わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

わかりやすく

「あなたへ」

https://www.instagram.com/p/BsP-NooAiVz/

「ガレット」byK

 

もっと分かりやすくなるといいんだけれど。

 

判断要素がないほどに。

 

解釈の余地がないほどに。

 

太陽の光はまぶしく、明るい様に。

 

夜の闇は深く、暗い様に。

 

見てそのまま、表現されるならいいのに。

 

温かい心は、体温として温かく。

 

冷たい心は、体温として冷たく。

 

分かりやすいといいのに。

 

理屈はいらない。

 

ただ触れた瞬間全てが分かるといい。

 

そうすれば、

 

世界は遠回りしなくて済む。

 

どれだけのすれ違いをしてきたの。

 

心はあるのかこの野郎。

 

魂あるのかこの野郎。

 

思考はどこにあるのかこの野郎。

 

感情どこにあるのかこの野郎。

 

見えないものは見えない。

 

どこにあるんだこの野郎。

 

自分ですら、よく分かってない事が、

 

他者に分かる訳ない。

 

更に、

 

心の上に「表情」という服を着て、

 

「言葉」という服を着て、

 

「本当」はどこにあるんだこの野郎。

 

ずいぶん複雑にしたよな、神様よ。

 

想いの確認作業なんて、

 

本当はどうかなんて、

 

的の外れた、

 

悲しい作業をやらせないでくれ!!

 

もっと圧倒的に。

 

わたしたちの本当の心が。

 

誤魔化す事は出来ない程、

 

表現されてしまえばいい。

 

・・・・・。

 

今日もよく分からない事を書いて、

 

眠ります。