わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

信じるという事③

「無常」

f:id:sintamsc:20200618142954j:image

「ひかり」byS

 

 

 信じるという事。

 

 

 信じて期待する結果を得られなかった時、

 

信じた己を深く悔やんだり、

 

信じた対象を恨んだりする事がある。

 

 だから、

 

私は信じる事、期待するという事の、

 

身勝手さと不毛さに嫌気がさして、

 

距離を置いていたのだと思う。

 

 

私は人から伝えられる言葉にすら、

 

素直に受け止める事が出来ない。

 

嬉しくなる様な言葉も、

 

まるで他人事の様にしか受け取れない。

 

 

『ああ、お前、良かったな。

 

  そんな事言ってもらえて。』

 

と客観的に見つめてしまう。

 

 

喜びの言葉が、

 

私自身の喜びとして合致させる事がうまく出来ない。

 

 

そのくせ、己を悲しくさせ、

 

傷つけるような言葉は、

 

しっかり悲しみ、傷つける事が出来たりするから、

 

タチが悪い。

 

 私は「自分が悪い」という事を、

 

信じているからだろう。

 

 

何かを信じ、

 

打ち崩される事を重ねる度に、 

 

 もう、傷つきたくない。

 

その悲しみから立ち上がる自信はない。

 

と信じる事を恐れていった。

 

 

この弱い自分が生きるために、

 

信じるという事に対しての思索は進み、

 

経験から、知識から、学びを深めた。

 

 

物事の本質はあらゆる事に、

 

「意味」も「善悪」もないのだろう。

 

ただ現象が起きて、消え、変化する。

 

無常。

 

無常と言っても、儚いとか虚無という事ではない。

 

ただ移り変わるという事だ。

 

確かにそうだ。

 

現実に照らし合わせれば、

 

そうであるとしかに言いようがない。

 

 

 私は神様に会った事もないし、

 

人間の言葉以外から、

 

また私自身から、

 

真実というものを直接聞いた事がない。

 

 

生きる意味や、価値は、

 

人間がつけたい様に付けている。

 

その方がずっと理屈として、

 

無理なく納得出来る。

 

それでいいのだと思っている。

 

 

意味の無い事に意味を与え、

 

一喜一憂するのが人生かもしれない。

 

そうでなければ人は生きられないから。

 

いやいや、そんな事はないはずだ。

 

私が単に失敗しただけで、

 

禅的思考で人生を豊かにした方の方が、

 

ずっと多いはずだ。

 

無常である事の奇跡を楽しめる人もいるだろう。

 

無常である事に空しさを感じる人もいるだろう。

 

 

私は後者に近い感覚を持ち、

 

物事の本質を見つめる内に、

 

心の体温が冷えてゆき、

 

物事に表面上は動じなくなったが、

 

同時に生きる情熱を失っていった様に思う。

 

「仕方ない、そうで在るんだ」

 

と、諦める事が習慣になった。

 

 それは深刻ではなく、

 

淡々としたものだった。

 

 

自分というものを見つめる程、

 

自分というものが信じられなくなる。

 

記憶、想い、感情は移ろい、

 

弱く、情けなく、恥ずかしい想いはとめどない。

 

そんな見たくない事ばかりに出会った。

  

自分というものは、

 

感情も思考も自動的に発生している事を知り、

 

自分もまたコントロールが出来ない、

 

他者なのだと知った。

 

 

「自分を信じる」というが、

 

「その自分」が、

 

ますます、何なのか分からない。

 

自分を超えた存在として分からなくなっていく。

 

その分からない自分の

 

何を信じればいいのだろうか?

 

つづく

 

 

 「あなたへ」

 

めんどくさっ!!

 

好きに信じれば、

 

いいだろがっ!

 

めんどくさーんだよ!

 

おめー!

 

こんな感じで続きます。

 

 

 さて、

 

チビ達に格闘技用のミットを購入し、

 

その流れで、

 

同じ年代の子供がトレーニングしてる動画を見せました。

 

もう、影響されまくり(笑)

 

今、現在、私の周囲で小さい奴らが、

 

腹筋、

 

腕立て、

 

倒立もどき

 

をやりまくり、

 

その都度、

 

ねえ!出来てる?

 

これすごい!?

 

筋肉ついてる?

 

とうるさいので、

 

うるせー!

 

見えないとこでやれ!

 

といったら、

 

なんで見せちゃダメなの?

 

と言ってきました。

 

ああ、俺も修行が2000回間近で、

 

止まってるな。

 

コツコツやろうっと。

 

今日は夏至。

 

父の日か。

 

ありがとう。

f:id:sintamsc:20200621092629j:image

 

晴れるかな。

 

素晴らしい1日になりますように。