わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

追憶(1)

 『あなたへ』   

f:id:sintamsc:20210127202721j:image

「阿蘇 草千里」 by sige

 

幼い頃から、

 

自分の独自のペースと世界観があり、

 

一人で過ごす事が好きでした。

 

幼稚園の時の1人で砂場、

 

昆虫の幼虫を探すのに夢中で、

 

ひたすら、

 

スコップで穴を堀り続けていました。

 

私が5歳の時、初めての友人が出来ました。

 

歩いて10分ほどの町内に住んでおり、

 

彼はその町内同士の友人と

 

サッカーをしていました。

 

友人

「今日遊ぼうよ」

 

「うん」

 

友達からサッカーを、

 

誘われて参加するのですが、

 

つまらなくて死にそうでした。

 

しかし、

 

彼は今でも繋がりがあり、

 

大切な親友です。

 

私は一人で過ごす事が好きで、

 

集団行動が苦手。

 

だから、

 

よく友人達の団体競技の遊びの誘いを、

 

断ったものです(笑)

 

しかし、

 

不思議なもので、

 

私は幼い頃から友人に恵まれてました。

 

何故だろう?

 

あんなに人付き合いが悪いのに・・・。

 

好き勝手マンでしたから。

 

その不思議現象は未だに続いています。

 

学生時代は、

 

友人達が自宅に集まり過ぎ、

 

親は対応に苦慮していました。

 

私にとって、

 

友人は当たり前の様に、

 

与えられていたので、

 

「友人が欲しい」

 

欲した記憶があまりありません。

 

ただ、

 

友人の数がいくら多くとも、

 

友人と言う形式であって、

 

自分の心と相手の心が通い合う様な、

 

存在はわずかなものでした。

 

私は心の通える友人が、

 

世界にたった一人いたら、

 

それで充分だと思っています。

 

私は幼い頃、

 

特に昆虫が大好きでした。

 

雑草の生えた草むらを、

 

しゃがんで、ジッと眺めていると、

 

アリやカマキリが地面を移動をしています。

 

それを見ているのが楽しかった。

 

夏になると、虫網を持って、

 

ひたすらセミを捕まえに行きました。

 

捕まえるポイントは大抵、

 

決まっていたので、

 

友人たちが、

 

「しんちゃん、やっぱりここか?

 

 見つけた!」

 

と私を捕まえにきました(笑)

 

私の町は、

 

カブトムシなどほとんど

 

いない様な環境でした。

 

しかし私はバカだったので、

 

街路樹の葉が揺れると、

 

『カブトムシかもしれない』と、

 

慌てて虫網を家から持ってきて、

 

街路樹を覗き込むと

 

大抵スズメ、

 

悲しくなりました(笑)

 

  つづく(いつか)

 

さあ、今日は金曜日。

 

空がとっても美しい青。

 

あの青い広い空間が、

 

私の心の中にあるのだと信じて、

 

今日も生きていきます。

 

すばらしい1日を!!

 

 

 

     に参加しています。

↑ ↓バナーでも押せます。)

大きな励みになります。

是非のバナーをクリックして頂けると嬉しいです!!