わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

今が出発の時(結びの日)

f:id:sintamsc:20190924234552j:image

「始まりの日」byM

 

私には敬愛する人物がいます。

 

その人物は「神」と共に生きています。

 

 

振り返れば、

 

私の人生の節目に必ず立会い、

 

私を支え続けてくれました。

 

 

彼は、「人」として、

 

この世界に立ち続けています。

 

 

傷つき、迷い、それでも、

 

光を失う事はありません。

 

 

私の様な無礼者を受け入れ、

 

信頼し、時に必要な言葉を与えてくれます。

 

 

私は彼の存在が、涙が出る程大好きなのです。

 

 

今日は、忘れ難い日となりました。

 

 

きっと生涯忘れる事など出来ません。

 

 

彼を通し、神様が伝えてくれた言葉を。

 

 

共に聴いてくれてありがとう。

 

 

「あなたがたはこの山に長くとどまっていた。向きを変えて、出発せよ。」

申命記1:7

 


「見よ。わたしはその地をあなたがたの手に渡している。行け。その地を所有せよ。」

申命記1:8

 


「わたしがモーセに約束したとおり、あなたがたが足の裏で踏む場所はことごとく、すでにあなたがたに与えている。」

ヨシュア記1章3節

 


「わたしはあなたに命じたではないか。強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。あなたが行くところどこででも、あなたの神、主があなたとともにいるのだから。」

ヨシュア記1章9節

 

一人では河を渡る事が出来なかった。

 

でも、今は出来る。

 

河を渡る勇気は、今の私にはあるのです。