わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

スマホがほしいの③完結

ビーチ, 鳥, 日の出, 夕暮れ, Hd の壁紙, 自然, 海, アウトドア, 砂, 海景, 海岸, 空

「わたしのきもち」byPixabay 

 

 

不思議ちゃん

「電話って、

 

 そんなにお金かかってるんだ・・・

 

 知らなかった・・・

 

 わたしのポイントでは

 

 足りないか・・・」 

 

 

不思議ちゃんは現実を知り、意気消沈。

 

 

オジサンは不思議ちゃんの意向と経済面を勘案し、

 

 

これはどうだ!!

 

 

と提案した。

 

 

オジサンの提案

①友達と遊びに行く時は家のスマホを使ってよい

②ラインのアドレス登録も自由

③ただし、通信したりする場合はwi-fiのある環境を探せ(笑)

④知らない人とライン交換はしない事

⑤弟・妹ににキッズケータイでの連絡方法を伝授する事

 

 

不思議ちゃん

 

「ほんと!!

 

 いいの!!

 

 それでいいよ!

 

 やったー!」

 

 

オジサン

『ただ、ライン交換する時とか、

 

 通信する時は、

 

 コンビニとかで

 

 やらないと使えないぞ。

 

 めんどくさいぞ!

 

 まあ近くならファミマだな。』

 

 

不思議ちゃん

「別に大丈夫だよ。

 

 友達もやりとりする時は、

 

 自宅近くでやってるから!!」

 

 

なんだ、

 

他の家庭も似たようなもんだ(笑)

 

 

さて、

 

無事にスマホ問題は解決した。

 

経済的にもノーダメージ。

 

 

不思議ちゃんは嬉しくて今にも飛び上がりそうだ。

 

わたしのきもち

作 不思議ちゃん

 

あの時ちゃんと、

 

勇気出してよかった。

 

あの時ドキドキしたけど、

 

ダメって言われると思ったけど、

 

言われなかったから安心した。

 

そして、

 

お父さんにこれでやってみるか?

 

と聞かれたとき、

 

嬉しくて嬉しくて安心した。

※上の写真はその時の心模様です。

 

 

 

しかしですね。

 

このドサクサに紛れて、

 

功を奏した作戦も、

 

 

そのうちすぐにですね。 

 

 

「自分だけの

 

 スマホが欲しい!!」

 

 

と言われるのは、

 

時間の問題なのです(笑)

 

 

おわり