わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

金木犀

f:id:sintamsc:20201016212525j:image

「金木犀」by kaori

 

夕方。

 

外に出ていると、

 

金木犀の香りがふわっと、

 

わたしの場所まで漂ってきました。

 

まるで、

 

金木犀から呼びかけられたように、

 

私は金木犀の存在に気づきました。

 

「花が咲くよ、気づいて」

 

そう言われているようでした。

 

私は金木犀を見つめました。

 

 

金木犀の花の色はまだ白い。

 

あと数日で綺麗なオレンジ色に染まる事でしょう。

 

 

金木犀の花はかわいい。

 

可愛らしい小さな花が集まって、

 

一つの花のようです。

 

そして、

 

何よりその香り。

 

言葉では表現できないあの甘い香り。

 

その匂いの強弱は、

 

まるで金木犀が呼吸をしているかのように、

 

波の様なリズムを感じます。

 

花粉が物理的に風にのって鼻腔に届いてるのでしょうか?

 

いいえ、意志をもって、香りを届けているのです。

 

 

私はその可愛らしい花を写真におさめました。

 

しかし、

 

一番大切なものをおさめる事は出来ませんでした。

 

 

それは、その香り。

 

匂い。

 

 

その香りは残す事が出来ません。

 

姿は記録として残せても、

 

その存在の一番の光である匂いは、

 

決して残せません。

 

この時期だけ。

 

今だけ。

 

ここに存在したもの同士だけが、

 

その交流が出来るのです。

 

 

それは花の美しさだと思います。

 

 

当たり前じゃない。

 

一瞬一瞬、失われる美しさ。

 

いま、この時。

 

だからこそ、

 

人は心にその美しさを味わう事が出来ます。

 

それは生きる事であり、悲しさであり美しさです。

 

 

私達も本当は同じなのです。

 

芽吹き。

 

萌える。

 

そして枯れる事すら美しいのです。

 

 

私は金木犀にその美しさと香りを伝えました。

 

「ありがとう、すばらしい香りだよ。」

 

 

この時期、

 

金木犀は私達を呼び続けています。

 

f:id:sintamsc:20201020144011j:image

銀木犀って?金木犀(キンモクセイ)と銀木犀(ギンモクセイ)の違い | LOVEGREEN(ラブグリーン)

金木犀(キンモクセイ)の花言葉は、「謙虚」「謙遜」「陶酔」「初恋」。

金木犀(キンモクセイ)の花言葉の「謙虚」は、その甘くすばらしい香りに反して、控えめな小さい花をつけることにちなんでいると言われています。また、「気高い人」の花言葉は、雨が降るとその芳香を惜しむことなく、潔く花を散らせることに由来するそうです。