わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

おじいちゃんが呼んでいる(9)

『果てぬ道』

f:id:sintamsc:20190511232316j:image

 『樹齢400年 クマスギ』by Y

 

前回の物語↓

sintamsc.hatenablog.com

 

 

うお!

 

なんという長い参道だ。

 

先が見えない。

 

そりゃそうだ、

 

この参道は2キロもあるのだから。

 

そして、何より、

 

この雪景色!!

 

5月直前の風景とは信じられない!!

 

参道の両脇には小川流れていて、

 

この雪景色と相まって、

 

神聖な雰囲気を湛えている。

 

f:id:sintamsc:20190511220221j:image

 

地面は雪が解けているため、

 

ぬかるんでいる。

 

俺の今日の靴はニューバランスのクラシック。

 

チープな作りで、軽くて非常に薄い。

 

もうすでに、じゃっかん水がしみ込んでいる。

 

行けんのか・・・・

 

このスニーカーで。

 

この時唐突に、

 

私は思い出した!

 

今日の10時39分に、

 

なっちゃんのお母さんからもらっていた

 

俺へのなっちゃんからのメッセージだ。

 

なっちゃん

「今日の戸隠神社 

 

 危ないから行かないで」

 

俺は今朝、

 

なっちゃんのお母さんに、

 

「戸隠神社に行ってきます」

 

という事を伝えていたのだ。

 

その後、

 

先ほどのメッセージを頂いていたのだ。

 

その時は、

 

天気はまだ快晴で、

 

まさかこんな雪の中を歩くと思いもしなかった。

 

しかし、

 

吹雪であろうと、

 

私は行くと決めたら行くのだ!!

 

ごめんな、なっちゃん・・・。

 

この事を心配してたのか・・・。

 

やるな、なっちゃん。 

 

しかし、

 

この程度の雪じゃ危険はないぜ!

 

はっ!

(回想終わりの意)

 

・・・

 

オラは、

 

行くって決めたら行くっぺ!

 

我々は歩みを進めた。

  

ジャリ ジャリ

 

と、ぬかるんだ道を歩く。

 

歩く。

 

 

歩く。

 

 

ひたすら歩く。

 

 

まだか、遠いなマジで・・。

 

 と、

 

何やら見えて来たぞ!

 

 

ついにあそこが、

 

ゴールだな!!

 

九頭竜社!待っててくれ!

 

f:id:sintamsc:20190511220443j:image

 

ドーン!

 

ん?

 

山門?

 

「随神門」

 

って書いてある・・・・。

 

奥社じゃないの!?

 

なんと!!まだ続くのか!

 

 

門をくぐると、

 

f:id:sintamsc:20190511224643j:image

 

 うお!

 

まだ道は続くのか?

 

しかし、

 

この杉・・・

 

高さ!

 

太さ!

 

この風格!

 

一体何百年生きてるんだ・・・

(江戸時代1612年に植林。樹齢400年との事。)

 

俺は思わず、

 

その偉大な杉を見上げた。

 

その時、

 

杉の上部の葉は大きく揺れ、

 

強い風が吹いた。

 

まるで、

 

違う次元の風が吹いた様に、

 

空間が歪んだ気がした。

 

現実なのか夢なのか、

 

一瞬分からなくなった。

 

揺れた葉から、

 

雪が舞うように降り注いだ。

 

f:id:sintamsc:20190511224705j:image

 

めまいを起こしそうになりながら、

 

私は偉大な杉と、

 

その空間に圧倒された。

 

私はしばらく立ち尽くした。

 

・・・

 

気を取戻した私は、

 

再び歩き出した。

 

まだ先は見えぬ。

 

  つづく

 

前回の物語を読む方は

おじいちゃんが呼んでいる(8) - わたしからあなたへ

 

次の物語を読む方は

 おじいちゃんが呼んでいる(10) - わたしからあなたへ

「あなたへ」

 

あー、

 

休みが1日終わっちまった。

 

ついこの前、

 

「休み音頭」を歌ったばかりなのに・・

 

『休み音頭 』とは?

  作詞作曲:アタマデカイマン

・週末金曜日のお祝いの歌。

トリニティのひとりごと⑴ - わたしからあなたへ

 
あと1日ある。
 
明日こそは、
 
やりそびれていた事を、
 
片づけてやろうじゃないか!
 
 
あなたはどんな1日でしたか?
 
頑張ったんでしょ?
 
知ってるさ。
 
本当にお疲れ様!