わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

みちびらきの日になります様に

生まれてから、ふと気づいた。 乗るつもりのなかった、 ジェットコースターに乗っていた事。 もう動いちゃってて。 だから、きっとよく泣いたんだな。 生きる事の騒音。 スピード。 目まぐるしく展開する景色。 怖くて怖くて、 力をずっと入れたまま、 背を…

みろくのひ

令和3年3月3日 よく晴れた、青い空でした。 この想いを言葉に表現する事はとても難しい。 そして、この心の内を表現する勇気もない。 でも、 とにかく、私にとっては、 今日この瞬間、 なっちゃんとの約束は果たせたかな。 私は何にも出来なかった。 ただた…

2020年という年

『初めての雪』bys 今日が2020年最後の日。 令和二年。 人生の大激変。 ベスト一位を更新。 見てる風景は、あまりに変わりました。 3年前のさとうみつろうさんの忘年会。 2017年の12月。 ブログを書き始めた年だ。 その時の事を思い出し続けている。 集団が…

開く扉は閉じる扉

『その日の月』by s 長い旅の一つを終えました。 髪を短く切って、 見上げた空には、 はっきりとした美しい月が輝いていました。 私にとって人生の半生という長い長い旅路でした。 人として生まれて味わう、 あらゆる感情を味わい尽くした様な気もします。 …

真睦(maam)

「令和2年第170号誕生」byS なにごとの おはしますをば しらねども かたじけなさに なみだこぼるる ※西行が伊勢神宮を参拝した時に詠んだ歌 西行 - Wikipedia 西行(さいぎょう、元永元年〈1118年〉 - 文治6年2月16日〈1190年3月31日〉)は、平安時代末期…

金木犀

「金木犀」by kaori 夕方。 外に出ていると、 金木犀の香りがふわっと、 わたしの場所まで漂ってきました。 まるで、 金木犀から呼びかけられたように、 私は金木犀の存在に気づきました。 「花が咲くよ、気づいて」 そう言われているようでした。 私は金…

かみな月(出口日出麿)

「大榎」byS 淋しいでしょう 辛いでしょう しかし辛抱して下さい もう少しです 明けぬ闇はなく 尽きぬ冬はありません 歯を食いしばってでも 土にかじりついてでも どうなりこうなり この峠を越えて下さい 「ああダメだ」などとは 決して言わぬことです 東…

祝!!2千日!!と誕生日

『始まりの門』bys 2011年、9月。 ボーゼンと見上げた、 あの時の空を忘れられないな。 自分を変えるのではなく、 環境が変わる事を期待して、 見事に打ち崩されたあの日。 世界は何にも変わりゃしなかった。 打ちのめされた翌日、 世界に期待するのをやめて…

無理をやれ!

「押し通せ」 by Pixabay 無理だと 言われる事しかやるな www.seikowatches.com という広告が目に入った。 ほーう・・・ 勇ましいね。 数時間後、 不思議ちゃんが、 「お父さん、あのね ブラックウェルはね、 周りから無理だと言われるとね、 よけいに やる…

令和二年九月重陽の節句

『菊の花』 by Pixabay 重陽 - Wikipedia 重陽(ちょうよう)は、五節句の一つで、9月9日のこと。旧暦では菊が咲く季節であることから菊の節句とも呼ばれる。 陰陽思想では奇数は陽の数であり、陽数の極である9が重なる日であることから「重陽」と呼ばれる。…