わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

決めているのか。

f:id:sintamsc:20191228174639j:image

 

実家に帰省しています。

 

海が綺麗でした。

 

遠くに見える富士山の雪化粧も美しかった。

 

みんなで、シーストーンを拾いました。

 

 

この数十年間、

 

年末年始はこのパターンを繰り返してます。

 

その度に両親に猛烈にお世話になってます。

 

しかし、

 

近い将来そのパターンも変わるのかもしれません。

 

 

耳と目を澄ましても、

 

気付かれない様な小さな変化が日々起きていますが、

 

令和元年という年は、

 

まあ、半端なかった。

 

世界は二極化(良い世界?悪い世界?同じ質のグループの形成?すいません、よく分かりません。)が進んでいるという様な、話を聴く事がありました。

 

その度に、

 

どっちでもいいわー!

 

俺はダメな方面で結構!

 

という気持ちでした。

 

世界とは、

 

どうあっても一蓮托生じゃねーか。

 

と、思っているからですね。

 

 

しかし、周囲を見廻すと、

 

同じ質を持つ同士が固まってゆき、

 

そこの質にそぐわない者は、

 

その質に合った場所に運ばれる様な現象が、

 

起きている事を目の当たりしています。

 

 

それは本人の意図を越えて、

 

その環境から強引に引き離されたり、

 

新しい環境に運ばれる様な働きを感じます。

 

まあ、そのように見えるだけかもしれません。

 

ただ己にもそれが起きてます。

 

 

最近、ご縁があって、

 

私のホロスコープなるものを受ける機会を頂きました。

ホロスコープとは占星術における各個人を占うための天体の配置図。惑星、黄道十二宮、十二室、角度の4つの要素で構成される。一般的に占いの対象者の産まれた時の天体の配置を書き、占う。 1世紀頃のローマの詩人マルクス・マニリウスの著作『天文』に十二宮の作用分野、ホロスコープの決定法などについての言及がある。

 

結果、

 

なんだこりゃ!

 

 

と、恐ろしくピンポイントで当たってる事も多く、

 

衝撃を受けました。

 

人生の青写真を自分で設定して、

 

生まれてくるそうです。

 

ここ数年、不思議な体験をする事もありましたが、

 

その事も星に書いてありました。

 

 

自分の人生を決めて生まれてくるなんて、

 

私には正直信じられませんが、

 

いろいろ腑に落ちてしまいました。

 

 

ジタバタしても仕方ないか、、と。

 

そう考えると、なるべくしてなってる。

 

 

この不安定極まりない私の現状も、

 

新しいスタートの準備に過ぎない。

 

 

そろそろ、腹を括って歩き出さないと。

 

とりあえず、

 

なまってしまった身体を動かしてゆこうと思います。