わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

無題

f:id:sintamsc:20190928231635j:image

「空」byGAHAG

 

 

芝生の上に寝転び、空を見上げた。

 

 

鱗の様な雲の間から空の青が見えた。

 

 

雲は風と光によって、

 

静かに色と形を変えていった。

 

 

風はどこからか吹いて身体に触れた。

 

木々の葉の揺れる音が聞こえる。

 

 

ミニチュアの様な飛行機が空の上を飛んでいた。

 

 

あまりに見事なデザイン。

 

この空は実在するのだろうかと思った。

 

 

空は青で、芝生は緑。

 

風が吹いている。

 

 

風が吹いて雲は流れ、

 

太陽は昇って、沈んでゆき。

 

命は生まれ、死んでゆく。

 

 

楽しかったね。

 

あの時悲しかったよね。

 

本当に。

 

 

心をもった命だからね。

 

胸が痛かったね。

 

 

神様救ってあげてください。

 

 

人の営みがどう在ろうと、

 

ただ静かに全てが流れてゆく。

 

 

誰もが、

 

どう在ろうとよく生きてる。

 

本当はそうだ。

 

 

本当に頑張ったね。

 

ありがとう。