わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

ようこそ、待ってたよ①

「うち、来るかい?」

f:id:sintamsc:20190714230500j:image

「出会いの時」byS

 

うちのチビ達が、今年に入ってから、

 

「犬を飼いたい!」

 

と猛烈に私にアピールし始めました。

 

理由は、

 

妻の実家のご近所さんが日本犬を飼い始めた様で、

 

子供達は実家に遊びに行く度に、

 

その犬と触れ合う時間をとても楽しみにしていました。

 

犬の魅力にすっかり心を奪われた子供達は、

 

犬の本など図書館で借りる様になっていました。

 

 

私も小学生高学年から、

 

室内犬を飼っていた経験があります。

 

犬と過ごした時間は、

 

振り返れば特別な時間でした。

 

20年前の事ですが、

 

今でも色褪せる事はありません。

 

 

命を飼う喜びや大変さ、

 

別れの悲しみも含めて

 

子供達にもそんな経験をさせてあげたいなと、

 

心のどこかで思っていました。

 

当時の私はろくに世話をしてませんでしたが・・・・

 

 

幸いにも妻も犬を飼いたいという気持ちを、

 

以前から抱いており、もし飼うなら

 

「柴犬(日本犬)がいい!」

 

というコダワリがありました。

 

犬の笑ってる様に見える顔。

 

犬の堂々した肛門の見せ方に感心していた様です(笑)

 

私は紀州犬がカッコいいなと思っていました。

 

 

さて、

 

子供達が犬を飼いたいと言い始めた際、

 

私はこの機会をおおいに利用しました。

 

片づけ・お手伝いなどをやると、

 

ポイントが貯まるシステムを制定したのです。

 

お手伝いを習慣化させようと。

 

普段から何でもやりっぱなし!

(私に似て・・・)

 

・靴を揃える 0.5ポイント

 

 ・風呂掃除 2ポイント

 

・トイレ掃除 1ポイント

 

 

こんな感じですが、

 

 実際は私の気分でポイントが付与されます(笑)

 

 付与されたポイントはホワイトボードに見える化されます。

 

そして競争心を煽ります(笑)

 

 

『犬を飼うには、

 

1000ポイント貯めたら飼えるぞ!!』

(数値はテキトーに設定しました。)

 

 と頑張る事がモチベーションに繋がるようにしました。

 

・犬1000ポイント

 

・鳥300ポイント

 

・ハムスター100ポイント

 

 

これもテキトーに設定しましたが、

 

ポイントは費用面が考慮されています。

 

 

そして子供達は、

 

子供たちなりの努力が始まりました。

 

「おとうさーん!〇〇やったよ」

 

「〇〇やったら何ポイント?」

 

自分の得にならないとやらない!!

 

というの、どーかと思いますが、

 

それでも、動機は何であれ「やる経験」を持たせる。

 

何にせよ、

 

やった方がいいと私は思いますから。

 

まあ、大人だってみんなそうですよね・・・。

 

動機が弱いと「やらされている・・・」になりますから。

 

 

しかし、実際やってみると

 

1000ポイントは途方もない(笑)

 

 

坊主などは

 

「もう、ボクハムスターでいいよ!」

 

と早々に投げやりになっていました(笑)

 

が、

 

長女ブロウちゃんは

 

「絶対!いせ君(犬の名前)飼う!」

 

犬の名前はすでに決まっていたのです(笑)

 

いせ君!!

 

 

犬を手に入れる方法は

 

もうすでに決めていました。

 

 

以前、捨て子猫を拾った際に、

 

地元の動物愛護センター届けた事があります。

 

その際に、捨てられた犬や猫の悲しい現状を知りました。

 

ですから、

 

もし飼うのであればその様に、

 

保護された犬を引き取ろうという事を決めていました。

 

つづく