わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

一リットルのオジサン

「はぐくまれて」

f:id:sintamsc:20190617205310j:image

「上海楼の金のブタ」bys

 

吾輩の心は、

 

一リットルの容量でございます。

 

私の推測

一般的な社会人の心の容量は、10リットル。

しかし、このオジサンは、

他者からは100リットルくらいに見える様です。

しかし、実際は一リットルしかないのである。

 

昨日眠る前に、

 

一リットルの心の容量に、

 

ある案件により、

 

700ミリリットルの感情と思考が注ぎ込まれました。

 

時計を見ると、深夜3時。

 

明日は一週間始まる事を思い出し、

 

心の容量は750ミリリットルに増加。

 

ゲフッ。

 

寝ないと死んじまう・・。

 

 

さあ、爽やかな月曜日。

 

1リットルのおじさんは、

 

心の容量はすでに750ミリリットル。

 

さあ、

今日はここから勝負!

 

オッ死!

 

オッシ!!ここから!

 

ここから!

 

社会よ!こーい!

 

 

1リットルのオジサンは、

 

朝から与えられた任務の遂行のため会社に訪問。

 

ふー無事終わったぜ。

 

事務所に戻ったら、

 

おじさんを指名する相談が待っていた。

 

ゲフッ。

 

ははは。

 

こっからだよな。

 

 

相談を終えた時、

 

オジサンの心は、850ミリリットル

 

 

ははは、お腹いっぱいだぜ!!

 

おかわりはいらん!!

 

もう充分。

 

PM。

 

一リットルのオジサンは、

 

ある案件で会社に呼び出された。

 

グハッ!

 

行きましょう。

 

もうすでにお腹いっぱいですが・・・。

 

2時間半。

 

出たとこ勝負作戦で、

 

何とかその場を丸く収めた。

 

ハアハアハア。

 

任務を終えた時、

 

1リットルのオジサンの心容量は、

 

950ミリリットル!!

 

やばいよ!

 

このままじゃ、

 

オジサンの

 

ハート破裂しちゃう。

 

ウップ・・・。

 

事務所に到着した時に、

 

疲労が蓄積し、

 

MAX1リットル!!

 

あ!

 

しまった!!

 

忘れてた!

 

あれ今日

やんなきゃだめじゃん!!

 

1リットルのオジサンの心容量は、

 

限界容量を迎えたまま!!

 

えーい、

 

これが仕事じゃ!!

 

トーォッー!!

 

と、任務を遂行。

 

心容量は

 

1100ミリリットル!!

 

ぐおお・・・

 

おじさん!おじさん!!

 

おめーの、

 

ちっこい心は

 

破裂してねーか!?

 

 

 

あ、あれ?破裂してない・・・。

 

限界越したら、

 

容量が増えちまったのか。

 

そう・・・

 

また強くなっちまった。

 

社会よ・・・。

 

オメーって奴はよう、

 

今日も、

 

俺を育みすぎだぜ!!

 

以上です。