

  

 

絶望のこの瞬間から、

 

自分で何か始めようと思ったのです。

 

この絶望の中で立ち上がってやろう。

 

 

という小さな闘志が、

 

一陣の風の様に吹いたのです。

 

 

それは大きなターニングポイントでした。

 

その様に気持ちが働いた理由は分かりません。

 

 

周囲に頼るのではなく、

 

自分自身が創り上げる何か。

 

手応えがあるもの。

 

現実的に見て、触れて、

 

その成果を確認出来るもの。

 

背伸びしなくても、

 

今すぐ簡単に始められるもの。

 

それが、私の修行の始まりです。

 

腕立て10回 腹筋20回程から始めたと思います。

 

 

ファンタジーな世界、

 

思考の遊びの様な世界、

 

に対する怒りを闘志に変えて、

 

毎日(平日だけよ)続けました。

 

 

自分の足で世界に立つ事。

 

それを原則としました。

 

 

そして、その修行は

 

1900日目を迎えました。

 

 

他者にとったら、

 

何の価値もないものです。

 

しかし、

 

私にとっては、

 

誇らしいものです。

 

それが嬉しい事です。

 

他者への比較はなく、

 

自分自身がよくやったと思える事。

 

私だけが分かるもの。

 

それが誇らしい。

 

 

修行の内容は何でも良かったのですが、

 

トレーニングにして正解でした。

 

成果が目に見えて分かりやすい。

 

そして運動は実用的です。

 

腕相撲もわりと負けません(笑)

 

体型が変わらないので、

 

10年前の服のサイズもそのまま着れる。

 

健康にも良い。

 

おーう!

 

やってて良かった!!

 

あの時の私が、

 

今の自分の基礎になっている様な気がします。

 

でも、不思議。

 

どうして、

 

あの時にそんな気持ちが湧いたのか。

 

あの時、その選択をしなかったら、

 

今はどんな自分だろうか・・・・。

 

ただ、人生に方程式など無い。

 

修行をしなかった選択の方が、

 

全然もっと、

幸せだったりして!!

 

そんな可能性は充分にある(完)