わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

もえている

「あなたへ」https://www.instagram.com/p/Bv_n1VnHSnq/

「2018年新緑」byS

 

1週間が始まりました。

 

桜も葉桜になりつつあり、

 

若々しい黄緑の新芽が、

 

花を押し出すように拡がろうとしています。

 

新しい命に押し出されるように、

 

花が散ってゆく様です。

 

私は数年前まで、

 

春になると体調を崩す事が多く、

 

春という時期を楽しむ事は出来ませんでした。

 

しかし、

 

ここ数年体調も安定した事もあり、

 

心に余裕も出来たのでしょう。

 

新緑の時期に自然の中を歩くと、

 

その木々達の新緑の美しさに魅了されます。

 

 

私は木々の言葉を聞く事は出来ませんが、

 

確かに木々が命を喜んでいる様な、

 

少し騒々しい様な、

 

命の力を感じる事があります。

 

 

以前、その若々しい新緑を、

 

足を止めてボンヤリ眺めていると、

 

「燃えている」

 

という言葉が心の中に生まれました。

 

私には確かに新緑が、

 

燃えている様に感じました。

 

そういえば、

 

萌える

 

って言葉がある事を思い出し、

 

意味を調べると、

 

萌える【もえる】とは

1.特定の物事に強く心を惹かれる事。
2.植物が芽を出す。

 

まあ、1.は置いといて(笑)

 

2.にあるじゃないですか!

 

植物が芽を出す事を、

 

萌えると。

 

本来の意味を知りました。

 

私は猛烈に感動しました!

 

どんな経緯で、

 

萌えると名づけられたのかは分かりません。

 

しかし、

 

もし、その言葉を創った方が、

 

私と同様に新緑を見た時のエネルギーを、

 

燃えている様に感じて

 

名づけられたとしたら!?

 

人間ってすごいな!

 

と思いました。

 

そう感じた俺も凄いですけど(笑)

 

何が凄いかって言いますと、

 

一般的に、

 

新緑を見て、

 

「燃えている」なんて、

 

あまり繋がる言葉ではないように思うのです。

 

柔らかい優しげな若葉から、

 

力強い「燃える」と言った言葉は、

 

連想されにくいと思うのです。

 

しかし、私は確かに感じました。

 

いや、

みんな感じるから言葉が定着したんだろうけど・・・

 

そして、

 

その言葉はとうの昔から、

 

当たり前の様に使われていた言葉である。

 

つまり、感動したのは、

 

人間の共通した感性。

 

時代も、習慣も、違う人間が、

 

同じものを見た時、

 

同じように感じる感性の不思議

 

そして、

 

同じ言葉を感じる不思議

 

それが凄いな!!と。

 

不思議な気持ちになりませんか?

 

あ、あんまり?

 

以上、

 

私の感性の鋭さをご紹介致しました。