わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

それは一つの影に過ぎない

f:id:sintamsc:20200702221409j:image

「それは一つの影に過ぎない」byS

 

 

この上記の作品(写真)を見ていたら。

 

 

本当は一つのもの。

 

光に照らされた、

 

一つ一つの側面が反射して、

 

まるで、個別に存在してる様に映る。

 

あの形は善で、

 

この形は悪だ。

 

そんな風に分けているつもりで、

 

その形全ては自分だった事に気づけない。

 

あれは、仲間で、

 

これは、敵だ。

 

そんな風に感じてみても、

 

同じ一つの命そのものだ。

 

 

視点を持つという事は、

 

言葉を持つという事は、

 

一つを分ける事。

 

存在する以上、

 

そこから離れる事は出来ない。

 

 

分ける力は、

 

命を生かしもして、

 

命を殺しもする。

 

 

一つになろうと願うのに、

 

分けてゆく事しか出来ない。

 

不思議な事だ。

 

 

「あなたへ」

 

今日は7月2日ですね。

 

忘れないために、

 

ここに書いておきましょう。

 

今日は朝から、

 

公的機関にゆき、

 

手続きをして、

 

書類をもらって、

 

失敗しながら、書き書きして、

 

過去を思い出し、

 

書き書きして、

 

午後は、

 

素晴らしい人物達とお話しをして、

 

帰って、

 

犬やら子供やらと、

 

わらわらしてました。

 

 

過去

 

現在

 

未来。