わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

9月

f:id:sintamsc:20190926220921j:image

「くも」byS 

 

 

今年の9月。

 

身体的に清々しい程ノックアウトされ。

 

先日、精神的にも、清々しい程、一刀両断され。

 

 

疑問の余地も、

 

弁解の余地も、

 

何もない。

 

 

そこまで至ると、

 

私は「笑う」のだと知った。

 

 

正直、私は私が分からない。

 

とてつもないペテン師という疑念が拭えない。

 

 

それでも、

 

あらゆる「働き」は人を通して、

 

何度も何度も私に呼びかけている。

 

 

 

 

たった一枚の悲しい写真で、

 

この世界を許せなくなってしまう弱さだ。

 

 

知らないから、生きていけるに過ぎない。

 

 

今は、書く事も、伝える事も本当は何もない。

 

恥を書いて、

 

書く事は恥を増やしてるに過ぎない。

 

感傷的な訳でもない。

 

ただの事実だ。

 

 

しばらく、やめるかな。

 

まあ、

 

それは明日の自分が決めるだろう。

 

 

この9月。

 

 

本当にいろんな事が私の周りで、

 

起き続けています。