わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

子供の情景

子供達と過ごす命の時間(成長の記録)を切り取りました。自分の子供、甥っ子、姪っ子、血が繋がってなかろうが関係なし!とにかくオジサンの子供だ。我が子供達よ、この世界でオジサンと沢山遊んでくれ。

令和二年八月の終わり

『トンボを追いかける』 by s 夏が終わるなぁ。 今年の夏はよく川に行ったな。 7月はあんなに雨ばかりだったけれど、 8月はよく晴れて、暑い暑い夏だった。 大地に溜まりに溜まった水分も、 太陽に照らされて、 充分、天に還った事だろう。 子供は水が好きだ…

スマホがほしいの③完結

「わたしのきもち」byPixabay 不思議ちゃん 「電話って、 そんなにお金かかってるんだ・・・ 知らなかった・・・ わたしのポイントでは 足りないか・・・」 不思議ちゃんは現実を知り、意気消沈。 オジサンは不思議ちゃんの意向と経済面を勘案し、 これはど…

スマホがほしいの②

「わたしのきもち」byPixabay 不思議ちゃん 「ほんとだよ。 学校のクラスのみんなもね、 ほとんど持ってるんだよ。 持っていない子もそりゃいるけど、 それは本当に少ないの」 うーむ、もうそんな時代なのか? 他の家庭はそんなんなのか? しかし正直早い気…

スマホがほしいの①

「わたしのきもち」byPixabay 「おとうさん、 後で5分でいから話を聞いて」 長女(不思議ちゃん)はずいぶん神妙な顔で、 オジサンにそう伝えた。 「ん?わかった。あとでな」 とテキトーに返事をした。 20時過ぎ、 下の2人はいつものように、 オジサンにま…

かたきをうつ

「君の名はチビ」byPixabay えー、ザリガニ君のその後です。 ザリガニの名前は、 「チビ」と命名されました。 オジサン 「デカくなったら名前どうするんだ?」 という問いには、 坊主 「デカになる!」 という事です。 sintamsc.hatenablog.com sintamsc.ha…

稲妻が告げる

「稲妻」byPixabay これは・・・ 記録すべし。 前日雷について書いていて、 なんとタイムリーだろうか。 朝からよく晴れた。 太陽が世界を照らす事がこんなにも嬉しいとは。 大地の水分が空に還ってゆく。 夕方。 気付けば、空は突然黄色になった。 ピカッ…

稲妻が落ちた朝

「雷」byPixabay 7月18日土曜日の朝。 雨の音で目が覚めた。 厚い雲に覆われていたので、 辺りはまだ暗い。 早くから起きる坊主は、 恒例行事として、 寝ているオジサンにまとわりつく時間がある。 「なんだよ、寝かせてくれよ~」 と坊主はオジサンに絡みつ…

予言以上

「いきる」byPixabay 朝。 テレビを見てる子供達。 オジサン 「おい!ザリガニはどうだ」 子供 「さっき、見たよ、なんか動いてないよ」 (すでに関心が薄い・・・) ムカっ!! 関心うす! 昨日の俺の予言以上を示すんじゃない!! どれどれ ・・・ あれ・…

生き物と暮らしたい

「捕まっちまった」byS ザリガニ持ってきたよー と、坊主の溌剌した声が響いた。 坊主が嬉しそうに持っている 小さな飼育ケースを覗くと、 まだ小さなザリガニが、 汚れた水の中に佇んでいた。 その声を聞いた、 姉や、妹もワクワクした様子で、 飼育ケー…

雨と蛍

『令和2年の蛍』by s 雨が降りはじめた。 今日も次の日も。 そろそろ、あの季節。 『こんにちはホタルが少し飛ぶようになりました』 と、連絡を頂いた。 蛍で毎年お世話になってるOさんからだ。 ああ、そうかと、 俺は少し物思いにふけった。 今年で何回目だ…

ぼくの勇気は8月に③完

「もっとココにつれてこい」byS 坊主は真剣な眼差しで、 『8月になったら、 僕は勇気がきっと出るんだ。』 「8月になったらね、 パワーストラップがもらえるの。 そこには七つの力があって、 ゆうきのちからも入ってるんだ。 だからそのゆうきで、友達も…

ぼくの勇気は8月に②

「ここはよいぞ」byS 私は坊主に、 「坊主くん、友達をどうしたら作れるか教室やってみるか?」 と問いかけると、 「うん、やる」 という力強い返事だった。 奴は本気だ・・・。 オシ、応えてやろうじゃないか。 部屋には日中の暑さが残っていた。 窓を開…

ぼくの勇気は8月に①

「もっとここにいたい」byS 「8月になったら、ぼく、ゆうきが出るとおもうんだ」 と照れ臭そうに、恥ずかしそうに坊主が言った。 私は何故だろうと考えた。 学校の再開。 新しい環境。 その始まりを楽しめる長女と次女。 学校に行く初日、坊主は私のふく…

カラダイテー

「橿原神宮」byS 朝起きた時、 多分2日酔いの様に (なった事ありません、下戸ですので。) 頭がずーん!と痛い。 全身痛い・・・ 首イテー せっかく今日から修行しようと思ったのに、 日常生活がすでに修行状態・・・ 先程、マッサージを受けました。 子…

ぼくはいく

『これだけでいい』by s 昨日、あまりにもうちの坊主が「甥っ子」と一緒に居たがるので、 私 「じゃあ、姪っ子がウチに、坊主は甥っ子の家で暮らすか?」 と冗談半分で伝えました。 私 「その代わり小学校も変わらなくちゃいけないよ。」 と伝えましたが、 …

夏の異邦人

晴れ。 朝方はもう涼しいくらい。 秋の風が確実に吹いています。 今日が甥っ子、姪っ子達と、 唯一丸一日遊べる日。 水着や、ライフジャケット、魚の仕掛け、 などを準備して恒例の川に向かいました。 平日のため人はとても少なく、 いい気分。 九時過ぎには…

令和の夏

『親父の定番』by s 今日から、2日間。 父と姉の子供達が我が家に遊びに来ました。 昨日は迎え入れる準備のため、 丸1日部屋の片づけをしました。 チビ達もポイント目当てに掃除を頑張りました。 ポイントとは、いせ君(犬)を飼うために必要なポイント。 10…

やさしい手で

「知らなかったレインボー」by S 子供という存在は優しいなと思います。 人間としての自然に持っている優しさ。 物事を受け入れる器。 私は到底かなわないと実感します。 意地悪だったり、 喧嘩したり、 ズルしたり。 そんな事は日常にある。 でも、それと…

命はどうして続くの?(1)

「子供」byGAHAG ここ最近、 うちの子供達が「命」についての好奇心が高まっていました。 小学校3年、1年、年長さんのチビ達です。 男、女と性が異なる兄弟達がいます。 あまり積極的に記事にしたいと思いませんが、 大切な事だと思いますので、 これ…

夏の思い出

「カブトムシ」byS 週末の早朝5時過ぎ 「おとうさん、起きて!約束だよ」 と叩き起こされました。 昨日まで仕事だったので身体は重く、 うへー ゆっくり寝てたい・・・ と思いましたが、 たしかに約束してたなあ・・・ という事で起きて準備を開始しまし…

ようこそ、待ってたよ④

「うち、来るかい?④」 「出会いのハグ」byS sintamsc.hatenablog.com この犬を飼いたい!! という決め手を欠いたまま、 令和元年の7月に入りました。 この7月に突入した直後、 私にとって魂を揺さぶられる出来事が起きたりと、 私を含めた周囲の流れは…

ようこそ、待ってたよ③

「うち、来るかい?③」 「出会い頭」byS sintamsc.hatenablog.com とあるNPO団体が殺処分寸前の犬をレスキューして、 毎月数回、 譲渡会を開いているという情報を入手しました。 譲渡会とは、保護された犬の様子を直接見て 里親に迎えるか判断することが…

ようこそ、待ってたよ②

「うち、来るかい?②」 「出会いの瞬間」byS sintamsc.hatenablog.com 犬を手に入れるなら、 保護された犬にしようと決めました。 環境省_統計資料 「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」 [動物の愛護と適切な管理] 年度 犬 猫 合計 引取り数 処分数 …

ようこそ、待ってたよ①

「うち、来るかい?」 「出会いの時」byS うちのチビ達が、今年に入ってから、 「犬を飼いたい!」 と猛烈に私にアピールし始めました。 理由は、 妻の実家のご近所さんが日本犬を飼い始めた様で、 子供達は実家に遊びに行く度に、 その犬と触れ合う時間…

蛍に会いたい

「4年目の蛍」 「ゲンジホタルの光」byS 去年の記事↓ sintamsc.hatenablog.com 今年は蛍のシーズンが来ても、 Oさんからの連絡はありませんでした。 Oさんとは4年前に、 蛍が見つからず途方に暮れていた時に、 偶然出会い親切に声をかけて頂いた方。 O…

そんな事より、ずっと

「取るに足りない事ばかり」 「ここにあるのに」byM スプーンを曲げる事が出来るんだって? ああ、そうなんだ。 そんな事より、 君の駆け足の方がずっとすごいぞ。 明日を予言する事が出来るんだって? ああ、そうなんだ。 そんな事より、 君の「おやすみ…

おとうさんのばか

「なんにもわかっちゃいない」 「運動会の空」byS 今日はブロウちゃんと坊主の運動会でした。 晴れていましたが、雲も多く、 風も吹いていました。 競技を行うには季節的に、 とてもいい時季だと思いました。 今回! 私も珍しく行きました。 何故珍しいか…

あらしがくるよ

『あなたへ』 『帰路』by m 『おとうさん、嵐が来るよ。 みんなにおしえてくるよ』 急に風が強くなってきたの。 葉っぱは、 気持ちよく揺れてたけど、 そのうち、 葉っぱが飛ばされそうなほど、 風が強くなったの。 白い雲が、 鼠色の雲に変わって、 むくむ…

あそべ

「あなたへ」 「思い出の3月の空」byS もう夕暮れ。 夜が来て、もうお別れだね。 君達、今日寝るのがさびしいね。 いとこのお兄ちゃんとお姉ちゃんに、 チビ達はまとわりついてる。 俺もよく覚えてるんだ。 大好きないとこのお兄さんがいて。 まだ小さい…

分からないから楽しいんだ

「あなたへ」 「天の川」byS 休みです。 今日は冬の様に寒い。 風邪をひいた様です。 今、コーヒーを飲みながら、 姉のパン屋さんから届いたラスクを食べています。 文面にすると、 優雅に落ち着いている様ですが、 隣では、大音量のTVゲーム音と、 甥…