わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

2020年という年

f:id:sintamsc:20201231224910j:image

『初めての雪』bys

 

今日が2020年最後の日。

 

令和二年。

 

人生の大激変。

 

ベスト一位を更新。

 

見てる風景は、あまりに変わりました。

 

 

3年前のさとうみつろうさんの忘年会。

 

2017年の12月。

 

ブログを書き始めた年だ。

 

その時の事を思い出し続けている。

 

 

集団が苦手なくせに、

 

誘って頂いたので無理矢理参加して、

 

落ち着かない心で、忘年会の場に向い、

 

周囲から勧められた席に座った。

 

 

たまたま座った席の隣の女性が、

 

私をしげしげと見つめ、

 

何やら何かを伝えたそうにしている。

 

もちろん初めて会ったばかり。

 

お名前は、私の姉と同じ名前だった。

 

彼女は、少し言いにくそうな表情をしながら、

 

私に伝えてくれた。

 

『変なこと言うようだけど、誰でもいう訳じゃないよ。私の守護する存在と縁がある時に、こんな風に伝える事があるの。あなたのご先祖様か守護するものが、あなたに対していい加減受け入れなさい。素直に受け止めなさい!と怒ってますよ。あなたは、どれだけ頑固で、素直じゃないのか?どれだけの事を起こせば素直に受け止める事が出来るのか?』

 

私は見えない存在やあまりに常識を超える出来事に、心が揺れている時期だった。

 

彼女は、私の顔を見て、

『3年後の今頃、あなたは、全く違う場所に立ち、全く違う風景を見ています。今からは想像出来ないと思うけど、そうなるの。』

 

と確信に満ちて言った。

 

3年後は2020年の12月か。

 

私は、安定した仕事、家族を持っていたので、

 

そんな事は決してあり得ないと思っていた。

 

 

そして、3年後の2020年。

 

その通りになった。

 

 

勤めていた会社をやめ、

 

家族構成が変わり、

 

私は会社を興し、王国の第一歩を歩み出した。

 

 

私は命を燃やす人生を選択した。

 

なっちゃん、生きる事は不思議な事だよ。

 

物語はますます、

 

物語になってゆきます。