わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

ひらくまえ

 『あなたへ』  

f:id:sintamsc:20210127195017j:image

「カトレア・ルデマニアナ」by K・O

 

『手のひらの自然な状態は

 

 ひらいている状態。

 

 拳をつくるには、

 

 手のひらを握る意志が必要。

 

 そんな風に、

 

 心を開かせていないのは、

 

 本当は自分自身なんだ。』

 

 

そう、

 

私は教えて頂きました。

 

本来は、ひらいている。

 

その状態が自然。

 

そうであれば、

 

心を閉じている状態というのは、

 

不自然な状態という事になりますね。

 

拳を握るように、

 

自分自身の意志によって

 

心を閉じているというのは驚きです。

 

開くためには、

 

開こうと努力する必要はないそうです。

 

ただ、握りしめる事をやめた瞬間、

 

自然に心は開かれるそうです。

 

私は、

 

禅の接心の時に一度、

 

心を完全に開いた状態になった事があります。

 

あの時、自分に飛び込んでくる

 

愛のエネルギーの強さ。

 

その経験は忘れる事は出来ません。

 

ちなみに今は、

 

完全にもとの状態に戻っています 笑

 

確かにあの時の私は、

 

心を開こうと意図した訳でありません。

 

ただ、

自分の弱さを認めて表明しただけです。

 

あの時、たしかに開いたようです。

 

私はあの経験以降。

 

自分の恥や恐れ弱さを、

 

表明する事に対しての抵抗が、

 

少しずつ減ってきました。

 

あんなに、硬かった人間が・・・。

 

信じられません。

 

しかも

 

人に対して、弱さを表明する事で、

 

人間関係が気楽に、

 

そして良好になっている事に、

 

気付き始めています。

 

まあ俺なんて、

 

失敗と

 

赤っ恥の

 

人生です。

 

荷物を全て降ろしたいものですが、

 

実際は、なかなか出来ない。

 

すべての弱さを認める事はまだできません!!

 

抵抗してしまいます、私は。

 

だって

少しでもカッコ良く見られたいもの(笑)

 

でも、まあ。

 

少しずつ少しずつ、

 

自分のスピードで。

 

私は不要な荷物(プライド)を、

 

降ろしていってるような気もします。

 

さあ、また今日も始まります。

 

あなたとわたしが、

 

今日のわずか一瞬でも、

 

重い荷物を手放して、

 

はなひらく事が出来ますように。

 

ああ、ちなみに。

 

第六チャクラ!

 

完全に沈黙!

    に参加しています。

↑ ↓バナーでも押せます。)

大きな励みになります。

是非のバナーをクリックして頂けると嬉しいです!!