わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

明日から物語が始まります。

 

f:id:sintamsc:20171126190340j:plain

※なっちゃんは、空を見るのが好きでした。私は空も海も風も月も太陽も好きです。

 

ようやく、準備が整いました。

明日からいよいよ、「なっちゃんとのお別れ~天河神社までの物語」を連載します。

 

私の視点での「しんちゃんとなっちゃんの不思議な物語」です。

 

阿部敏郎さんには遠く及ばない事はわかっておりますが、

 

私の様な、

真実に触れている事に、気づく事が出来ておらず

痛みと迷いの中で

生にもがいている

そのような人間が書く物語も、

誰かの痛みを癒す可能性があると信じています。

 

なっちゃんのご家族。本当にありがとう。

私の言葉の力を信頼し、励ましてくれたこと。

 

おかげさまで、心置きなく書き進める事が出来ます。

 

私の言葉で、どこまで届くかは分かりません。

 

でも精一杯やるだけです。

俺の人生、それだけが取り柄ですから(笑)

 

私は、なっちゃんとの出会いにより

人生が大きく変わり、大きな不思議な流れに乗り始めました。

 

なっちゃんが生きる事が辛かった時

私は、なっちゃんとある約束をしていました。

 

私は「おうこく」を創ると。

そこの住人に、なっちゃんはなってくれと。

なっちゃんは、その住人に何よりふさわしいからと。

それは、宗教的なものではありません(笑)

安心出来る居場所という意味です。 

 

『朝、目が覚めた時 「さあ始まる」と希望に満ち

 夜、目を閉じる前  「いい1日だった、明日楽しみ」と安らかに眠る。

 そんな、小さな居場所をいつか創るから、それが完成するまで生きてくれ』

 

という事を約束しました。

 

もちろん、何の計画もありません!!

でも気持ちは本気でした。

なっちゃんの様な、人を傷つける事なんて考えも出来ない

優しい心の人々と

私は人生を共に過ごし、私自身が幸せになりたいと思っていたのです。

 

当時のなっちゃんは、俺の夢物語を

優しい顔で聞いてくれて

その時は、生きる事を選んでくれました。

 

願わくば、なっちゃんと同じ痛みを抱える命が

どうか、生まれた事を悔やむことなく

生を喜び、全う出来ますように。

 

なっちゃん。聞いてるか?

俺は今もさびしいよ。

今も後悔がいっぱいだ。

柄にもなく、目立つ事が嫌いな俺がこんな事してる。

頑張ってるだろ?

なっちゃんの生は決して無意味なんかじゃない。

なっちゃんの存在は、俺を今生かしている。

 

いいか? 俺が証明するから。

なっちゃんが今まで味わった痛み、苦しみのすべては

無駄にはならない。

そのすべてはいつか反転して

今度はなっちゃんが世界の痛みを癒すんだ。

 

明日から、連載スタートします。

 

わたしを「いい人」と考えている「あなたへ」

わたしを誤解しないように。

私を叩けば、ほこりが出るどころか

実体がなくなってしまいます(笑)

私には、怒り・憎しみ・欲望・妬み、あらゆる煩悩のるつぼです。

これは、謙遜ではなく 事実です。

 だからまあ、いろいろ許して(笑)